決断の結果を引き受ける

昨日は感情解放ワークショップでした。特別講座の楽しさだけではなく、ご自身を真摯に見つめていくワークも忘れずにご参加くださったみなさま、ありがとうございました。(^^)

感情解放ワークというと、抑圧された感情を解放しなくちゃ!というところに意識は向きがちですが(まぁそういうタイトルなので当然と言えば当然ですが)、実はワークをしていると、解放ばかりではなくて自身の深いところ、別のレベルからのメッセージを受け取ることもよくあります。

過去世や先祖から、あるいは時空を超えて、今この瞬間、同時に存在している自身の別のレベルなどから、これからの自身の進む方向性への指針なんかを受け取ることがあるんですね。

まぁ人によりますけれど、そういうタイミングにある方は、ガンガンそういうものを受け取って行かれます。

それに対して、自分はどうしたいのか。応答するのかこれまで通りを貫いて生きるのかを問われて行きます。どんな選択をするにせよ、そこに善悪はありませんが、それぞれの結果がついてくるので、自分がどんな結果を受け取りたいのかを注意深く見ていく必要があります。

特定の誰かのことを言っているわけではないのですが、私たちの多くには、結構「選択しないでなんとなく眠り込んでいたい」という部分があるような気がします。

これまで沢山の方のワークを誘導させていただいてきていますが、「選択すること」自体に恐れを持っている方は少なくありませんでした。

選択するということは、「自分で決めた結果を受け取る」ことを意味しています。自分で決めたのですから、誰のせいにもできないわけです。

自分で決めたことの結果が、万が一思うようなものにならなかった場合、その失望感を何者のせいにもしないで受け取る覚悟がなかったりすると、どうしても「逃げ道」を残しておきたくなります。つまり、何かのせいにして責任を逃れる道を塞ぎたくないわけです。

自身の選択の結果を引き受けることが、ものすごく重苦しく、押しつぶされてしまうように感じるのですね。

そうして、自身の現実の責任から逃れ続けていると、常に逃げ腰になるのでだんだんと地に足がつかなくなって、この世界に根差して生きている実感が弱くなってきます。

自分の軸がグラグラして定まらず、そんな自分が信じられなくなっていくのですね。つまり、「自信がない」状態です。

自分の決断の結果を引き受けることは、重圧を背負って押しつぶされることではなく、本当は自身の人生に地に足を付けて、自分を表現していく自由を得ることです。

その辺りの認識を取り違えて、自ら本来の力を封じるような在り方をされている人がとても多いような気がします。

と、今でこそこんな偉そうなことを言っていますが、私自身、その大きな勘違いをウン十年続けてきたのですから大きなことは言えません。

でも、あるときから「逃げないで受け止める」と決めてから、人生の流れはとても大きく変わっていきました。

人一倍この世界で生きることに不器用でしたから、自分の決断に責任なんて到底持てない!って思っていましたし、いつも深い無力感に苛まれていました。何をするにも、その動機にはこの無力感がベースにあったと思います。

そんな私がいつから、どうして「逃げない」って決められたのか。

それは一言では言い表せませんが、ヒーリングの世界に導かれて、レナードに出会ったことが大きかったと思います。

ヒーリングを始めた頃は、自分の責任も持てないのに躍起になって人を癒そうとしていたのだと今なら分かりますが、もしレナードに出会っていなかったら、私はもうヒーリングはできなくなっていたかもしれません。

彼は、何かをする前に、まず「どう在るべきなのか」を明確に教えてくれた最上の教師でした。

今でも彼の教えを体現できているとはとても言えませんが、彼の教えは、少なくとも私がヒーリングをするにあたって、今自分が何に取り組むべきなのかを示してくれました。

それをやらずにこの先ヒーリングという仕事を続けていく道は皆無である、という「厳然たる必然性」が、私に「逃げないで受け止める」という選択をさせたのだと思います。

押しつぶされるかもしれないという恐れを越えていくのに、自分の中にそれをする強い必然性がなければ、到底そこに向き合おうとはしないでしょうし、例え向き合ったとしても、噴き上がるあらゆるネガティブなものの中で、容易く自身の行く道を疑い、来た道を引き返していくでしょう。

そう考えると、追い込まれるというの悪くはない、どころかこれ以上ないギフトですよね。

様々な方を見ていると、確かに「そこまでの状況にならなくちゃ、自分に向き合ってないよね~」っていう方、とても多いです。

それ以上でも本当につぶれてしまうし、それ以下でもやっぱり逃げてしまう。つぶれず逃げられずの絶妙な加減の状況に追い込まれているのです。

その状況の只中にいるときは辛いですが、本当にここで転換できると、人生はものすごく、一気に変わっていきます。

今すごく辛い!と言う方は、まさにその極にまで来ているんだろうと思います。

その極で、何に気づくか。何を選択するのか。

その気づきと選択が、次の扉を開きます。

あなたの選択に、恩寵の導きがありますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年1月31日(水)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2017年
12月9日(土)、12日(火)、16日(土)、27日(水)
2018年
1月6日(土)、17日(水)、27日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑥
「今この瞬間に在ることと心の隙への癒し」
12月2日(土)、10日(日)、20日(水)
  10:00~16:00

●スピリチュアル特別講座⑦
「豊かさをブロックするカルマの解放」
2018年
1月10日(水)、20日(土)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 絶望の淵から立ち上がる

  2. 「疑い」という逃避の瞬間を捉える

  3. 亡き父との間に起こった癒し

  4. 加害者としての痛みを解放する

  5. 偽りを手放して得る自由

  6. 失望と恨み・憎しみの感情解放

  7. 輝く愛の戦士

  8. 「種をまくに至った動機」を刈り取る

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031