加害者としての自分への気づき

先日も「鏡の法則」について書かせて
いただきましたが、辛い現実の中で
もがいているときは、なかなか
気づきの視点を持つことは難しいですね。

被害者としての自分は見えていても、
加害者になっている自分にはまったく
気づく余地もない、という方が
ほとんどだろうと思います。

被害者になっているということは、
必ずそのテーマには被害者としての側面も
存在しています。

ここに気づき、統合して初めて
その出来事が示すメッセージが完了
となるのですが、

大抵はエグいストーリーの中で、
いかに自分を守るかということにばかり
忙しくしてしまい、気づきの学びなんて
すっとんでしまうんですね。

でも、スピリチュアルの教えは、
実践してナンボです。

日常と切り離して捉えられるような
ものではありません。

キツイときほど、役に立つというか、
本来の自分のポジションに戻してくれる
はずのものです。

いざというときにこそ使いこなせるように、
日頃から意識をもって馴染んでおくことが
肝要です。

特に「鏡の法則」は、頭だけで使いこなせる
ようなものではありません。

鏡に映った自身の姿に直面する胆力のような
ものがないと、うまく鏡を見られないんですね。

たとえば、鏡に映った自身の姿がまるで
鬼か夜叉のような凄まじい醜さであったとき、
あなたは咄嗟に「あれは自分ではない」と
否定してしまうかもしれません。

あるいは、卑怯で残酷で見るに堪えない
非人間的なことをしていたとき、
目を背けずに直視できるでしょうか。

私たちの中には、多かれ少なかれ
「自分は少しはマシな人間であると思いたい」
という思いがあると思います。

その願いが必ずしもうまくいっていないとしても
全くダメな人間にはなりたくないと、
踏ん張っているところがないでしょうか。

深く自身の真実に直面していくと、
多かれ少なかれ、この願いが打ち砕かれる
場面に出くわすものです。

最も拒絶したい、もしそれが自分なのだとしたら
耐え難いと思うような側面を突き付けられる
のです。

今あなたがもし、最悪な人物とかかわって
苦しんでいるのだとしたら、その人こそ
あなたのその側面を映して見せてくれている
人なのですね。

あなたが統合すべきなのは、
この人物に見るどうしようもない側面です。

どうです?
吐き気がしてきましたか?笑

あなたが否定すればするほど、
鏡に映る像は強烈なものになっていきます。

ほら、お前はこんなことをやっているぞ。
よく見ろ。

そんな風に、繰り返し見せられるのです。

それは、降って湧いた災難ではありません。
紛れもなく自分で引き寄せたお知らせです。

その大嫌いな人物が逃げ続けているように、
あなたも全く同じように、逃げています。

そのことで、あなたの心と体はどれほど
辛い思いをしてきたでしょうか。

その人物によって味わっているその苦しみが、
あなたが自分から逃げていることで
心と体が味わっている苦しみなのです。

あなたはその人に対して、
私にこんなに苦しい思いをさせて、
絶対に許せない!
と思っているかもしれません。

あなたの心と体も、逃げてしまったあなたに対して
同じように思っています。

あなたは自身の現実における被害者であるのと
同時に、自分に対する加害者でもあるのです。

自分があんなことを誰かにするような人間なのだと
想像してみてください。あなたはそんな自分を
受け入れられますか?

そうイメージしたときに、多分すごく
辛さや恐れを感じるのではないでしょうか。

それを受け止めたくないので、
ずっと直視しないで逃げ続けてきたわけです。

そこまで読み解いてきたら、
あとは選択です。

このまま、見るに堪えないことをやり続ける
自分で行くのか。直視する辛さや恐れを
受け止めて、もう二度とあんなことはしない
自分になっていくことを選ぶのか。

肚が決まれば、それを実行するのみです。
そしてあなたは、それぞれの選択の結果を
受け取るでしょう。

変わることのない鏡の像に向かって
悪態をつき続けるのも、もう随分前から
疲れ果てているのではありませんか?

加害者としての自分を認めるのは、
被害者としての痛みを受け止めるよりも
ちょっと違ったキツさはあると思います。

でも、基本は同じですね。

自身の心の奥深くに沈めた不快なものを、
ヘドロを掻き出すようにしてきれいに
お掃除しましょう。

心の膿んだ傷も、きれいに癒えていきますよ。

ただ、その作業をあなたがする、
と決めればの話です。

苦しいから癒されたいのはやまやまだけれど、
自分に向き合うのは嫌だとか、非を認めたり
真実を受け止めるのも嫌だというのでは
癒えるものも癒えていきません。

世の中、癒されたいという人は
ごまんといますが、この作業をするという
肚の決まった人はどれだけいるか。

このことを思うと、サロンに来て下さる
みなさんがどれほどの稀有な勇者であるのか
と、本当に有り難く思うのです。

自分を知る作業は、
決して苦しみばかりの地獄ではありません。

毎瞬、自身のパワーを取り戻し、
生きている実感を得、
愛と信頼を育む道なのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 可能性の封印を解く

  2. 抵抗と抑圧に気づき、在り方を修正する

  3. モンスターは意外に小さい

  4. 始まりの扉

  5. 結果にこだわらず、愛をもって表現する

  6. 正直さと誠実さの癒し

  7. 「人間関係」と「適切に境界線を引くこと」

  8. 「主体」としての意識のポジション

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031