自分が逃げてきたものに向き直る勇気

昨日は急きょ臨時開催した感情解放ワークショップでした。告知が急だったにもかかわらず、お集まりくださったみなさま、ありがとうございます。みなさんそれぞれに、気づきや解放、癒しがあったことと思います。

感情解放ワークをするに当たって、繰り返し強調させていただいているのは、感情のエネルギーを受け止めるときだけではなく、掘り下げの時も、体感覚を感じながら、そこから離れないようにして行うことです。

なぜそうするかというと、そうしないと頭で考えてしまい、感じることからやって来る心や体のメッセージから分離して、マインドの思考で内なる声をねつ造してしまうからです。

起こった出来事からメッセージを読み解くとき、相手をじっと「感じる」ことで、「鏡」の中に映った自分の心の奥底に隠された気持ちを見つけていくのですが、感じないでこれをやろうとすると、「分からない」とか、心情ではない状況説明の言葉が延々と続くようになり、「核心」に至ることができません。

私がワークショップやセッションなどでみなさんの掘り下げをさせていただくとき、観察していると、頭でより下げている方の特徴として、意識が身体になく、頭のマインドの中に入っているときの、独特の感覚があるのですぐに分かります。

この感覚、たとえばみなさんも、誰かと話をしているときに「あ、この人、いま人の話を聞いてないで、別のこと考えてるな」と分かるという経験をされたことがあるかもしれませんが、この時の感覚に近いかもしれません。

また、「え~っと」という言葉もよく出てきますね。エゴがストーリーを一生懸命ねつ造しているのです。

逆に、ちゃんと感じながら掘り下げできている方の場合は、意識がしっかり身体とともに在るのが分かります。そして、頭よりも低いところ、たとえば胸の辺りに相手のイメージを「置いて」それを感じているような感触があるような気がします。

全ての人がそうなのではなく、ひょっとしたらこの例に当てはまらない方もあるかもしれませんが、私の経験上では大体この辺りを見ていくと、間違いないようです。

みなさんも、ご自身のワークで掘り下げをする時、「え~っと」と言っていないか、身体の感覚を感じているか、確認してみてください。

身体の感覚を感じていると、不思議と何をどう掘り下げたら良いのか、その感覚が導いてくれることがよくあります。掘り下げをする時に多くの方が戸惑うのは、次にどんな風に問いかけたら核心に近づくのか、さっぱり分からないということではないかと思います。

私自身、昔々に習ったとあるヒーリングでも掘り下げというのがあって、とても苦手だった覚えがあるのですが、今では直感的に核心の在り処やそこに至るためにどのような問いかけをしたらいいのかが分かるようになりました。

じっと感じていると、その方が発する言葉に違和感を感じることがあります。するとその奥に何かがあるということなので、そこに注目していきます。

よくやるのは裏読みで、たとえば「幸せになりたいんです」とその方が言ったとしたら、「では今は幸せだとは感じられていないのですね?一体何が辛いのでしょうか?」となりますし、

「ここから出たいんです」と言ったら、「では、出たいけれどまだ出られていないということですね?なぜ出られないでいるのでしょうか?誰かが邪魔していますか?自分で出ないようにしているのでしょうか?もし出てしまったとしたら、あなたはどうなりますか?」と聞いていきます。

私が感じる違和感というのは、「よく分からない感じ」と言い換えてもいいかもしれません。分からないから、明らかにしていくような質問を繰り返すわけです。

なぜ幸せになりたいのか?なぜここから出たいのか?

今どんな状況に在って、いかにしてそのような状況に至ったのか?そこにはどんな人たちが関わっていて、彼らはどんな気持ちからそのように行動したのか?そして「私」は今、その状況の中でどんな気持ちでいるのか?

これらを明確にしていけば、大抵の埋もれた感情のチャージの在り処はほぼ出尽くします。後は出てきたものをその都度、受け止めていけばいいだけです。

私たちは日々様々な欲求を持っていますが、その多くは「現状の否定」の意味合いを含みます。今ここが嫌だから、何か違う状況の、違う場所へ行きたい、そうなりたいと思うのです。

そんなとき、「では、ずっとこの状況に居たとしたら、どんな気持ちになるか?」と問うて行くと、大抵そこには受け止め難い感情があります。

普段はそこから遠ざかることに一生懸命になっているので、いつの間にか自分が何から逃げているのか、それさえも分からなくなっています。見たくないし感じたくもないから、後ろを振り返ってみることをしないからです。

楽になるには、自分が何から逃げているのかを明確にすることが大きなカギになります。

ちょっと勇気のいることではありますが、逃げ続ける労力を考えたら、向き合って統合する方がよほど割に合う以上のおつりがくる選択だと思います。

ぜひ、自分が逃げてきたものに向き直る勇気を求めてみてください。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「内容未定」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「できないでいる選択」の奥にある痛みの記憶

  2. 祈りとともに、自分に向き合う

  3. 「私は悪くない」という逃避

  4. 生きながらに死んでいる心の構図と変容への道筋

  5. 「許せない気持ち」の構図と解放

  6. 癒しのプロセス

  7. リアルな「在り方」としてのスピリチュアル

  8. 気づきを促すメッセージに応答する方法

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728