今この瞬間、内なる神に出会う

今ここに在るということは、身心が在るべき場所に在る感じがして心が安らぐと同時に、今この瞬間を生きるパワーの源につながります。私たちは多くの時間、こうした状態からは外れていて、いつも心は未来や過去の中に彷徨い、今ここには居ません。そんな私たちだからこそ、今この瞬間を生きることにもっと意識を向けていくことが大切です。


昨日はガネーシャ・ギリ先生のヨガのクラスでした。先生のクラスはとても繊細なヨガをされるので、毎回色々な気付きがあって勉強になります。

私はこれまで、レナード・ジェイコブソンを師と仰いで意識の目覚め、プレゼンス(今この瞬間に在ること)を探求してきました。その過程で自分なりに気づいて実践してきていることが、不思議と先生のヨガで求められることと一致しているので、深く腑に落ちるところがあります。

ヨガのポーズをする時に、深く今この瞬間に意識がチューニングされると、その場の空気感が変わります。ピリッと引き締まるというか、緊張感とも違うのですが、ピタッと空間が整う感じと表現したらいいでしょうか。

実はこの空気感、レナードがセミナー会場に入ってくる瞬間に起こる変化と一緒です。ざわついていた会場が静まり返り、ただみんなが彼に注目しているからという以上に、会場全体が違う次元に入っていくような感覚があるのです。

彼のすごいところは、どんな瞬間でも一秒たりともプレゼンスから外れることがないということです。リトリートであれば4日間、参加者と様々に触れ合い過ごしますが、どこで何をしていようとも、一人でいるときでさえ彼はずっとプレゼンスに居るのです。

完全に深く今この瞬間に根付いている人の臨在のフィールドというのは、非常に強力です。そのフィールドの中に居るというだけで、想像を絶する影響を受けます。時に抑圧された感情や記憶が噴き出し、偽りが暴かれます。

私がレナードのワークショップに参加し始めた頃は、2日間、彼の居る空間に居るだけで、抑圧された感情のエネルギーが浮上して来るのをまだうまく処理できなかったので、全身に激痛が起こっていました。本当に2日間が終わるとへとへとになるほどで、彼がいない空間に移動すると、それが嘘のように引くのです。

それでも彼は特別に何かの働きかけをしているというわけではなく、ただそこに居て、デモセッションをしたり教えについて話をしているだけです。

目覚めについてよく、「今ここ」に居ることが大切だと言われます。けれど、ただ今ここに居ることの何がそんなにも大切なのか、当初私には全く分かりませんでした。今ここに居たって、何も起こらないし退屈なだけだろうとしか思えなかったのです。

そんな思いが彼のワークショップに参加して、大きく覆されました。どんなにエゴの力で努力したところで到底及ばない、プレゼンスの凄まじい威力を肌で実感したことで、それがどれほど重要なことなのかが私の中にインプットされました。

それだけ心身ヘトヘトになりながらも彼の教えを実践していこうと思ったのは、ヒーラーとしてプレゼンスの中で起こる癒しと解放に興味を持ったからという以上に、今この瞬間の自身の深奥に、概念でもおとぎ話でもない神がいるのだという真実に、実際に触れたからでした。

彼は、概念や信念、宗教的な教えについて語ることは一切ありません。ただ、みんながプレゼンスの中で真実に出合うことに導くだけです。一人一人が真実に出合ってしまえば、それ以上に必要なものはありません。いかなる説明も教えも、この真実に至るまでのプロセスのものだからです。

今この瞬間、自分自身の心と身体とともに在ることは、自身の内なる真実への入り口です。

たとえば、無心でヨガのポーズをする時、その意識の中で私たちは神に出会うことができます。たとえば、お百姓さんが無心で大地に鍬を下す時、それは神の姿なのだというようなことが日月神示の中に書かれていた記憶があります。(正確な表現ではないかもしれませんが)

何をするかではなく、どう在るかが重要だとレナードが言うように、私たちがどんな意識でそれをするのかを問いつつ在ることで、私たちが過ごす次元がまるで違ってきます。人生の神秘なるカギが、そこにあるのです。

私たちが深くプレゼンスに根付いていくために、今自分がどんな意識状態にあるのかに気づいている習慣を持つことは、この道を行くためのベースになります。基本中の基本でありながら、どんなレベルにあっても問われる要素です。

そういう視点からヨガに取り組んでみると、ポーズの遷移の間、様々に変化する意識の揺らぎを見つけては、毎回「難しいなぁ」とため息をつくのです。もちろん、私はあまり体を使うことをしてこなかったので、きれいな整った形ができないという部分も含めて、ですが。

自分がどんな状態であれ、内なる神と対話し続ける。そうなれたら素敵だな、と思いました。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年6月28日(木)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2018年
6月2日(土)、13日(水)、23日(土)、26日(火)
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑫「両親とご先祖様のディープクレンジングヒーリング」
2018年 6月9日(土)満員御礼!、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑬「内容未定」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 抑圧した感情を解放する意義

  2. 意識の静寂と状態の移行

  3. 悟りたいのか?今この瞬間にいたいのか?

  4. 「今この瞬間」に在ることへの信頼と選択

  5. プレゼンスに在ることと願望を持つこと

  6. 今この瞬間を礼拝する

  7. 魂の底から満たされ、喜びに震えるもの

  8. プレゼンスでいられないドツボから抜け出す方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 魔を下す

    2018.06.22

  2. 中央アルプス(KAGAYAさん)
  3. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930