命が、私という人生を通過し、体験している

このところ、暖かかったり寒くなったり、
毎日何を着て良いものか迷いますね。

サロンに飾ってある河津桜も満開に
なりましたが、季節の変わり目、
自分ではどうにも体の調整が難しい
と思ったので、

かねてより評判を聞いていた
某整体院に行ってきました。

受けてみると、その手技の素晴らしさに
感動で、帰り道、目の見え方が違うのと、
足が地面に吸い付くような安定感があり、
膝、腰の不調も消え、呼吸がとても
楽でした。

変なもみ返しもなく、20分程度の
短時間でここまで調整できるって
すごいな~と思います。

面白かったのは、不調のあるところは
触らず、反対側とか離れた場所を
調整するところ。

よくツボなんかでも言われますけれど、
症状のあるところだけ対処しても、
その原因は実はもっと別のところに
あったりするので、

その根っこに対処しなければ
意味がないのは心と一緒ですね。

感情解放ワークのセッションでも、
問題になっている感情や感覚を辿っていくと、
本人にはまるで想像もつかないところに
根っこがあることが多いです。

というか、そういうことがほとんどですね。

幼少期の記憶でさえほぼない方も
いらっしゃいますし、

ましてや過去世の記憶となったときに、
そんなものが自分にあるのかどうか、
と思われる方も多いようです。

でも、今この瞬間に湧き出している
感情や感覚を上手に掘り下げていくと、
特殊なリーディング能力なんてなくても
誰でも普通に過去世の記憶は出てきます。

ワークでは、そういう記憶の真偽は
追究しません。そういうものが出てきた、
という事実を受け取って、

それがあったとしてもなかったとしても、
なぜそれが出てきたのか?という理由の方を
追求していくわけです。

それでも、いくら何でも自分の頭ではとても
このようなストーリーは作り出せないな、
というようなものが出てくることは多いです。

そのストーリーの端々に、
様々な未完了の感情が埋もれていて、
実際それが今の現実にびっくりするほど、
符合したり、

どうしてもわからなかった問題の
理由がそこに見えてきたりするのです。

そして、かつてそのストーリーを生きた
当時にはとても受け止められなかったこと、
逃げ出してしまったことをひとつひとつ
完了させていくと、

今この瞬間の現実の見え方が驚くほど
変化します。

憎しみで一杯だったのに、あるいは
罪悪感でまともに相手の顔を見られなかったのに、
きちんと対処できると、そうした憎しみも
罪悪感もなく、ごく普通に相手に接することが
できるようになったりします。

ストーリーにどっぷりはまって
身動きが取れなくなっている方でも、

心の内側で起こっていることが、
どのように現実に映し出されているのか
丁寧に照らし合わせながら解説していくと、
みるみる気づきが起こってきます。

純粋な被害者だと思って苦しんでいても、
実は自分を苦しませているのは
紛れもなく自分だった、と気づくと、
相手への憎しみは吹き飛んでしまいます。

そして、相手の力の強さに無力感を
感じるのではなく、自分で自身の現実に
対処していける希望と力を取り戻すのです。

見えているものを強大にし、
自身を無力にさせているのは、
自分自身のその在り方なんですね。

だからこそ、自分が今どんな在り方を
しているのか。何をどんな風に「設定」
して見ているのかに気づくことが
重要なのです。

自分自身に深く向き合っていくプロセス
において、必ず通るのは、

何度も書いてきているように
自身の深奥にいます神なるもの
に向き直ることです。

私自身もまだまだではあるのですが、
自身の最も深いところに意識を向けていると、
そこから吹き上がって来るエネルギーを
感じるんですね。

そこであるとき、そのエネルギーが自在に
私の中を通過できるように、
自分を開いておくようにしたところ、
ふとこんな気づきがやってきました。

今まで、私が命を生きるのだと思っていたけれど、
そうではなく、実は命が私を生きているのだ
と気づいたのです。

命が、私という人生を通過し、体験している。

人生は、私という個我がどうこうできるもの
ではないのだな、というのがこの視点からだと
はっきりわかります。

もちろん、個人の努力を否定するもの
ではありませんが、この見方の方が、
多分ずっとダイナミックで大きなエネルギーを
人生に導くことができる、と思ったのです。

この感覚、私の魂では覚えのある感覚です。

自分のエネルギーをはるかに超えた
この莫大な命のエネルギーを全身に感じて、
時代を駆け抜けていった人生があったな~
という感覚が、確かに私の中にはあるのです。

時代のエネルギーが自分を突き動かし、
もうどうにもならない衝動が
私の人生を駆り立てていたのです。

それも多分、私の魂の契約だったのでしょう。

さて、この感覚を呼び戻したということは、
今世、私は再びこの命をいかに使うか、

否。

いかにこの命に私の人生を明け渡すか、
と問われているような気がします。

今、ちょっと尻込みしてますけれどね。笑

自分を深く知る、ということは、
こんな風に、自身の行く先への道しるべを
見つけることでもあります。

さて。私も契約を果たすために、
肚を決めねば。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年8月26日(日)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
8月4日(土)満員御礼!、8日(水)、18日(土)、22日(水)満員御礼!
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 執着と恐れ

  2. 不可解な出来事からサインを読み解く

  3. スピリットのガイダンスと天に積む宝

  4. 助けること、助けられること

  5. 秘密の扉

  6. 内なる神に向き合う

  7. コミットメントと意識のポジション

  8. 自分を愛で満たす

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031