先駆者

最近、ふと気づいたことがあったのですが、
以前できなかったことが、どこかで学んだことも
ないのに、いつの間にかできるようになってる
のです。

たとえば、今回の特別講座のアクティベーション
も、実はつい最近までできなかったやり方です。

また、これからライトワーカーたちが本当に
本来の活躍ができるようなサポートをして行こう
と思ったら、

具体的にどうして行ったらいいのか、
何が必要となって来るのかがどんどん分かる
ようになってきています。

ダウンロードという感覚もないのですが、
意識を向けると次々と扉の向こうが見えてくる
ようなイメージです。

これがつまり、「必要は発明の母」ってこと
なのかもしれません。

そんなことを思っていたら、以前、家族ぐるみ
というか、ご先祖さまぐるみでお世話になった
あるお坊さんの話が出てきました。

その方は、私の家が様々な意味で苦境にあった
時、その方の師匠を通して様々な指導を
していただいたご縁があります。

そのお坊さんが最近、師匠の指導の下これまで
続けてきた祭祀を引退されたのですが、

その途端に師匠から伝えられてきた口伝の数々
を、きれいさっぱり忘れてしまっている
ということを聞きました。

指導を受けたこちらは覚えているので、
それについて確認すると、「もうわからない」
「そんなことを言ったかな?」と返って
来るのです。

人を助けるための術というのは、
本当に必要な人のところにだけ
留まるものなのかもしれません。

私がお伝えしている感情解放ワークも、多分
そんな類のギフトなのだろうと感じています。

最初は、私自身が目覚めに少しでも近づくように
と必死でやっていたことですが、

このワークを構築していく中で、私はどこかで
これが自分一人のものではないことを
感じていました。

いつ終わるとも知れない真っ暗闇を手探りで
歩む日々でしたが、深い恩寵と導きが
繰り返し私を励まし続けてくれたからです。

そして今、さらに私たちの中にある
エネルギー的なコードに関する情報が
降りてきていて、

多分、これを必要とする方に使うため
なのだろうと思っています。

これらは今後、特別講座でやっていきますし、
必要であれば瞑想会やワークショップでも
使うかもしれませんし、既に
個人セッションなどでは使っています。

まぁ、本当にそのタイミングに来ている方に
それは「起こる」と言った方がニュアンスは
近いのかもしれませんけれど。

こんな風に、自分自身の方向性を強く意図
したとき、それまでどんなに探しても
見つからなかった扉が見つかり、

どうやっても開かなかった扉が、
いとも容易く、自動ドアのように開く
のです。

けれど、そもそもどうやって自身の方向を
定めたらいいのか、それ自体が分からない
という方も多いでしょう。

これをやってみようかな、と思っても、
それがどれだけ本気なのか、自分でも
よくわからないということが私にもあった
ので、良く分かります。

また、サインやメッセージのようなものが
来ていたとしても、

今一つ気乗りしないとかピンと来ない、
という時期もあると思います。

私も、ここに至るまでに「奉仕」のサイン
が繰り返しきていましたが、かなりの期間
スイッチが入らずにいました。

タイミングというものもあると思いますが、
振り返ってみれば、グズグズしているその間、

迷いとなる要素をそぎ落としていくような
出来事がたくさんあったな、と思います。

先に進んで本番!となったときに、
もう余計なものに気を引かれないように、

さっさと体験してその道が行き止まりで
あることを思い知ることが私には必要だった
のでしょう。

それがあるから、今はこれが自分の
やりたいこと、ミッションであるという
軸が定まったと思います。

ですから、迷うときは迷うだけ迷い切って
しまえば、自然に必要のないものは
落ちていくのだと思って、

むしろ全力で寄り道をし、迷えば
いいんじゃないでしょうか。

そして結果を引き受けて、
前へ進むだけ。

どんな体験も、何も悪くないですね。

苦しかった体験は、後で必ず生きてきます。
そのとき、自分が何故そんな体験をした
のかが分かるでしょう。

世の中、色々な人が様々なことを伝えて
いますが、同じことをやっているようでいて、
「私」からしかつながらない人が必ず
いるんですね。

だから、その体験は「私」を通して
壁を越えていく、後からやって来る方たち
のためのものでもあるのです。

このことは、ハイヤーセルフに繋がる講座の
初回の開催の時にも強く感じたのですが、

この場に集まる方たちは、(ちょっと大げさな
表現に聞こえるかもしれませんが)

人類にとってのある部分の壁を破っていく
突破口を開く役割を持った方たちなのだ
というインスピレーションが降りてきていました。

多分、この講座を受けても、すんなりと
繋がれない人もいるだろうし、繋がった先で
また壁にぶつかる人もいるだろう。

けれども、その一人一人が自身を探求していく
この歩み自体が、何か大切な扉を開いていく
歩みになるだろうと感じたのです。

今の時代を生きる誰もが、
「先駆者」なのでしょう。

今の現状がどんなに惨めに思えても、
その誇りを忘れずにいて欲しい
と願っています。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
10月25日(木)19:00~22:00(18:30開場)
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)満員御礼、11日(木)満員御礼、20日(土)、31日(水)
11月10日(土)、17日(土)、20日(火)残席1、28日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑰「内容未定」
11月3日(祝土)、11月14日(水)、10月25日(日)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 探求と恩寵

  2. 自分の人生をしかと踏みしめる

  3. 霊的成長と恩寵

  4. 自分が幸せになる許可を出すために

  5. 壁にぶつかる特権

  6. 永遠なる意識とエゴ

  7. 恩寵とサレンダー

  8. まごうことなき誠をもって、今ここに根を張る

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930