「鏡」の読み解き 2点

最近、また不可解なメッセージが何度か
やって来ていて、これはなんだろう?
と困惑しています。

メッセージの要点を言えば、
ゲームのルールを理解せずに果実を
得ようとしている。けれどそれでは
欲しいものは得られないって感じです。

自分でやらなければいけないことを
相手に丸投げし、都合よくおいしい
ところだけを受け取り、義務を
放棄しているのです。

これ、何だろう?

この形のことを私自身がやってるぞ~!
ってことなんですよね。

大分前にも全く同じお知らせがあった
時期があったのですが、その時も
あまりピンと来ていませんでした。

修正できてないので、差し戻されてる
わけですね。

「鏡」に対して私が思ったことは、
「前にも言ったのに~!
どうして理解できないんだろう!?」
ってことだったので、

きっとメッセージをよこす側も
そう思ってるはずです(^^;

物分かりが悪くて、なかなか。。。

メッセージを理解するには、
「鏡」のエッセンスを詳細に読むこと
がカギです。

守られていないルールというのは、
「タイミングを守って、自分で調整して
受け取る」ということです。

ということは、私がとんちんかんな
タイミングで何かを要求していて、
そのタイミングで受け取るために必要な
準備をしていない、ということになります。

ではどういう準備をすればいいのか。

「鏡」の状況では、
自分が願望を持ったそのときに、自分で
受け取りたい日時を宣言し、意識をそこに
合わせて明確に受け取る体制でいる
必要がありました。

そして受け取れたら、どんな形であれ
フィードバックを還元すること。

そこから、自分自身の歩みが見えてきます。

ということは、私が今、それをしなければ
いけないということですね。

なるほど。読めてきました。

確かに私は願いを発しても、自分で
タイミングを明確にして受け取るという
体勢ではありませんでした。

そして相手任せなので、明確に
フィードバックを返すことも
できていませんでした。

もっときっちり受け取り方と循環の流れ
を極めて行かなければいけませんね!

これがちゃんとできるようになったら、
結構勝率上がりそうです。(^^)

願った時点で、天は私たちの願いを
叶えるために動き出しているけれど、
いかんせん、受け取る体勢がなってない
のは残念なことです。

私たちがこの調和の循環の中に
入れるようになったら、
もっとダイナミックにエネルギーは
流れるようになるのでしょう。

不可解だったメッセージの謎が
解けたことに気を良くして、
まだクリアしていないメッセージが
あったかな~?と振り返ってみると、
ありました~!

何度言っても通じないのね!
って思っている「鏡」が。

とても身近な関係なので、こじらせたい
わけではないけれど、でもとても困るので
仕方なく「これはやめてくださいね!」
って言ってるのに、改善しないという
案件があったのです。

どうしてなんだろう?って見ていくと、
まず注意されたこと自体を相手が
自身の人格や能力の否定のように
受け取ってしまい、がっちり防御態勢に
入ってしまうのです。

だから、こちらが伝えたい内容が
正確に入っていかず、「注意された~!」
ってことだけが強烈に残って、

「はいはい、これしなければいいんですね!
ぴしゃり!(心の扉を閉ざす音)」
みたいな感じになってしまうわけです。

こちらはそんなにきつく言ってるつもりは
ないのですが、結局部分的に応答
されるだけ、あるいはまるで応答なしで
何年も過ぎています。

これも翻って、私自身の反応の仕方
だということになります。

う~ん。こんなんなのか~、私(^^;

メッセージをさらに詳細に見ていくと、
私が要求したのは、一回だけやればいい
というものではなくて、ずっと継続的に
ルーティンにしてしまってほしい、
ということでした。

でも相手が応答したのは1回限りか、
忙しさの中で忘れられてしまったのか
スルーでした。

また、自分のものは自分で責任をもって
メンテナンスしてくださいね。
そうでないと、その汚れが周囲に広がって
周りも迷惑しますってことなんですが、
汚れっぱなしですね~。

なぜそうなのか。

そもそもそれをメンテナンスする
という意識が相手にはないようでした。

日々のルーティンの中には入っておらず、
「範囲外」の認識です。

そして言われたことを実行していく
ために、誰も責任を持っていない。
誰かがやるんじゃないの?
みたいな感じです。

それがやると決まれば、渋々な顔で
やるんでしょうけれど、負担が増えた
という意識があるようです。

とにかく責められたくない、
自分が気分悪くなりたくない、
という意識がとても強く感じられます。

こういう被害者意識、
ありますね~、私にも。

そして、これを刺激されたとき、
私は見せられた「鏡」のように、
心の扉をピシャ!っと閉めて、
閉じこもっているのでしょう。

「鏡」に対する私の望みは、
別に責めているわけではないので、
やることをやってほしいだけです。

そして、閉じこもらないで
もっとオープンになってほしいとも。

責められる痛みを受け止めつつ、
オープンでいられるように
意識を向けていきたいと思いました。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「内容未定」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. いつ終わるとも知れない苦しみの中で

  2. 理想の自分と本音の自分

  3. 「異物」となった感情のカケラが引き起こすこと

  4. 嘆きと愚痴と批判について

  5. 「できないでいる選択」の奥にある痛みの記憶

  6. 混乱した気持ちを受け止める

  7. コミットメント

  8. 「支えられている実感がない」のはなぜか