「鏡」が差し出すメッセージを受け取るために

感情解放のワークで、色々な方から
メールいただくのですが、
最近よくいただいたご質問で

「相手のあの態度は自分だよね~って
思うんですけれど、自分のどこをどう
修正すればいいのかわからない」
というものがありました。

「あれは自分だ」という意識はあるけれど、
頭の知識から納得しているだけで、
気づきとしてはやってきていないんですね。

だから、いまひとつピンと来ていない
ということなのでしょう。

なぜ気づきが来ていないかというと、
自身の姿を映して見せてくれている
相手という「鏡を見ていないから」です。

思考で納得はしていても、
実際には「見ていない」わけです。

鏡を読み解くワークでピンとこない人は、
ほぼ例外なく「鏡を見ていない」という
パターンがあります。

見ているようで、見ていないんです。

そういう方を見ると、私には
その方の感情や感覚を感じ取る部分が
息を止めたようにピタッと閉じている
ように見えるんです。

これでは、
鼻をつまんで臭いをかいだり、
目をふさいで景色を見ようとするのと
同じことです。

なぜそうなってしまうかというと、
見てしまったら、何かしら辛かったり不愉快
になったりすることがわかるからでしょう。

そうしている意識がご本人に在るか否かは
ケースバイケースですが、抑圧の強い方ほど、
その認識がなく、

向き合おうとすると意識がもうろうとして
集中力がなくなったり、訳が分からない、
あるいはいつの間にか眠っている
という状態になったりします。

いずれにせよ、最初から不愉快な思いを
させられている相手の中に自分を見るのは
かなりハードルが高いものです。

まずは、相手から被った
「被害者としての痛み」を受け止めることが
先決ですね。

ここにつまづくと、その先もなかなか
スムーズに進まなかったりするケースが
多いので、傷ついている自分を在るがままに
認めてあげることがとても大切です。

けれど、傷ついている自分を認めることって、
案外抵抗してしまう人が多いんですよね。

それを認めたら、
自分が崩壊してしまうように感じていたり、
ハートが痛すぎて耐えられない
と思っていたりするからです。

そしてこの痛みを何とかして避けるべく、
ふたをしたりものすごい労力をかけて
遠回りをしたりして触れないように
日々頑張るわけです。

でもそれをやり続けていても、
根本的に、傷が癒えるわけではありません。

むしろ、傷を放置していることで、
内なる気持ちのカケラ君たちは
ひどく悲しみ、自分自身に見捨てられたと
絶望の感を深めていくでしょう。

このカケラ君たちの悲しみや絶望が、
日常の気分のベースに滲み出してくるわけです。

特に何も変わったことはないのに、
突然気持ちが沈んだり絶望感がわいてくるのは
そういうことなんですね。

深く呼吸をして、長いこと認められず、
受け入れることのできなかったその気持ちを、
この心と体でゆっくり受け止めてあげてください。

自分の痛みを否定する人は多いですが、
癒しは、この痛みを認めるところから
始まります。

どうぞ、理論武装や曖昧にしてスルーする
のではなく、ご自身の真実を生きてください。

そして被害者としての自分の痛みを受け止められたら
今度は「鏡」に映る加害者としての自分を
見つめましょう。

不愉快な相手を見るのはかなりキツイことでは
あるかもしれませんが、

今味わっているその辛さを一瞬で癒すカギが
その鏡の像の中に在ります。

被害者としての自分が受け止められていないと、
加害者としての自分をしかと見ることはできません。

愛とぇおみて噴き出す感情が、
辛すぎてしまうからですね。

鏡がうまく見られないという方は、
まずは被害者の痛みを受け止めてから
にしましょう。

ある程度それができてから相手を見れば、
不愉快ではあるけれど、自分が相手の
どんな要素に反応しているのかを
落ち着いて見ることができるようになります。

相手の中の狡さ、逃げている痛みが
わかるでしょう。

それが本当に見えたら、言われなくても
それが自分自身と全く同じであることが
思考の理解ではなく、はっきりとわかります。

その気づきに留まっていると、
何かしようとしなくても、
癒しと変容が起こっていきます。

あれほど憎み、怒り、悲しんでいた相手に
もはや何の痛みも感じなくなるでしょう。

そして、相手が差し出してくれていた学びに、
深く感謝するようになります。

そうなったら、この学びの卒業ですね。

ただ、気づきを途中で思考に変えてしまったり、
拒絶してしまったりすると、癒しのプロセスは
止まってしまうので、注意しましょう。

今一度、しっかりと「鏡」の読み方を
復習してみてください。

参考までに。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 埋もれていた気持ちに気づき、認め、告白することの癒し

  2. 「主体」としての意識のポジション

  3. 命の喜びを知った男性の過去世

  4. 人生の目的に導く力

  5. あれのどこが「私」だというのか?

  6. 刃に刃で応える前に

  7. 「私ばっかり!」という怒りの解放

  8. 無力感や無価値感を手放せない理由

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930