怒りの抑圧を解く

明後日12日の特別講座⑪
「忘れられない関係性にケリをつける」
はまだお席がございますので、
ご興味のある方は是非どうぞ。
http://healing-gate.com/blog/seminner/supirityuarutokubetukouza11/

さて。昨日は感情解放ワークショップ
でした。お集まりくださったみなさま、
ありがとうございました。

同じ回に参加される方は共通のテーマを
持っていらっしゃる方が多いのですが、
昨日の共通テーマを挙げるとすると、
「怒り」だったような気がします。

怒りは他の感情よりも難しい感情だと
私は思うのですが、社会的にも
良くない感情だと言われるので
抑圧される傾向にありますし、

中には、怒りを表現している人を
見るとものすごく蔑んだ気持ちになったり
自分の中にそれを見つけると、
がっかりするという方も
いらっしゃいます。

いずれにせよ、どんな感情も
存在する権利があるのであり、
適切に生きられるべきはずのものです。

けれど、間違った表現をしてしまうと
自分も他者をも傷つけてしまうので、
そこは注意しなければいけません。

昨日参加された方たちも、
怒りの表現が苦手で、そもそも
それは表現してはいけないものだ
というロックがかかっていました。

深く抑圧されているので、
怒りを感じた瞬間に虚しさにすり替わって
しまったり、そもそも怒りがあること
自体、認識できないようになっていたり
しました。

ワークを誘導しながら、明らかに
通常は怒りが生じるはずの状況で
本人が怒りを感じられていない場合、
私はエネルギーチェックをして
怒りのエネルギーの有無を確認
します。

あるいは、ハートの声がうまく取れれば、
自分に怒りを感じることを許しているか
どうかをチェックしてもらいます。

許していなければ、当然、怒りがあっても
認識することはできませんからね。

エネルギーチェックの場合は、
本人の認識にかかわらずその存在を
確認できるので、後は本人の認識と
すり合わせて抑圧の度合いを
確認します。

抑圧しているのなら、
なぜそうしているのか。
もし抑圧しなかったなら、
自分は何をしでかしてしまうのか。
どんなことが起こりそうか、など
問うていきます。

その結果を避けたいがゆえに、
怒りを抑圧しているわけなので、
そこに何らかのトラウマが
隠れています。

怒りを表現できるようになるまで、
何重もの抑圧をかけている人も
いますね。

そうなってしまうほど、
辛い中を潜り抜けてこられた
のだと思います。

きつい感情を解きほぐしていくときほど、
本人の状態を確認することが重要に
なってきます。

ワークでは、どうしても意識が
それに触れていなければ統合には
至らないからです。

意識が飛んでしまうこともあるし、
どうしても感じられなくなってしまう
こともあります。

そういう状況をうまくさばきながら、
無理のないように心と体と魂が
ぴったりと整った状態に導いていきます。

その状態から、飲み込んだ言葉を
吐き出したりするべきことをすることが
大切なのです。

頭だけ、我を見失った状態でどれだけ
感情表現をしようと、解放にはなりません。
また繰り返すでしょう。

そんなこんなで自分に向き合っていると、
何十年と思い出すこともなかった記憶が
ふとよみがえってくることもあります。

解放を求めて、未完了のわだかまりが
ぽこっと出てくるんですね。

何の脈絡もないようでいて、
よく見ていくと、まさに今抱えている問題の
根っこがそこに在った!ということも
よくあります。

少女時代の辛かった体験が、
当時は受け止めることができずに
封印して終わりにしていたけれど、
その時の反応パターンを
何十年も続けていたりするのです。

恐くて固まっていて、
言いたいことも言えず、
相手の顔もまともに見られない。

矢面に立つのが恐い。
拒絶されるのが恐くて主張できない。
頭が真っ白になって、
訳が分からなくなっている。

こんな状態の自分が、何十年もの間
自身の中に時間を止めて固まっていて、
何かきっかけがあるとトリガーされて
その状態になってしまうわけです。

当時の幼かった自分には、
それに対処する術はなかったのかも
しれません。

けれど、今は違います。
ちゃんと感情に対処する術を知っており、
言えなかった言葉を吐き出し、
表現されなかった感情を表現することも
できます。

それを、改めてやり直すんですね。

すると、辛かった過去のストーリーが
変わっていきます。

傷ついて、打ちひしがれた自分は
もはやそこにはなく、生き生きと
自分を表現しながら周囲と調和している
幸せなストーリーになっていくのです。

過去は変えられないというけれど、
そんなことはありません。

過去は、実は柔軟に変化していくもの
なんですね。

そして、過去が変わると未来も変わります。
もうそんな辛い過去を持っていない自分
になれば、おのずと行動パターンも
違ってきますよね?

ワークをされたことのない方には
不思議な現象でしょうが、こうして
あなたは新しい自分に生まれ変わって
いくのです。

過去もそうだったからこれからもずっと
そうでなければならないということは
ありません。

変えたければ、変えればいいんですよ。

あなたの人生に祝福を。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 今ここに踏みとどまる力

  2. 無力感や無価値感を手放せない理由

  3. 「今」に被さる過去の幻影

  4. 伝えることへの恐れを越えて

  5. 捻じれたカルマの糸と解放

  6. 憎しみの心理構造と、癒しと和解への道

  7. 「ダメな自分」を拒絶し続ける在り方と「条件付きの愛」

  8. 人生を導く大きな力とパラダイムシフト

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031