自ら招いた現実に攻撃されないよう武装する矛盾

昨日は感情解放ワークショップでした。
お集まりくださったみなさま、
ありがとうございます。

継続してご参加くださっている方たち
でしたので、早速普段の取り組みで課題と
なっている部分から入っていきましたが、
盛りだくさんの解放となりました。

冷静に考えればそれほど心配する必要も
ないことなのに、どれだけ言い聞かせても
収まらない不安感や長い間続いていた
身体症状について、

あるいは、セルフワークの中で出てきた
過去世と思しき人生のビジョン。

それらが出てきて何かしら気になるとか
日常生活で多少なりとも不都合がある
のなら、それは心の奥底からの
メッセージでしょう。

心を寄せて、声を聴いて応答してあげると
人生がより調和して、心も晴れ晴れと
軽やかになっていきます。

私たちの人生に起こることは、
些細なことから重大事件まで、
みな気づきを促すメッセージです。

呼びかけであるからには、
その意図を汲んで応えなければ、
完了とはなりません。

よく、人生に何か問題と思えることが起こって
それさえ解決すれば、自分の心は安らかに
なるのに、と思う人があります。

世の中の多くの方はそうだと思いますが、
私はこれ、ちょっと違うな~と
思うのです。

そのことが起こったというのは、
どんなに突発的な出来事だと見えたとしても
偶然じゃなく必然です。

それが起こるには、起こるなりの理由が
あります。

なぜその出来事がこの私の人生に
起こったのか?

そしてそれは私に何を差し出しているのか?

これに応えずして、問題と見える状況だけ
解決すればいいというのは、
根本的な対処ではありませんから、再び
それを引き寄せてしまうだろうと
私には見えるのです。

たとえば、今あなたがお金に困っていたとします。

表面的に見れば、お金が入るようになれば、
この人は毎日の緊張感や不安、頭痛からも
解放され、心も安らかになるだろうと
思えるわけですが、そんな兆しも見えない。

こういう状況でも、
私たちは自分の現実の創造者である
という原則を受け入れるなら、
その現実も自分で作っているわけです。

なぜ、こんな望まない現実を自分で
作ってしまっているのか?

ただお金が入ればいいという以上に、
この問いかけにはとても大きな気づきがある
と思えませんか?

だからこんなこと、望んでないのよ!
とヤケにならずに、

今感じている不安も焦燥感も恐怖も絶望感も、
深くゆったりと呼吸をしながら受け止めて、
どうぞ自分自身とともに在ってください。

この現実、この自分のあらゆる側面を拒絶・否定
しないで、自身の人生に戻ってきてください。

人生の様々な側面がうまくいっていない方に
共通して見て取れるのは、この部分かな、
と私は思います。

つまり、自分の人生を受け入れていないこと、
それ故に、自身の人生に深く根を張ることが
できていない、ということです。

だから、頑張っても空回りしちゃうんですね。

こんな人生見たくもない!とそっぽ向いているから
現実が良く見えていない。
→トンチンカンな対応をしてしまう。
→うまくいかない。
→ますます嫌になる。
→拗ねる
→もっと人生がうまくいかなくなって、
逃避傾向が強くなる
という無限ループにはまっていたりします。

どこでこれを方向転換するかですね。

逃避にも、一見もっともらしい理屈をつけて、
逃避している自覚もなくそうなっていることも
ままありますし、

多かれ少なかれ、私たちは何かで武装して
自分を守っているものです。

自ら招いたその現実に攻撃されないように
武装するという矛盾に気づくかどうか。

これ、物凄くエネルギーを無駄遣い
していると思いませんか?

そのエネルギーをもっと創造的なことに
使ったら、どれほどのことができるでしょうか。

あなただったら、自分のエネルギーを
どう使いたいですか?

とてもシンプルな選択だと思います。

何を選択しても、間違いということでは
ありませんが、心が決まれば、
その通りに現実は動いて行きます。

このように、起こっている現実は、
あなたに自分が何を選択しているのかに
気づかせてくれるメッセージなのだと
思うのです。

セッションやワークショップ、
特別講座などで、私は常にこの部分を
意識しています。

呼びかけに気づき、適切に応答できれば、
メッセージの役割は完了し、もうその出来事は
無くてもいいわけです。

癒しや解放のスピードの速い人は、
この部分に対して、肚が決まっているというか、
自分がどう在りたいのかがわかっている人ですね。

誤魔化していないし、曖昧にもしていない。
深いところの望みに素直です。

拗ねていて、天邪鬼になっている人は、
時間がかかります。

欲しいものを欲しいと言わず、
誤魔化し、取引をしようとします。

自分から言わないで誰かに言わせようとしたり、
察してやってほしいと、相手をコントロール
することに熱心です。

ある意味、かなり面倒臭いことをやって
いますね。笑

まぁ、そういうゲームを楽しむ時期が
あってもいいのかもしれませんけどね。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「内容未定」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 気持ちを受け止めて今ここにいること

  2. 被害者と加害者を作ることで逃げているもの

  3. 無力感や無価値感を手放せない理由

  4. 失った自身の表現を取り戻す

  5. 恐れを抱きしめる

  6. 恩寵に触れる瞬間

  7. 「鏡」の読み解き 2点

  8. 失望と恨み・憎しみの感情解放

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031