親子関係の和解と癒し

本日9月1日から3日まで、
サロンは遅めの夏休みをいただいております。

お祭りなどで忙しかった夏が一段落してバテバテの母を連れて、
河口湖の辺りに行って参ります。

お問い合わせなどはいつも通りに24時間以内にご返信させて
いただきますが、浄化レポート&セットの発送などは
4日以降となります。

どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

なんで河口湖なのか?って、別にスピリチュアル的な
意味があるわけではなく、ただ何となく私と母の吉方位で
そんなに遠くなくてゆっくりできそうなところで
選んだだけなんですけれどね。

木花咲耶姫さまは麗しきそのお姿を見せてくれるかな。。。
お天気が微妙そうですが。

ブログは予定投稿であらかじめ書いたものを上げていますが、
Facebookでは逐一写真などあげていくと思いますので
よろしかったらフォローしてくださいね。(^^)

あ、ちなみにFacebookは本名で登録してますので、
KOUじゃなくても驚かないでください!

今でこそ、母とこんな風に仲良く旅行とか行ってますが、
以前はこんなに母のことを信頼もしていなかったし、
感謝すらしていなかったと思います。

とてもとても憎んだり恨んだりしていました。
今ではそれがどんな気持ちだったのかすら
思い出せないのですが、

母が生きている内に和解できて良かったな、
と思います。

あ、でも、亡くなったから和解できない、
というわけでは決してありませんよ。

わだかまりがある相手がたとえ既に亡くなっていたとしても、
和解できますし癒しも起こります。

ただ、早い方が残りの時間の「お楽しみ」が増えますよね。

人それぞれのタイミングがあるかと思いますが、
心残りがあるのなら、わだかまりを真正面から捉え、
向き合って見ることをお勧めいたします。

わだかまりを抱えたままこの人生を終えたとしても、
「宿題」としてちゃんと次の人生まで持って行きますから、
いつか必ず向き合うことになります。

同じテーマを、時を変え場所を変えキャストを変えて、
やっぱり「またこれなんだ~」ってやってたりしますよね。

それはもう、私は嫌というほどこういうケースを見てきてますので、
「自分が気づかないと、先には進まないんだな」と思うのです。

親子関係で特に思うのは、その方の魂が今世で絶対に目を背けて
逃げたくない、絶対にクリアしたいと願っているテーマが
その中にあることが多いということです。

最も身近で、縁を切ろうにも厳然として残っていくのが
親子です。

夫婦だったら関係を解消できるし、職場でも仕事を辞めれば
縁は切れます。

でも、親子はそうはいきませんね。

この父と母から生まれたのだという事実は、どうにも
変えようがないのです。つまり、逃げることができない。

だからこそ、絶対に逃げたくないテーマをそこに
持って来るのでしょう。

サロンに見える方の中にも、親子間にかなりキツい
テーマを持っている方は少なくありません。

そういう方を見るたびに、その方の魂のコミットメントに
触れる思いがします。

「私は今世、絶対にこれをクリアしよう!」って。

それはもう、苦しみながらもがきながら、必死になって
サバイバルされてきたのでしょう。

その中で、このテーマの究極のメッセージに気づき、
応えていくのは、並大抵のことではないでしょう。

それでも、それは全く無理なことではなく、
できる可能性があるからこそのものだと思うんですね。

今それがどんなに絶望的に見えたとしても、
決して諦めずに「鏡」を見つめ続けてください。

あれのどこが自分なのか、どこをどう改めたらいいのか、
深く深く魂の芯まで届く気づきと変容が起きて、

すべての救いようのなかった出来事の数々と相手に、
一片の混じりけもない感謝ができるまで、
どうぞ見つめ続けてください。

最も深い憎しみや絶望を味わわせてくれた相手こそ、
あたなにとって、最高の愛に導いてくれる相手です。

今はその意味が分からなくても、本当にこのテーマを
クリアした時、その意味が分かるでしょう。

あなたの歩みに、愛と気づきが満ちますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月2日(金) 19:00~22:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. なぜその人はそんな風に感じるのか

  2. 感情解放ワークを続けて起こった嬉しい変化のご報告

  3. 「被害者」の苦しみと「加害者」の苦しみ

  4. 「本当の自分」はどこにいるのか

  5. 反面教師とする学びの欠点

  6. 意識の限界ギリギリのパフォーマンスを上げる

  7. 始まりの扉

  8. 執着を手放すことへの考察