愛と受容と忍耐力を育む学び

明後日29日はいて座の満月だそうですが、
コミュニケーションや移動、取引などの
テーマがクローズアップされていく
ようですね。

これから、素敵なチャンスをつかみたい!
と願っている方には特に、軽やかな
フットワークで物事を進めていけそうな
気配です。

そんなこんなで、サロンでも29日は
満月の瞑想会を行います。まだお席は
ございますのでぜひどうぞ。
http://healing-gate.com/blog/seminner/fullmoonmeditationmeeting/

お月様のエネルギーをしっかりキャッチして
このタームを元気よく波に乗って
いきましょう!

さて。

25日は感情解放ワークショップだったのですが、
この日の参加者のみなさんに共通して
浮上してきていたテーマは
「コミュニケーション」でした。

苦手な方も多いと思いますが、
一口にコミュニケーションが苦手
と言っても、その背景にあるものは
人によって様々です。

嫌われたり拒絶されることを恐れて
自分をうまく表現できず、相手の言いなり
になってしまうケースとか、

人と接するといつも何かトラブルが
起こるので面倒で人づきあいを避けている
人とか、

誰かに悪口を言われたり批判されるような
気がして、仲良くなれるイメージが
どうしても持てない方など、

その人がうまくコミュニケーション
を取れない、というイメージの
内容が違うのです。

そういうイメージはどこから来ているか
と言えば、やはり過去の体験の記憶
でしょう。

今生か、別の人生でそういう体験をして、
その記憶を引きずっているのでしょうね。

ワークでは、その体験のわだかまりを
統合していくことで、ストーリーが
書き換わると、そういう苦手意識が
ふっと軽くなります。

今までどうしてもできなかったような
積極的な行動も、自然にやっていた!
という自分を発見したりもします。

色々な解放ワークや癒しのメソッドが
ある中で、一つ一つの出来事や自身の
気持ちの動きに丁寧に向き合うワークを
私がしているのは、

自分で要素を認識しないままざっくり
癒したり書き換えたりする方法よりも、
そのプロセスで得られる学びや気づきが
骨身にしみて、深い変容を起こすからです。

私自身、ヒーリングを始めたばかりの
初期のころは、あまり深く要素を見ないで
ガンガン強いエネルギーで全体的に
働きかけるやり方とか、結構やってました。

けれど、それだとどうしても
対応できないレベルがあるんですね。

そもそもなぜその出来事が起こっているのか、
その気づきを促すサインに本人が適切に
応答できないことが結構あるわけです。

苦しく不都合な現実が早く過ぎ去って
くれることが一番!っていうのは、
エゴの側の主張なわけで、

ホントに受け取らなくちゃいけないのは
そこじゃないよね、っていうのが、

要素をきちんと見ない手法では
微妙にエゴ寄りになってしまいがちなのが
どうしても私には引っ掛かるのです。

人の在り方は無数の要素が絡み合って
今、そのように現れています。

中には簡単にするっと転換できるものも
あるでしょうが、そういうものは大抵
根の浅いレベルのものです。

根が深くになるにしたがって、必然的に
同時に複数の要素に対処しながら
ピンポイントで繊細な作業をしていく
流れになったりするのですが、

そのプロセスのすべては、
ヒーラーとヒーリングを受ける人との
共同作業です。

決してヒーラーに丸投げ、お任せ
ではないんですね。

私は統合に向けての道案内はしますが、
一つ一つの段階で、本人に見るべきもの、
受け止めるべきものに視線を誘導し、
安全に受容できるようサポートします。

そして、新たな可能性を示しては
選択を促します。

結局、セッションはその方自身が
どんな選択をするのかが、その行き先を
決めるのです。

1つの選択を覆すのに、誤った思い込みや
概念の定義を正していく必要があったり、

受け止めがたい感情から逃れるために
捏造したストーリーを破棄して、
責任転嫁していたことの責任を自分で
引き受けるように転換したりと、

いくつものステップを踏むことも
珍しくはありません。

在り方は構造的です。

ガツン!と一発ですべてが変わる
というものではないな~というのが
私の実感です。

実際、その人がその日に許容できる
変容のキャパシティというのも
ありますからね。

たとえて言うならば、
脳腫瘍の摘出と心臓のバイパス手術と
膝関節の移植手術を一日でできるか、
みたいな話です。

早く楽になりたいという心情も
よくわかります。

でも、その「早くこの苦しみを脱したい」
という焦りがあるとき、今この現状の自分
に寄り添う意識がどこまであるか、
と私は問いたいのです。

今ここで苦しむ自分を置き去りにして、
未来の理想ばかりに意識が行っている人を
たくさん見てきました。

その状態では、本当の癒しは起きません。

一つ一つの段階を確実に受け止め生きる、
ということの中に、あらゆる自分を
受容し慈しむ忍耐力と愛を育む学びが
あると私は思うのです。

手っ取り早く、簡単に楽になるのが
悪いわけではないけれど、それでは
決して触れられないものがある、
ということを覚えておいていただけたら、
と思います。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
10月25日(木)19:00~22:00(18:30開場)
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)満員御礼、11日(木)満員御礼、20日(土)、31日(水)
11月10日(土)、17日(土)、20日(火)残席1、28日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑰「内容未定」
11月3日(祝土)、11月14日(水)、10月25日(日)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 体の声を聴くこと

  2. 怯え、混乱した気持ちを抱きしめる

  3. 憎しみの解放と赦しの本質 続き

  4. 尊厳を踏みにじられた怒りを解放する

  5. 「異物」にされた自分の気持ち

  6. 「できないでいる選択」の奥にある痛みの記憶

  7. 自身の非を認めるために

  8. 絶望の闇が融ける時