聖なるときに流れる恩寵

今日はお知らせから。
5月の感情解放ワークショップの
スケジュールですが、5月5日(土)、
9日(水)、19日(土)、25日(金)
に変更しました。

ご予定くださっているみなさま、
大変申し訳ございませんが、
どうぞご確認くださいませ。

また第389弾無料遠隔ヒーリングのご感想
もアップしました。
どうぞ参考になさってみてください。

さて。

行ってきました~!レナードの
清里リトリート。

今年も色々ありました。
ありすぎて結構ゲッソリだったり。。。笑

でも、表面意識上では嵐でも、
帰ってきて感じるのは、全く受け取れてない
と思っていても、体の奥深くに
プレゼンスのエネルギーが残っている
ということ。

会場全体の深いプレゼンスが、
普段は湧き上がることのない私の中の
諸々を思いっきり浮上させて
くれるわけですが、

あの場を離れてもなお、
そのパワフルなエネルギーの余韻が
私の中に、嵐と同時に静けさの感覚も
もたらしてくれています。

会場にいたときは嵐しか感じなかったのに、
離れてみると、確かにプレゼンス独特の
静寂を感じるというのは不思議ですね。

深いプレゼンスのフィールドで起こることは、
とても言葉では言い表せません。

色々な神秘体験をされる方もありますが、
意識してない部分でも何かが確かに
起こっている。

そうやって、プレゼンスの種が育って
いくんでしょうね。

私の中のプレゼンスの種は死んだかと
思っていたけれど、どうやら
生きてたみたいで良かったです。(^^;

これまで、師に会いに行くのは
とてもしんどいことの方が多かったけれど、
まぁ、続けていくことがやっぱり大事
なのかもしれません。

それにしても毎度毎度、ホントに
打ちのめされて帰ってきますわ。。。

いつになったら成長できるんだ、私。

特に今回は、リトリートの前に
色々な出会いがあって、それがまだ
見えていない自身の側面に光を当てる
機会になりました。

まだまだ消化できておらず、
これから、というところではありますが、
絶対にやっておかなければいけない
ところなんだろうと思っています。

リトリートの時は、一日一日を
内なる神に祈りながら、清里の自然の
精霊たちに感謝を捧げながら過ごします。

ここに来られていることが
どれだけの恩寵であるか。

無駄にはしたくないと思うので、
私なりに自分のベストを尽くします。

それでも、どうにもならないことがある。

望んだこととは違う現実を、
ただただ甘受するしかないことも。

どんな解釈も、手法も脇に置いて、
ただ恩寵にゆだねます。

そういう瞬間でも、
恩寵は私を去っていない、
と感じるから。

神は、私の祈りを聞いておられる
と感じるから。

諦めるのでもなく、
拗ねるのでもなく、
自ら去るのでもなく、

ただそれが私の選択故に、
そうする。

痛み故に自ら恩寵を離れることは
しない。

今できることは、そのくらいかな。

リトリートの期間は確かに特別な時間だけれど、
その4日間だけが特別というわけじゃない。

私たちが生きて体験するすべての瞬間が、
神とともに在る特別な瞬間なのだから。

今回、なかなか思うように開かない意識
の中で思ったのは、

リトリートと日常は、まるで肉体の生と死
で魂が状態を移行するときのようだと
いうことでした。

死は、存在の終焉ではなく、
意識の状態の移行でしかありません。

一つの人生が終わって、
次の状態に移行していく。
それが死です。

そして魂は果てしない旅を続けます。

それと同じように、リトリートという
恩寵に満ちたこの時間と空間から
日常に戻るのも、ある種、状態の移行
と同じようなものだと思ったのです。

意識は途切れることなく続いていきます。

あの深いプレゼンスのフィールドで
感じた恩寵も、本当は去ってはいないのです。

その「途切れることのない何か」を
感じ続けられたらいいな、と思いました。

苦痛に満ちたリトリートから帰ってきた
今の方が、私は恩寵を感じています。

もちろん、応えていかなければいけない
宿題もたくさんありますが、神からやって来る
恩寵の流れは、決して途切れることなく、
私の人生を導いていると感じます。

そうやって、私はこの世界に生まれてきたし、
いくつもの人生を生きて来たのですね。

同じ恩寵が、常に離れることなく
私とともに在ったし、これからも在る
というということに、ただただ
感謝しかないのです。

以前より、この恩寵に感謝し、
信頼を寄せる自分が育っていったら
いいな、と思います。

頑張りすぎる私のエゴも、
この恩寵の中でならリラックスできるかな?

最も受け入れがたい自分を甘受して、
恩寵に帰っていく。

どんな瞬間も、特別なリトリート、
聖なるときなのですね。

それは、いついかなるときも、
どこにいて、どんな状況に在っても
アクセス可能な領域です。

あなたの人生に、恩寵あれ。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 人生のどん底をどう生きるか

  2. 覚えていることの恩寵

  3. 「今ここ」にいて変容を受け止められる自分で在ること

  4. リアルな「在り方」としてのスピリチュアル

  5. 傷ついた勇者たちへ

  6. 自分が幸せになる許可を出すために

  7. 「師の損失」の象意と祈りへの応答

  8. まごうことなき誠をもって、今ここに根を張る

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30