母子間の苦しみを解放する

親子間のわだかまりを抱えている人は実に多いものです。私たちが生まれ落ちて、最初に経験するのが親であり養育者との関係です。そこに苦しみがあると、その後の人生は困難を抱えることになりがちです。これについて、思うところを描いてみます。


私自身も、親との関係については随分取り組んできました。決して酷い虐待を受けていたとか愛されていなかったわけではなく、父も母も親になるために、試行錯誤しながら必死で育ててくれたのだと思っています。そう思いつつも、どこかで憎しみすら感じている自分を否定することはできませんでした。

私は母との関係の方が強烈で、幼い頃に母が私にした仕打ちをひどく恨み、憎んでいました。母としては良かれと思ってやったことの数々が、私にとっては地獄以外の何ものでもなく、毎日死にたいと思いながらどうにか生きていた状態でした。

それなのに、母が当時のことを「こんなにたくさんのことをしてあげたでしょう。あの時代、世間ではみんなそうだったのよ。ほら、この芸能人の○○もおんなじじゃないの。お前はこんなにしてもらっても、感謝の気持ちすら持てないのか」と言っているのを聞くと、とても平静ではいられません。

どれだけ私が苦しんだのか知ろうともしないで、「してあげた」ことしか意識にない母に、強く反論したこともあります。けれど、その度に母はただ「こんなにもしてあげたのに、そんな風に言われるなんてショックだ」と言って、自分が被害者になるばかりです。

頭で考えれば、母はやりたいことがたくさんあったのにさせてもらえなかった、諦めてきたことの多い人生でした。そうした立場から見れば、私が受けた恩恵は、どう見ても感謝されるべきはずのものです。

分かっていても、私の感情は理屈では収まりません。まぁ、収めようとも思っていませんけれどね。

私自身もよく言うことですが、こうした苦しみも、魂が計画してきた学びの一環です。母は私の計画のために、忠実に自分の役割を演じているだけであり、それは人間目線を越えた愛のなせる業です。そうは言われても、現に今味わっている苦しみには、何の足しにもならないのです。

感情は感情として対処されなければなりません。いくら思考で理屈をつけてみても、それが収まることは決してないのです。よって、こうした問題に取り組むとき、理屈は感情の暴走を防ぐ堤防にして、その内側のエネルギーに対処するときには、その理屈は持ち込まないことがポイントです。

母への怒りや憎しみ、出来事によって体験した絶望的なまでの閉塞感や悲しみに向き合ったとき、最初はただただ身体の中で噴き上がる感情のエネルギーを無言の叫びで表現し続けていました。

苦しい感情のエネルギーは、心も辛いですが、同時に身体もその辛さを体験しています。私たちは、辛い感情が起こった時、ほぼ瞬間的に意識が身体と心を置き去りにして抜けてしまいます。そうなると、意識ではその辛さを生々しく体験しないで済みますが、心と身体は「置いて行かれた。誰も助けてくれない」と深い絶望に突き落とされるのです。

私が身体の中で無言の叫びによって感情のエネルギーを受け止めたのは、意識が置いてきてしまった心と身体のところに戻って、統合された状態でそれを受け止めるためです。

その長いこと抑圧されてきたエネルギーは凄まじく、あばらが折れるんじゃないかと思うくらいの圧力を感じたものです。こんなものをそれまで身体の中に抱え込んでいたのですね。

これを封印しておくために、毎瞬どれだけのエネルギーを費やしていたでしょうか。何もしなくても、それだけでへとへとになってしまいそうです。これでは、疲れやすいのも当然ですね。

イメージワークの中で、母を罵ったりナイフで切り裂いたりということもしましたが、セッションではそういうイメージを持つことをためらう方も多いです。それはいけないことだ、と無意識にブレーキをかけるのですね。

けれど、ワークは自分の中の感情に責任を持つために行うもので、決して相手を呪うために行うものではありません。いかに抑圧し、隠したとしてもあなたの中に怒りや恨みがあれば、それは既に相手に飛んでいます。

自分の中にこうした醜く凶暴な一面があるということを、自身が認め、受け入れることが大切なのです。そうでないと、それらを否定し分離させたまま、手の付けられない凶暴なモンスターにしてしまうでしょう。けれどもしこれを受け入れ、統合するなら、それらは決してモンスターにはなりません。

私たちの多くは、ここを取り違えているのです。

私は自分の中の深い怒りや憎しみを受け入れました。その結果、今母との関係はとても穏やかです。母は、私の中にそうした側面があるということを教えるために、最高の引き金になってくれました。

憎まれ役を引き受けてくれた母は、間違いなく私のソウルメイトであり、本当に感謝しています。

まだ学びは続いていますが、楽しみながら歩んでいければと思っています。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年6月28日(木)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2018年
6月2日(土)、13日(水)、23日(土)、26日(火)
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑫「両親とご先祖様のディープクレンジングヒーリング」
2018年 6月9日(土)満員御礼!、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑬「内容未定」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 尊厳を踏みにじられた怒りを解放する

  2. 承認欲求と心の飢餓感

  3. 怒りが笑いに変わるとき

  4. 積み重ねることが苦手と思うとき

  5. コントロールされる安心

  6. 「今この瞬間の自分」に帰る

  7. なぜ過去の感情に向き合うのか

  8. 亡き父に抱いていた意外な感情とその解放

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)
  2. 愛と無関心

    2018.06.13

カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930