ちゃんと怒る

昨日はいつもお世話になっています
ガネーシャ・ギリ先生のところの
ヨガのクラスだったのですが、

先生に「今日はなんかいい感じですね~」
って言っていただき、「リトリートに
行ったからじゃないか」という話に。

あんなにボロボロに打ちひしがれた
リトリートでも、「良い感じ」に
なるんだな~と、本人には「良い感じ」の
実感はカケラもないのですが、
とても有り難く思った次第です(笑)

人間、打たれて何か強くなったり
灰汁が抜けていくものなのかな。。。

それから、ガネーシャ・ギリ先生と
CHAZZ先生とのコラボ講座、
会場を広くしてさらに増席しましたので、
まだまだ余裕があるようです。

「祈願と願望成就」をテーマにそれぞれ
お話させていただきますので、
ご興味のある方はぜひどうぞ~(^^)
http://healing-gate.com/blog/seminner/korabokouza20180616/

さて。

揺さぶられ、またしても傷をえぐられて
帰ってきたリトリートですが、不思議と
自分の中の恩寵の感覚は以前よりずっと
クリアに、強くなっているのを感じます。

これがあれば、人生の辛い時も
祈りとともに生きていけそうな、
奪われることのない宝ですね。

この感覚に出合う前、私は一体
どうやってこの混沌とした世界を
生きて来たんだろう?
とすら思います。

私たちは、個我を超えたより大きなものに
守られ、導かれていて、それと一体である
というこの感覚がなく人生を生きる時、
どうしても我力で頑張らなければ
ならなくなります。

もともと持っている我力の大きな人は
それでもそれなりに生きていける
のでしょうが、残念ながら
そういう人ばかりではありません。

私たちの魂は、色々な背景をもって
生まれてきていますし、家系から
受け継いだものもありますから、
必然的に生まれながらにして平等
であるとは言えません。

けれど、元々の我力が大きいのが良くて、
少ないのが悪いと一概に言えるわけでも
ないのです。

我力が大きくて何でも自分でできて
しまう人は、個我を超えた大きな力を
必死で求めようという動機が生まれない
かもしれません。

我力がもともと小さくて、自分を超えた
力を見出さなければ生きていけない状況に
あれば、必然的にそれを求めるでしょう。

自分の非力さを身をもって知り、
受け止めて求める人は、謙虚に受け取る
姿勢と、与えられることのありがたさを
深く知っているのです。

ただ、自分の非力さを本当に受け止めて
おらず、心のどこかで否定していると、
ふんだんに与えられているものも
受け取れなくなってしまいます。

と書きながら、
これってリトリート中の私だよな~
としみじみ思いました。

本当にこれほど与えられているものが
受け取れないって、いったい自分は
どうしてしまったんだろう?と
もがいていたのですが、

私は「自分がなったもの」を否定し、
自身のストーリーの中にどっぷりと
はまってしまっていたのですね。

ずっと「私にはできない」という思いに
囚われていたのですが、

できていないのに
「私はずっとやってきたのに」と
反発し、否定したのでそこから
動けなくなってしまったのです。

「できていない」という事実を
受け入れるのはかなり抵抗がありますが、

そこを受け入れて浮上する、
崩れ落ちるような失望感や無力感、
悔しさや悲しみも全部引き受けたとき、

自分の中からこれまでとは違った
道筋が見えてきました。

それは今まで、想像もできなかったが故に
どうしてもできなかったことだけれど、
そこを超えることが私には必要なのだと
いうことはわかりました。

失望と無力感の奥にあったのは、
怒りでした。

実は私は怒りの表現がどうしても苦手で、
レナードの言う「怒りのツボ」を
突くことがなかなかできずにいました。

いつも、怒りがあるときはその奥にある
傷ついた心をケアすることで怒りを
通り過ぎて収めていましたが、

やはり怒り自体をマスターしないと
ダメなんですね。

怒りがマスターできないと、
怒りを恐れるようになります。

怒りの奥にある傷ついた気持ちは
ケアできるので、怒りに動揺することは
ないのですが、微妙に引きずられて
影響を受ける自分がいることには
気づいていました。

怒りの相手は、無意識のうちに、
最も怒りをぶつけてはいけないと思っていた
存在で、そう思っていた自分に気づいて
そのこと自体にもびっくりしました。

そういえば、私はその存在の前でしばしば
被害者になっていたな、と思いました。

早速、イメージワークで飲み込んでいた
言葉を吐き出し、怒りを責任を持った方法で
表現すると、大分すっきりしました。

レナードは、怒りは自身の本来のパワーを
取り戻す助けをしてくれると、表現は
少し違いますがそんなようなことを
言っていました。

怒りはそれ自体、決して悪ではありません。

だから、ちゃんと怒る、というのは
とても大事なことなんですね。

さらに怒りをマスターしていきたいと
思います。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
10月25日(木)19:00~22:00(18:30開場)
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)満員御礼、11日(木)満員御礼、20日(土)、31日(水)
11月10日(土)、17日(土)、20日(火)残席1、28日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑰「内容未定」
11月3日(祝土)、11月14日(水)、10月25日(日)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 転んでもただでは起きない

  2. コミットメント

  3. 自身の真実を生きるときに直面する苦しみ

  4. 目の前の現実をしかと踏みしめる

  5. 自分を殺すことから生かす道へ

  6. 許し難い自分を許す苦しみ

  7. 幸せになっても大丈夫な自分

  8. 自分の気持ちとの向き合い方

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30