分かり合えない理由を読み解く

人間関係で、多くの方が多かれ少なかれ「分かり合えない」という体験をしているだろうと思います。お互いに良かれと思ってやっていることがかみ合わなかったり、どうにも相手の考えが受け入れられなかったり、やることなすことが互いに癇に障り、深い溝を前にどうにもならない絶望を感じていたり。そんな関係性はどうして起こるのか、考察してみました。

まずはどのように分かり合えないのかを箇条書きに書き出してみるといいでしょう。たとえば、私の言うことを全く聞かずに自分の要求だけ押し付けてくる、決めつける、下に見る、尊重してくれない、上辺だけ調子を合わせて良いことを言うけれど、実際のところは何も理解していないし、分かろうともしていないなどなど。

相手はどんな風にあなたのことを理解していないのか、相手の心情をよく見ながら観察してみます。

そして、上記のようにその要素が明らかになったら、次に「なぜ相手は自分を理解しようとしないのか、その動機は何か?」を問うて行きます。動機を知るには、「もし相手があなたを理解してしまったとしたら、相手はどんな気持ちになるか?」と想像してみるといいでしょう。

たとえば、あなたのいうことを聞いてしまったら自分の思うように事が進まなくなると思っていて、そうなるのは都合が悪い、面倒だと思っているとか、あなたと自分が対等だと認めてしまったら、自分の価値が下がってしまう、無価値感が浮上して来るとか、あなたの言うことをまともに受け取ってしまったら、責任や義務がのしかかって来て自分が潰れてしまうように感じるなど。

相手によって、色々な動機から、都合の悪いところに蓋をしてあなたに接していることでしょう。言葉の表現をより正確に使うのなら、「分かり合えない」のではなく、「分かり合いたくない」のだと言えます。

そして、あなたは相手のその態度について、どんな気持ちになっているでしょうか。また、相手に対して本当に望んでいることは何でしょうか。本当のところ、相手にどうしてほしいでしょうか。それも書き出していきます。

このとき、相手に望むことについて、消えてほしいとか黙れとかそういうことを書き出すのではなく、もっと大切に扱ってほしいとか、ちゃんと私の意見を尊重しながら話を聞いてほしいとか、決めつけないでありのままの私を見てほしいなど、もっと奥にあるニーズを挙げていきます。

消えろとか黙れとかいうのは、痛みの反応からくる言葉であり、本当のニーズというわけではないからです。

また、相手のひどい態度について、「どうして?なぜ?」という言葉が出てくることもあるかと思いますが、こうした疑問の言葉はワークにおいては「感情のフタ」だとみなします。なぜかというと、理不尽な在り様に対して、何かしら頭で納得できる理由を得ようとして出てくる言葉だからです。

その理由が正当なものであるかそうでないのかはその疑問においては関係がなく、ただ辛い気持ちを紛らわせるための代償行為でしかないので、たとえ納得できると思えるような理由であったとしても、一瞬それで納得したように思えて、5秒後にはまた「なぜ?」と聞いているでしょう。

自身の気持に向き合って受け止めない限り、際限なく「なぜ?どうして?なぜ?」という疑問が湧き上がり続け、答えを探し求めて堂々巡りを続けますし、根本的にそれで楽になることは決してありません。

あなたが本当に楽になることを求めているのなら、「なぜ?」の答えを求めて彷徨うのではなく、最も受け止め難い心の痛みを受け止めることにエネルギーを注いだ方が生産的です。

ここまで、相手に対して反応している要素、自分の気持ち、相手へのニーズを書き出したらこれを読み解いていきます。

まず、相手の態度とその奥にある動機の部分ですが、これはあなたが自分自身に対して取っている態度であり動機です。つまり、相手があなたに面倒臭いと思っているようだと見えるのなら、あなたが自分に対してそのように思って、まともに取り合っていない、分かろうともしていないといことを意味しています。

そして、相手の態度によってあなたが感じている気持ちは、すなわち、あなたが自身に取っている態度によって、内なる自分が感じている気持ちとイコールです。

相手に望むことは、内なる気持ちがあなたに対して望んでいることです。つまり、相手に決めつけないで私の気持ちに寄り添って受け止めてほしいと望むのなら、あなたの内なる気持ちがあなたに対してそれを望んでいるということです。

この望みにどうにかして応えていく道を探すのが、癒しへのプロセスになります。

のしかかるような責任や義務の重さや、思うようにならない閉塞感など、これらを感じたくないので、あなたは自身の内なる声に取り合わず、逃げ続けています。そしてそれが自身の現実に鏡となって映しだされているのです。

内なる声に応えていくには、まずはこれらの不快な感情のエネルギーに対処していくことが肝要です。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 積み重ねることが苦手と思うとき

  2. ちゃんと怒る

  3. 自分をうまく表現できないのはなぜか

  4. 相手をコントロールしたくなる本当の理由

  5. 今この瞬間を深く読む

  6. 捻じれたカルマの糸と解放

  7. 加害者としての痛みを解放する

  8. 抵抗をやめる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031