冷酷なる鬼

今日は少々、というか、かなり辛口ですので、
覚悟のある方だけ読んでください。

色々な人間関係を経験する中で、
本当は言いたくもないし、やりたくもない
けれど、それをしなくちゃいけない
というときがあります。

相手に真意が伝わる、伝わらないにかかわらず、
たとえ恨まれても、絶対に下手な情に流されて
ズルズルしてはいけない線があると思います。

私はこれがどうも苦手で、以前はつい、
相手に嫌われたくないし、変に恨まれて
面倒なことになりたくもないから
ズルズルと曖昧していたときがありました。

でも、それをしていて相手が良くなるか
と言ったら、100%そんなことはない。

余計に自分が立てるべき軸も立てられず、
依存し、何かや誰かに責任転嫁をして
ストーリーの中に我を見失っていきます。

そして、私自身もそんな関係を続けていくのは
心地よくないわけです。

そうしていく内に、大切だったはずの
関係性も、いつの間にか変質し、
うんざりするような重苦しさを
伴うようなものになってしまいます。

そうした関係性を嫌というほど見せられて、
「大切な関係」というのなら、時には
鬼にならねばならないのだということも
学びました。

苦しんでいるのは百も承知で、
すがりつく手を振り払うようなことをするのは
正直、私だって嫌です。

そんなことを私にさせないでほしい。
そんなことになる前に、自分で気づいてほしい。
そう思います。

でも、遠回しに言っても、サインを送っても、
すがろうとする人は気づかないんですね。

苦しいから。
どうにかしてこの苦しみが抜け出せるのなら、
手っ取り早くすがれるものにすがりたいのです。

自分自身をお留守にしてね。

でも、私は繰り返しお伝えしてきています。

苦しい時ほど、自分自身に帰っていかなければ
ならないと。

自分を救えるのは、自分しかいないのに、
その自分が逃げ出してしまって
どうするのですか。

今まで、そのようにして私にすがろうと
してきた人は何人もいましたが、

どういうわけか、みな一様に
自分自身から逃げ出していることに
気づいていませんでした。

自分は、ちゃんと自身に向き合っている。
そう思っているようでした。

そして、微妙なレベルで、
自己憐憫のようなバイブレーションを
持っているのも、共通していました。

敢えて言葉にするなら、こんな感じです。

可哀そうな私。
ねぇ、私辛いの。助けて。
お友達でしょ。

多分、本人にこういう自覚は全くないと思います。
自分の責任をとるために、何かヒントが欲しい。
私には、そう言います。

そういうことなら、と私も良かれと思って
善意で色々アドバイスを差し上げますが、

そもそも私には、親しいお友達だからと言って
それを「しなければならない義務」
はありません。

セッションとして申し込まれ、
それを受けたのなら別ですけれどね。

断ったとしても、怒りをぶつけられたり、
恨まれたりする筋合いはないはずです。

自分がすがっているのかどうか、
気づくのは難しいかもしれません。

でも、例えばこんなイメージをしてみたら
わかりやすくなるかもしれません。

助けを求めて断られたときに、
相手に怒りや恨みを感じるかどうか。
また、しかるべき対価(お金ばかりとは限りません)
を払う意思があるかどうか。

対価なく相手に要求するとき、
あなたは相手を貪っているのです。

そして、貪っているときは、
得たものを決して大切に生かすことは
できません。

一時、得たことで安心しても、またすぐに
苦しくなって、もっと、次、と
得たものを熟考し、消化する前に次を求めます。

いくら与えられても、どれだけ得ても、
根本的に自身の本質につながろうとしていないので、
永遠に満たされることがありません。

いつも不安で苦しいから、何かで埋めたくて
仕方がないのです。

そうやって、苦しくなったらあそこに行けばいい、
と条件反射のように思い出すようになるんですね。

そういう場所を持っていること自体が悪い
と言っているわけではありません。

そうした場所があることで、安心して挑戦できる
こともあるでしょう。

助けない、とも言っていないし、
助けなど求めるべきではない、全部一人でやれ
と言っているわけでもないです。

ただ、そこに行く前に、
自身の内なる神と真剣に対話したのかどうか
と私は問いたいのです。

助けを求めるのなら、それからです。

本当にそれをしていたのなら、
貪る前に、助は自ずからやって来たでしょう。

断られて、ショックだったりとてつもない
不安感や重圧を感じたのなら、それこそが
今、自分で責任をもって迎えに行かなければ
ならない気持ちのカケラです。

どうか、そこに気づいてください。

私は、大切な友を餓鬼にしたいわけではありません。

その人の中にある、真の力につながっていく
ためのお手伝いをすることが、ヒーラーである前に
一人の人間として、私の旨としているところです。

その真に意味するところが、ショックや痛みを
伴う方法でしか伝わらないのなら、

私はいつでも鬼になろう。

私にとってもキツイ学びですが、
躊躇があるということは絡み合っている
ということでしょう。

いただいた学びは、しかと受け取っていきます。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年1月31日(水)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2018年
1月6日(土)、17日(水)、27日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑦
「豊かさをブロックするカルマの解放」
2018年
1月10日(水)、20日(土)

●スピリチュアル特別講座⑧
「内なる神とつながる」
2018年
2月12日(祝月)、21日(水)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 天命を知るために

  2. 情に流されることと罪悪感について

  3. 本音で向き合う

  4. 中央アルプス(KAGAYAさん)

    魂の喜びと星との戯れ

  5. 「イエスの解放」を見て

  6. 苦手と得意の奥にある過去世の記憶

  7. 秘密の扉

  8. 人生を楽しむことを自分に許す

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031