癒しの本質

一部、携帯でこのブログをご覧になっていらっしゃる読者の方から、「続きを読む」をクリックするとプロフィールにつながってブログが読めないというご連絡をいただきました。私のスマホやPCからは通常通り見られるのですが、他にももしそういう方がありましたら、お手数ですがお知らせいただけますと幸いです。取り敢えずしばらくはmoreタグは使わずにおくことにします。

さて。ヒーラー稼業を始めて7年余り、ヒーリングを通じて自分自身を探求し、またセッションなどで色々な方を見てきましたが、どんどん癒えていく人と、どんなに働きかけをしても癒えていくのが難しい人という違いは、確かにあります。

ヒーラーをやってながらこう言うのも何ですが、私自身は癒えていくのが難しい人の部類に入ると思います。何をやっても、本当にすっきりと癒えた!という実感がなかったので、結局自分自身を探求するしかなかったわけです。

同じ人が同じ手法、エネルギーを同じように使っていても結果が大きく違うのは、受ける人の背景が全く違うからです。その人その人個別の事情に適切に応答していかなければ、癒えていく道筋は拓けては行きません。

私自身、たくさんのクライアントさんたちに学ばせていただきながら、まだまだ未熟ながらもここまで来たのですが、ヒーリングにおいて、ヒーラーの側の力量の問題も厳然と存在しますし、また、ヒーリングを受ける方の側にも、確かに癒えていくことを妨げる要素はあるだろうと思います。

私がまだヒーリングを始めたばかりの頃に学んだヒプノの先生は、よくこうおっしゃっていました。「人を癒したいと思うのなら、まず自分が癒えていなければならない」と。当時はその言葉の表面しかわかりませんでしたが、今では深くこの意味を実感します。

と言うのは、もしヒーラー自身の中に癒えていない要素があり、それと同じ要素をクライアントさんの中に見てしまったとき、そのヒーラーはそれに対処することができません。

それ以前に、その要素を見つけることすらできない可能性もあります。癒えていないということは、自分でそれについて触れることが苦しいわけで、苦しいものには触れたくないというのが私たちの常です。

触れないようにするには「臭いものには蓋」「無かったことにする」「ジャッジメントし、拒絶する」のが常套手段で、これによって見ないよう、触れないようにして素通りしていくのです。

自分の中でこれをやっているわけですから、当然、他者についても、このパターンで行動するでしょう。ということは、「そもそも痛くて見たくないものは見えないし、触れたくないものには触れられない」ということになります。

あるいは、運よく見えたとしても、対処できない恐ろしさで固まってしまうか、もう少しテクニックのある人なら、表面だけ上手いこと処置をしてどうにか収めるところまではできるかもしれません。

ヒーラーも様々ですから、どんな方にどんなタイミングで出会うかで体験する癒しもかなり違ってくるでしょう。

これまで様々なヒーリングを受けてきた方の中には、癒されに行ったはずなのに、ひどく「傷つけられて」帰ってきたという経験をされた方もあるかもしれません。

確かに、ヒーリングは人のとてもデリケートな部分を扱うものなので、とても素晴らしい体験もある一方で、その反対に深い傷を受けることもあると思います。

けれど、もしそうした体験をされた時は、どうぞその体験に「失敗」という烙印を押して切り捨てるのではなく、「なぜそのような体験をするに至ったのか?」という部分について、深く振り返ってみてください。

現実は、自分自身が創造しています。その体験も、まぎれもなく自身が引き寄せ、創造したものです。その人には偶然出会ったのではなく、必然で出会っています。ここにも「鏡の法則」が働いています。

そしてもし、とても素晴らしいと思えるメンターに出会えたとしたら、あなた自身が積み重ねてきた歩みを祝福してあげてください。たとえそれがボロボロの歩みに思えたとしても、ここまで来た自分を無条件で労い、褒めてあげてください。

癒しが起こるには、ジャッジメントのないフィールドが必要です。自分の中のどんなに深い闇を開いて見せても、判断、拒絶されることがないのだと安心できないと、そうした部分を容易に広げて見せようとは思わないでしょう。癒しには、隠してきたものを広げて光の下に明らかにすることが必要なのです。

他者をジャッジメントしてしまうのは、ジャッジする人の中に同じ要素があり、それによる痛みを抱えているからです。ヒーラー自身が癒されていなければならない理由の一つです。

そして癒しにおいて最も重要なのが、「自分の命を生きるという決意」と「自身の現実に起こっていることの責任を取るという決意」です。

いずれが欠けても、真の癒しは起こらないだろうと私は思います。

あなたは無力な人生の「被害者」ではありません。自身の真のパワーを取り戻してください。自分を「被害者」だと認識されている方はほぼ、何らかの理由でこのパワーを使うことを拒絶されています。

自分で「被害者」でいることを「選んでいる」のですね。

癒されたいのであれば、ここを方向転換することが必須です。

ヒーリングを受ける方、される方の双方に、何かしら気づきのヒントとしていただければ幸いです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 受信設定を確認!

  2. あらゆるレベルの「今」を 引き受けて在ること

  3. 魂を洗う旅①

  4. 内なる声を聴くことへの恐れ

  5. 飛び交う思念のエネルギー

  6. 不可解な出来事からサインを読み解く

  7. 本当に望むことを望み、求める

  8. 執着と恐れ

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728