富岡八幡宮例大祭

今日はちょっと地元自慢です。

サロンのある東京の門前仲町周辺では、
今週末、3年に1度の富岡八幡宮の例大祭の本祭りがあります。

(写真は先日町会の納涼で演技を披露された福住太鼓のみなさん)

昨日から町会の人たちが出て、お神輿を入れる神酒所(みきしょ)を
建てていました。

今年はサロンのすぐ横の路地に、わが町会の神酒所が建てられたので、
結構賑やかです。

予報では最高気温が37度と出ていましたが、本当に暑い中、
みなさん朝から夕方までかかって作業していました。

このお祭り、氏子の各町会からお神輿が集う連合祭りで、
13日には53基のお神輿が大通りに集合し、かなり壮観です。

この深川のお祭りでは、沿道には水を貼ったバケツや桶を
用意した地元の方たちが待ち構えていて、
威勢よくお神輿や担ぎ手に水をかけるんです。

もし見に来られる方は、水かかかっても気にならない服か、
万が一水かかかっても大丈夫なように、着替えを
用意されておかれると安心です。

毎回、何も知らずにきれいに着飾って沿道から見ている観光客に、
お神輿に向けてかけられたはずの水が誤って、盛大にかかってしまうのを
目撃しますので。。。

私は子供の頃からここで生まれ育っているので、山車も引きましたし
子供神輿から担いでます。

でも、この年になるとさすがに水かけ部隊専門ですね。(^^;
上手にお神輿に水をかけるのって、結構コツがいるんですよ。

当然担ぎ手はみんなびしょびしょになりますが、途中から入って来て
着ている半纏が濡れてないと、集中的に水かけの対象になります。笑

ちなみに、このお祭りでは必ず町会の半纏を着ていないとお神輿を
担げないので、担ぎたければツテを頼って地元の方のお世話にならないと
いけません。

我が家でも、全国のお祭りでお神輿を担いで回っている方たちを数年前に
知人から頼まれてお世話したことがありましたが、その方が言うには
「ここのお祭りは『ドレスコード』が厳しい」と言っておられました。

ドレスコードっていう言い方が面白くて印象に残っていたのですが、
要はその辺に売っている半纏を着てふらっと紛れ込もうとしても、
つまみだされちゃうんですね。

また、マナーの悪い方も、各町会の青年部のみなさんがしっかり
目を光らせてますから、絶対にケンカ沙汰なんかは起こさせません。

そんなことが起こってしまうと、そこでその町会のお神輿は
強制退去させられてしまうので、「町会の恥」は晒せないのです。

まぁ、それはさて置き、人が集まって何かやれば、
必ず大小のゴタゴタは起こります。

それが嫌で、昔は「お祭りなんて大嫌いだ~!」とか思っていた時期も
ありましたが、大人になったのか、「やっぱりお祭りっていいもんだな~」
って思います。

特に、お神輿が立ち上がる時に総代(いわゆる町会の偉い人)が
「おい、みんな、今日はしっかり担いでくれよ!」って言う主旨の挨拶をして、
担ぎ手が一斉に鬨の声を上げ、お神輿が高く上げられた瞬間の高揚感は、
言葉にはいい表せません。

本当に血が沸くってこういう事なんだろうな、と思うほど、
文句なくワクワクするし、何と言うか、地元人だからか誇らしい気持ちで
一杯になるんですね。

やっぱり深川のお祭りは、こうでなくっちゃ!ってね。
こういうのは、先祖から受け継いだ遺伝子のなせる業なんでしょうかね。

江戸の三大祭りの一つに数えられるこのお祭り、山の手・日枝神社の山王祭
の優美さや、おなじ下町と言われる神田神社の神田祭とも違った気風が
あります。

地元人じゃないと、下町のお祭りってひとくくりにされて、
浅草も神田も深川も、違いは分からないでしょうけれど、
やっぱりそれぞれ違うんですよね。

以前、町会でお祭りのポスターを作るという話になって、知り合いの
デザイナーさんがお祭りのイメージで絵を描いてくださったのですが、
明らかに「これは深川のお祭りじゃないね」っていうことがありました。

まぁ、ご覧になる方は、ぜひその辺りも注目して楽しんでみて下さい。

メインの13日は、午前7時半からスタートしますが、最初のお神輿が
立ち上がってから、最後のお神輿が動き出すまで、1時間近くかかります。
なんぜ53基もあるので。

それだけ氏子町会の範囲も広いので、お神輿が渡御する道のりも、
かなり距離があります。

見に行く時間によって、お神輿がいるところがかなり遠くなっていたり
しますので、こちらの交通規制の図を参考にされながら、歩きやすい靴で
お出かけください。

間違っても車でなんか来ちゃだめですよ~。(^^)

最後にこそっと。

13日どうしてもこのお祭りを見に行きたい!と言う方。
サロンに4回以上いらしたことのある方という限定ですが、
私がご案内します!

午前だけ、午後だけとかでもOKです。
(一日ついて回るのは相当へばります)

ご希望の方は、前日12日お昼くらいまでにメールで
ご連絡くださいませ。

(当日のご連絡はご容赦くださいね)



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 一番辛い時に、寄り添って在ること

  2. 「きざし」の内に応答する

  3. 自分の資質を尊重して伸ばす

  4. 現実逃避ではないスピリチュアルの在り方

  5. 自身の情熱を生きる

  6. 自分自身の小さな変化を喜び、祝う

  7. 受け入れがたいものに向き直る勇気

  8. 人を見る目と心の隙

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031