抑圧の構造を読み解く

私たちは辛い感情を感じた時、瞬間的にその感情をすり替えたり思考で納得させたりして抑圧することがよくあります。これらを解放していくには、そうする前の元々の感情にまで戻る必要があるのですが、あまりにも瞬間的に抑圧が起こるので、私たちはなかなかそれが起こる前の感情に気づくことができないのです。今日はどのように抑圧が起こるか、いくつかの「感情のフタ」のパターンをお話してみます。


まず最もポピュラーな感情のフタは、後悔と罪悪感、自責の念でしょう。どちらも気持ちの悪い思考だったり感情だったりしますが、これもより辛い感情を味わいたくないがために起こる自動的な逃避の反応パターンです。

自分のしてしまったことが失敗だったとか誰かを傷つけてしまったなどというとき、私たちは少なからず動揺します。実はこれこそが「核心の痛み」なわけですが、これを味わいたくないので「私が悪かった、あんなことをしなければよかった」と延々と思考し、動揺を打ち消そうとしているのです。

けれどどんなに後悔し、自分を責め、罪悪感を抱こうとも、元の動揺自体に対処しているわけではないので、それが消えることはありません。だからこそ、いつまでも繰り返し後悔し、罪悪感は消えず、自分を責め続けなければいけないわけです。

いくら「こんなことはもうやめよう」と思ったところで、やめたら即座にあの動揺がやって来ますから、その動揺自体をしかと受け止め、もうそれをする必要がなくならなるところまで完了しなければ、構造的に見て思考でどうにかできるようなものではありません。

罪悪感は、申し訳なく思う気持ちで、一見すると相手に対して謝罪し反省しているようにも思えますが、実際のところ、それは自分と相手の痛みから逃げているだけの利己的な反応です。

「大変なことをしてしまった!」という自分自身の動揺を受け止められず、そしてまた相手がどれほど痛みを感じたのか、それも直視できずに自身の行動の結果に責任を取ることができないが故の、後ろめたさの感覚です。

目覚めたマスターであるレナード・ジェイコブソンは、「恨めしさや後ろめたさは自分自身が果たしていない責任がある印だ」と言います。

最も根本的な責任は、表面的な行為よりも自身の内面的な感情に対するでしょう。そこに責任が取れれば、行為は自然についてきます。この責任を放棄したまま、いくら後悔し、自分を責めて見せたところで、相手はあなたのその姿を真の反省と謝罪だとは、到底受け取れないでしょう。

そしてまた、あなたは必ず同じことを繰り返します。なぜなら、自身の内に浮上している感情のエネルギーを受け止めることを拒絶し、フタをしたわけですから、内なる気持ちのカケラは再び同じ感情を味わうような出来事を強烈に引き寄せてくるからです。

それは法則ですから例外はなく、どんなに鉄壁の防御をしたと思っても、いともたやすくその壁を越えて思いもしないような形で最も避けたいその出来事は起こってしまうのです。

本当に相手に申し訳なく思うのであれば、あなたはまず自分自身の動揺、心の痛みを受け止めねばなりません。そののたうち回るような辛い思いを、心と身体と魂で命の呼吸をしながら、しかと受け止めるのです。その後、あなたの行為によって苦しむ相手を直視します。

感情解放のワークでは、意識を相手の中に移動させて、相手の苦しみを受け止めるということをします。これらの双方が完全い完了した時、あなたの謝罪は利己的な逃避からではなく心からの謝罪になり、相手に受け入れられるでしょう。

もしワークで相手がまだ受け取ってくれないのだとしたら、あなたがまだ完了させていない痛みがあるのです。相手があなたの謝罪を受け取ってくれるまで、このプロセスを注意深く進めれば、必ずこの出来事にまつわる双方のわだかまりは融け、調和の内に和解が完了するでしょう。

そうして初めて、あなたはもう自分を責める必要もなく、後悔も罪悪感からも解放されるのです。頭だけの思考でこれらを解くことができない理由が、ここにあります。

さらに、感情のフタのパターンには「拗ねる」というのもあって、これもなかなかに厄介なものです。

拗ねるという行為には、「どうせ私は~だから」と自分を貶めることで、こんな目に遭う苦しみを自分に納得させようとしていると同時に、自分をこのような目に遭わせた存在に対して、当てつけをしてうっ憤を晴らそうとする複雑さがあります。

つまり、自分を傷つけつつ相手も傷つけているわけです。

傷ついた自分をさらに自分で傷つけているので、痛みはますます深くこじれていきますし、鏡の法則によって、あなたをそのように傷つける存在を引き寄せても来ます。結局は自分に返ってきますから、良いことは何も無いですね。

自ら天に唾を吐き、孤立していくパターンをどこで終わらせるのか。

あなたが最も避けたい心の痛みに向き合う勇気が、恩寵によってあなたの内に湧き上がりますように。

 



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

※2019年10月より、一部メニューの内容と価格を改定しました
詳細は各ページでご確認ください。

満月の瞑想会
2019年
11月12日(火)19:00~22:00(18:30開場)
12月12日(木)19:00~22:00(18:30開場)

感情解放ワークショップ
2019年
11月9日(土)、13日(水)、23日(祝土)、27日(水)
12月7日(土)、11日(水)、21日(土)、25日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座28
「生きる希望と情熱を取り戻すためのワーク」
2019年
11月4日(祝月)、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座29
「自身のルーツにつながって生きる底力を取り戻すワーク」
2019年 12月14日(土)、18日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)


詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「自分のせい」にして幕引きを図る構図

  2. 自身の真実を受け入れることへの抵抗

  3. 掘り下げができるようになるために必要なこと

  4. 悲しみの解放

  5. 被害者意識と自己憐憫、そして責任転嫁について

  6. 依存の奥にある耐え難い苦しみ

  7. 引き裂かれるハートと癒し

  8. 自分自身の底力を思い出せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

お知らせ

※2019年10月より、一部メニューの内容と価格を改定しました
詳細は各ページでご確認ください。
・・・
●満月の瞑想会
2019年
11月12日(火)19:00~22:00(18:30開場)
12月12日(木)19:00~22:00(18:30開場)
・・・
●感情解放ワークショップ
2019年
11月9日(土)、13日(水)、23日(祝土)、27日(水)
12月7日(土)、11日(水)、21日(土)、25日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00
・・・
●スピリチュアル特別講座28
「生きる希望と情熱を取り戻すためのワーク」
2019年
11月4日(祝月)、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
・・・
●スピリチュアル特別講座29
「自身のルーツにつながって生きる底力を取り戻すワーク」
2019年 12月14日(土)、18日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

カレンダー

2016年10月
    11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

おすすめの記事

  1. 癒しの本質

    2017.02.19

  2. 鋼の愛

    2019.03.14