第341弾 無料遠隔ヒーリング

毎週月曜日は恒例の無料遠隔ヒーリングのテーマの設定日です。 第339弾のご感想と、4月29日感情解放ワークショップのご感想をホームページにアップしましたので、参考になさってみて下さい。

さて。前回のテーマは「思うようにならない苦しみを在るがままに受け止める」でしたが、みなさんはいかがだったでしょうか?私自身ももがきながらもその中から一段、深くなったものを得たテーマでした。

苦しいとき、私たちはどうしてもそれから逃れるために身をよじってあがきます。そこから逃れられるなら何だってしよう!と必死になって、少し長い目で見たら明らかに良くないものでも、目先の利益に飛びついてしまうことがいくらでもあり得ます。

冷静な時であれば決してしないようなことを、極限状態の時はいともたやすく節制のタガが外れてしまうのですね。だからこそ、非日常の辛さの状態でどれだけのことができるのかが試されるのかもしれません。

テーマ発表からここまで、私の中でも繰り返し差し出し続けているテーマが何度も浮上してきました。どうしても思いように行かない。徹底して私に惨めさや無力感を感じさせる場面を見せられるのです。

その度に、状況自体をどうにかしようとするのではなく(やるべきことはもちろんやりますが)、その状況によって浮上している気持ちを受け止めたり、もっとしっかり神に意識を向けて対話しようと意識してきました。

私は無力だったり惨めだったりする自分が突き付けられると、無意識にもそれをさっとかわして受け止めることなく、そうではない自分になろうと躍起になっていました。或いはその状況から目をそらして一切触れないようにするなど、感じたくない自分から逃げ回っていたのですね。

「惨めさ」や「無力感」に、悪いことをしてしまったな、と思います。完全に無視してスルーしてきたわけですから、感情のカケラ君たちも悲しい思いをして来たでしょう。

今、再びそれらに意識を向けて固まっているエネルギーに命のエネルギーを送ってあげます。

そうした対処と同時に、今回より深まったと思ったのは、神との関係でした。以前はできる限りこの言葉は使わないように意識していた時期もあるのですが、人間の霊性が成長していくプロセスで、やはりここは避けては通れないところだと思って、最近は頻繁にこの言葉を使っています。

けれど、私の言う神はいかなる宗教の神でもありません。(たまに、私が礼拝しているインドの神様について言うときは別ですけれど)

私が言うのは、誰しもの存在の奥深くに実在する神のことです。概念の神ではないリアルな神、プレゼンスが深まっていく時に実際に触れる(感じる)神としか言いようのない存在のことです。それは確かに、今ここに在るのです。

これまで私は、現実が思うようにならない時、神が私を見捨てたのだとか、神はちゃんとしてくれているのだろうけれど、自分がダメなのだと、神と自分を切り離して一人でもがいていました。

けれど、神が私の願いを聞いてくれないと思うときほど、実は神から離れるのではなく、しっかり対話することが大切だと思い直し、失望を乗り越えて神と対峙することにしたのです。

そして色々と、神と対話しました。「神よ、あなたはこの私を見捨てたのだろうか?」「なぜ現実は私が思うようにならないのか?何か私に不備があるのだろうか?」などなど、問いかけていきました。

質問しながら、じっと自身の内側に神を感じていると、神は実際、私から離れてはいませんでした。ますます輝きながら、私に力を送ってくれていました。

また、思うようにならない現実があることで、私は必死に神と対話しようというスタンスになれたので、この状態も、魂のレベルでは決して間違いとは言えないのだとも感じました。

うまく行っていたなら、間違いなく神からさらに遠く離れて「自分の力」でますます頑張っていたでしょう。「自分の力」では決してうまくいかないので、「神の力」に触れるように導かれているのでした。

確かに私は「誰も当てにできない、神さえも」と思っているところがあるので、自分で何とかしなければならないといつも思っています。けれどこの現実は、そんなガチガチの在り方を転換して行きなさいという呼びかけなのでしょう。

神を当てにできないと思うのは、失望故に分離しているからです。だから今回、失望の痛みを超えて分離という方向性を転換させました。そうしたら、神はより奥深いものを沈黙を通して私に見せてくれました。

それは、全ての調和の源がここに在り、パワーが生まれるところ、全てが始まるところです。

こんな力に、自分が敵うはずはありません。

エゴがしがみついているものから手を離す前には、必ず神への降参(サレンダー)があります。そしてその前には、神との本音の対話があるのだろうと思うのです。

今回は、普段頭で納得させて抑えている「人生を導く力(神)」に対する不信感を吐き出し、言いっ放しではなく、しかと意識のピントを合わせて対話することをテーマにしてみます。

というわけで今週のテーマはこちら。

「人生を導く力」に対する不信感を吐き出し、しかと対話するよう最高最善に働きかける

参加される方は、「無料遠隔ヒーリングの受け方」ご覧になり、 ご理解のうえ5月10日(水)17:00までにメールまたはメールフォームにてお申し込み下さい。 同日20:00より順次働きかけを行っていきます。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年6月28日(木)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2018年
6月2日(土)、13日(水)、23日(土)、26日(火)
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑫「両親とご先祖様のディープクレンジングヒーリング」
2018年 6月9日(土)満員御礼!、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 第311弾 無料遠隔ヒーリング

  2. 第389弾 無料遠隔ヒーリング

  3. 第383弾 無料遠隔ヒーリング

  4. 第385弾 無料遠隔ヒーリング

  5. 第374弾 無料遠隔ヒーリング

  6. 第351弾 無料遠隔ヒーリング

  7. 第334弾 無料遠隔ヒーリング

  8. 第313弾 無料遠隔ヒーリング

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 魔を下す

    2018.06.22

  2. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031