諦めを超えて訪れた希望

昨日は感情解放ワークショップでした。
初めての方々、継続してご参加の方々ともに
何かしらこのワークが気づきと解放の
きっかけとなりましたら幸いです。

午後のクラスでは継続して参加されている方が
ワークを続けてきて、家族関係がとても大きく
変化されたことをシェアしてくださいました。

詳しくは書けませんが、この方がサロンに
初めてお見えになったときのことを思うと、
それは私にも奇跡のように思えるほど、
想像を超えた変化でした。

多くの方が家族間の難しい関係に悩み、
深く傷ついて諦めの気持ちを抱く中で、

絶対に変わることはないし、死ぬまで
このままなのだろうと思うような関係すら
変わっていく可能性があるという事実を
見せていただいた気がします。

よく、他人は変えられないけれど自分は
変えられる。だから自分を変えよう、
という言葉を目にすることがあります。

この言葉は色々に解釈できるなと思いますが

相手に求めるのは無駄だから、そちらは
さっさと諦めて、相手に頼らなくてもいい
自分でいよう、という使い方をしている
人もいれば、

相手を見て自分自身の在り方を正していこう
という意味で使っている人もいるような
気がします。

前者だと、感情解放ワークの視点から見れば
その人が自身の現実に現れたそもそもの理由
である「メッセージ」が受け取られていないので

諦めたものを再びトリガーするような人を
また引き寄せそうな気もします。

シェアをしてくださった方は、
このワークを知って以来、懸命に実践されて、
相手の中に映る自身の最も触れたくない側面を
苦しみながらも真摯に受け止めてこられました。

相手を見て、相手を変えようとするのではなく
自分自身を大きく変容させたのですね。

そうしてやってきたのが、今のこの現実です。

悲しみや絶望に飲み込まれず、コツコツと
今できる一歩一歩を積み重ねてきたからこそ
たどり着いた今なのでしょう。

やっぱり現実は鏡、
自分の在り方を変えれば、
鏡に映る像も必然的に変化します。

相手を変える必要なんて、
どこにもないんですよね。

自分は正しい。だから私は変わる必要はない。
おかしいのはあなただ。あなたが変わればいい
というやり取りから生まれるのは、
永遠の平行線です。

それをやり続けるのも苦しいですよね。
だから諦めて楽になろうとするのですが、
諦めは「感情のふた」なんです。

ふたをするだけでは、本当に対処を
必要としているところは手つかずのまま
残ってしまいます。

心かき乱される相手というのは、
あなたの中に相手と同じものがある
というメッセージです。

こういう人があなたの現実にたくさんいる、
あるいは同じ傾向の人に繰り返し出会う
というのであれば、

普段目を背けがちな相手と自分の気持ちを
しっかりと見て、どんな要素に自分が
反応しているかに気づくことが大切です。

傲慢さ、身勝手さ、残酷さ、孤独、憎しみ、
怒り、悲しみなどなど、
いわゆるネガティブと呼ばれる要素を
たくさん見てしまうでしょう。

けれど、こうしたものを拒絶している限り、
それらは迷惑で手の付けられないモンスター
になって、自身の現実に耐え難い苦しみを
生み続けます。

ポジティブシンキングを実践されていたり、
スピ系で光ばかりを志向する方は特に、
こうしたネガティブと呼ばれる要素を
とても恐れ、拒絶する傾向が強いですね。

それだとバランスが取れないですし、
「拒絶したものは受容されるまで繰り返し
差し戻される」という法則があるので、
「宿題」がたくさんたまっていきます。

光を求めれば、同じくらい深い闇を
経験するでしょう。

そのどちらもしかと受け止めて
マスターしたときに、ニュートラルな
ポジションに立つことができます。

そうやって光と闇の二元性を超えて
いくわけです。

そこまで来れば、闇も光もどちらにも
執着せず、ことさらに闇を恐れ、
ジャッジメントすることもなっていく
でしょう。

他者をさばいてしまうのは、相手に
何か悪いところがあるからというよりも、
あなたの中でトリガーされた感情が
浮上してるからでもあるのです。

浮上した感情を根っこまでしっかり
統合できれば、その相手に反応することも
なくなっていきますし、

そもそも相手が自身の現実からいなくなったり
いやな態度をとらなくなったりしていきます。

ジャッジメントも、結局は自分自身の問題
なのですね。

家族の中にそうした心かき乱される相手が
いるということは、あなたの魂が絶対に
気づき、学びを完了させたいと願っている
という証拠です。

最も身近で、簡単には切れない縁だからこそ
必然的に向き合わざるを得なくなります
からね。

ここが癒えると、人生はどれだけ
喜びと安堵に満たされることでしょうか。

ぜひ、家族という学びをクリアなさって
自在に愛を受け取り、与えることが
できるようになりますように。

11月の特別講座では、
「家族とのわだかまりを癒す」ことをテーマに
取り上げています。

年内にこのテーマに深く取り組んで、
もっとリラックスした関係で家族と過ごしてみたい
という方は、ぜひこの機会にどうぞ。

詳細はこちら。
http://healing-gate.com/blog/2017/10/24/osirase-6/



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年8月26日(日)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
8月4日(土)満員御礼!、8日(水)、18日(土)、22日(水)満員御礼!
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「自分に向き合うこと」の真意

  2. 「自分のせい」にして幕引きを図る構図

  3. 「今」に被さる過去の幻影

  4. 思考と感情を識別する

  5. 自身のパワーの適切な扱い方を身につける

  6. 感情のエネルギーと体癖

  7. 恐怖、絶望、悲しみを受け止める

  8. コミュニケーションがうまく取れないと思とき

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031