まごうことなき誠をもって、今ここに根を張る

昨日は感情解放ワークショップでした。お暑い中お集まりくださったみなさま、ありがとうございました。今回もみなさん、たくさんの解放と気づきを得ていかれたと思いますが、お帰りの際には本当にキラキラ輝いた笑顔をされていたのが印象的でした。

大きな解放が起こった後は、その方のエネルギーフィールドがクリアになるため、エネルギーが見えない方でも何となくその方がすっきり輝いているように見えたり、目の輝きが断然きれいになっていたりという目に見える変化が表れることがよくあります。

特に昨日は、数時間のワークショップでフェイスラインがとてもすっきりされた方がいらっしゃいました。その変化が他の参加者の方にもわかるほどで、みなさん驚かれていたのですが、エネルギー的な滞りが解消されると、実際、肉体にも変化が表れるのですね。

これまでにも、ワークを続けてこられたことでアトピーがいつの間にかほとんど出なくなったという方もいらっしゃいましたが、本当に感情のエネルギーと肉体はつながっているのだとつくづく思います。

自分に向き合う作業はきついことも多いですが、長年確執のあった人間関係が解放されて全く何のわだかまりもなくなったり、自分でも理由の分からないまま、突然訪れる気分の落ち込みが消えて行ったりなど、良いこともたくさんあります。

感情解放のワークで根本的に見つめているのは、その方の霊性の成長であり、在り方を正すということなのですが、在り方が整ってくると、自然と見た目も現実の様々な側面も、調和して整っていきます。そのご褒美も味わいながら、ワークを続けて行っていただけましたら幸いです。

ワークで掘り下げをしていくと、しばしばある感情に関係する人物が登場することがあります。誰かへの憎しみだったり怒りだったり満たされない思慕の念であったり、様々です。

その人との関係の中で自身の内に浮上した感情を受け止めるだけではなく、ワークでは相手の意識の中に視点を移動して、その人の感情もまた受け止めるということをしていきます。

ときにその人の感情がまた別の誰かによってわだかまっていることもあり、そうなるとその第三の人物の意識に入って見ることもあります。どこまで辿るかはケースバイケースですが、自分と相手とそのまた相手くらいまで辿るのは普通にあります。

というより、そのくらい辿らないと、絡み合った感情の全体像が見えてこないと言った方がいいかもしれません。

たとえば、自分が感じている淋しさが親に構ってもらえなかったが故のものだとするとき、まず自分の淋しさを受け止めた上で、親の視点に意識を移動して、なぜかまってあげなかったのか、その心情を受け止めます。

親も親なりに忙しくて一杯一杯だったのかもしれません。その一杯一杯の心情を受け止めていったときに、本当は親も誰かに助けてほしかったのかもしれません。そうした気持ちも吐き出して、助けてほしかった相手に飲み込んでいた言葉を伝えたりします。

そして、その相手がなぜ助けてくれなかったのか、その人の意識に移動してその心情を受け止めていくといった具合です。

絡み合った感情的なわだかまりは、根本的には自分の感情を自身で受け止め切れていないところからきていることがほとんどです。

自分の中の無力感や劣等感を感じたくなくて、誰かを見下したり優越感を感じられるように自分アピールをしてみたり、あるいは自分の子供に極度に干渉したりといったことが起こります。

そうした行動も、結局は自分の苦しい感情にうまく対処して受け止められれば、そんなことをする必要がそもそもなくなるので、その人も痛みを押し付けられていた人も自由になります。

調和していない関係というのは、詰まるところ、自分の感情の責任を取ることでほとんどが解消していくものだろうと思います。

実際、たくさんの方のワークを見てきて、夫婦関係や仕事の人間関係、友人、親子など、自分自身の責任を果たすことで良くならなかった例を、私はこれまでに見たことがありません。

逆に、私ではなく相手のせいだ、相手の問題なのだと言っている内は、絶対にこれらが良い方向に向かうことはないのです。

相手のその醜い理不尽な姿は私ではないと言い続けることは、苦しみを長びかせ、より深刻なものにしていきます。

自身の現実から何を受け取るのか。そして、自分はどう在ることを選ぶのか。聞く耳を持ってメッセージを受け取るとき、私たちは自身の本当のパワーを取り戻します。自分を哀れな被害者のままにしておくのではなく、本当に現実を創造して行く力があると思い出すのです。

そのような生き方をして行ってもいいのかどうか。頭でこの問いに答えるのではなく、ハートで感じて答えてみましょう。不安や躊躇があるのなら、正直にそれを認めます。そして、何が不安なのか、躊躇する原因は何なのかを見ていくのです。

頭だけで先に進みたい!と思うだけでは不十分です。本心と頭はしばしば逆の方向を向いています。ここをしっかりと整えるプロセスをおろそかにしないようにしましょう。

在り方を明確に、深いコミットメントを持って決めるほどに、私たちは根を深く張って生きるようになります。この根に、嘘は通用しません。自身のまごうことなき誠をもって、今ここに深く根を張っていきましょう。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. ダイレクトに核心の感情を捉える方法

  2. 淋しさや孤独を癒して自由になる

  3. 「認識」と「可能性の制限」

  4. 掘り下げができるようになるために必要なこと

  5. 決断の結果を引き受ける

  6. 自身の現実を創造する力

  7. 顔を背けたものの中に在る気づき

  8. 自分自身の小さな変化を喜び、祝う

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930