あれのどこが「私」だというのか?

「鏡の法則」はスピリチュアルでは
割と知られた法則だろうと思いますが、
実際のところ、それを自身の現実に照らして
見られる人はどれほどいるでしょうか。

セッションやワークショップなどで
掘り下げをしていても、
指摘されるまで毛嫌いしている人が自身の姿
だとは気づかない方も多いですし、

気づけば気づいたでげんなりと打ちのめされる
という光景を多数拝見してきているので、

いかに「鏡」が目の前にあろうと、
それをまざまざと覗き込んで自身の在り方を
修正するのに使うには、明確な意志と
ある種の覚悟がいるのだろうと思ったりします。

もちろん、「鏡」には醜く嫌な部分も映れば、
美しく素晴らしいものも映ります。

どちらも、自身の内側に在る要素に
気づかせてくれるものですから、
うまく使いこなしていきたいものです。

「鏡」を使うことの良いところは、
自分では気づきにくい部分を
目の前に取り出して、実に詳細なレベルまで
よく見せてくれることと、

自分の中で直面するにはきつすぎることも、
「これは自分のことではなく、相手のことだ」
と錯覚しつつ、安心して(油断して?笑)
見ることができること、でしょうか。

よく、自分のことは棚に上げても、
人のことはあれこれ言えるものだ、
ということがあると思います。

あの人、もっとこうすればいいのにね、とか
こういうところがダメなのよ。まったく、
わかってないわね、とか。

傍から見ると、言いたい放題、好き勝手に
言えますよね~。みなさんにも、きっと
お心当たりがあるのではないでしょうか。

でもその相手って、実は「鏡」に映った
自分のことですから!!!

その上から目線のアドバイスは、
まさに自分が実行したらいいことなわけです。

「鏡」をよ~く覗き込んでいくと、
今の自分がどこでどう行き詰まっているのか、
そしてそこからどうやって回復していけば
いいのかという道筋も、見つけることが
できたりします。

こういう「鏡」の使い方をするには、
その読み方を知っておく必要があります。

頭で、「あの人のやってることって、結局
自分のことなのよね」と納得しても、
感覚的にピンと来ていなければ、
気づきのもたらす変容や癒しには繋がりません。

あれのどこがどう、自分なのか。

多分、鏡の法則を知っていてもうまく活用
できていない人は、ここが見えていない
のだと思います。

多くの場合、「鏡」に見せられているのは、
普段自分が絶対にやらないように気をつけて
いることだったり、自分からはあり得ない
と思えるような姿だったりするのです。

だから、あれが自分の姿だと言われても、
さっぱりわからないんですね。

でも、まぎれもなくそれはあなた自身です。

ではどうやってそこに気づいたらいいのか
というと、見ていくポイントがあります。

あの人は、なぜあんなことをするのか?
どんな気持ちがその行為に走らせるのか?
というところを見るのです。

これ、かなり重要なポイントですよ。

これを知るには、
もしその人がそれをしなかったとしたら、
あるいは、それをしたとしたら、
その人はどんな気持ちになるだろうか?
と問うてみるのです。

たとえば、
自分勝手で周囲のことなどお構いなしの人が
いたとしたら、その人が周囲に気を配りながら
すごしていたとすると、どんな気持ちが浮上して
くるだろうか?とイメージしてみます。

とても窮屈で自分らしくいられないので苦しい。
気が狂いそうなほどの圧迫感を感じるとか、
鬱になるとか。

色々な感情が出てくると思いますが、
つまりこの人はそうなることを避けるために、
その言動をしているということになります。

だとしたら、いくらこの人にそれをやめて
欲しいと訴えても、止めてしまったら
気が狂いそうな苦しみや鬱が待っているので、
止めることなんてできないのです。

けれど、もしこの人がその狂おしい感情を
癒していくことができたとしたら、
もうそんな言動をする必要はなくなります。

ですから、これらの感情を癒し、統合すれば
いいということになります。

その人は、きっと自身の内のこの感情を、
長いことどうにもできず、手を付けられずに
いたのかもしれません。

見たくない、触れたくない、と無いことに
して逃げ続けてきたのでしょう。

その人と同じように、あなたの中にも
同じ感情が存在していて、全く同じ理由で
同じ逃避の仕方によって、あなたも
それから逃げていないでしょうか?

このように振り返ってみたとしたら、
多分ほとんどの方が身に覚えのあること
であると感じられるのではないでしょうか。

こう読み解いてきてもまだピンとこない方も
たまにあるのですが、そういう方は
非常に抑圧の強い方です。

自分の中にそうした要素があることに対して、
強烈なジャッジメントや恐れがあるので、
そのような自分は絶対に認められない
と気づきを拒絶しているのですね。

「感じる」ことよりも「考える思考」が
優勢な方に多いです。

思考で感覚をがっちり固めてしまうので
ハートの声が取れず、多くのケースで
自身が恐れていることも自覚できません。

こういう場合は、まず「感じる」感覚を
開いていくプロセスを経ることになります。

これについてはまた別の機会に。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年5月29日(火)19:00~22:00

●感情解放ワークショップ
2018年
5月5日(土)、9日(水)、19日(土)、25日(金)
6月2日(土)、13日(水)、23日(土)、26日(火)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●ガネーシャ・ギリ&CHAZZコラボ講座+Guest Speaker
『祈願と願望成就』
2018年 6月16日(土)15:30~18:30 in池袋

●特別講座⑫「両親とご先祖様のディープクレンジングヒーリング」
2018年 6月9日(土)、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 親子関係の和解と癒し

  2. 気づきを促すメッセージに応答する方法

  3. 亡き父に抱いていた意外な感情とその解放

  4. 自分を開いて意識的に応答する

  5. 変化の中で傷つき怯える自分を抱きしめる

  6. 輝く愛の戦士

  7. 罪悪感と戒めの手放し方

  8. 人間の弱さと狂気