解放を阻む誓い、契約、宣言、暗示について

今日はウエサク満月ですね。

ウエサク祭と言えば、京都の鞍馬寺が
有名ですが、その起源はお釈迦様の
誕生と悟りを開いた日と入滅がすべて
インドの暦のヴァイシャーカ月の第一満月
だったことに由来するそうです。

そんな特別な満月だけあって、
染み入るようなエネルギーを感じますね。

サロンでも、今夜はみなさんと
この満月を瞑想したいと思います。

さて。

様々な方の感情解放セッションや、
みなさんから送られてくる遠隔ヒーリング
のご感想などを拝見していると、

しばしば同じテーマのところでグルグル
している様子をみかけることがあります。

この間もやったのにまた出てるな~とか、
何度解放しても変わらないというようなとき、
多分そこにはまだ気づいていない要素が
あるのでしょう。

感情のエネルギーを受け止めること自体が
不完全なケースもありますし、

変わっていないようでいて、少しずつ薄皮を
はがすように解放が深くなっている段階の
場合もあります。

けれどそれでもどうにもすっきりしないとき、
しばしば「誓い、契約、宣言、暗示」などが
エネルギー的に絡んでいるのをみかける
ことがあります。

どういうことかというと、
スピリチュアルな存在と儀式によって契約を
結んでいるとか、霊的な誓いを立てているとか、
強くある思いを抱いて宣言しているとか
といったことによって、

そのバイブレーションが細胞レベルで
プログラムとして入ってしまっている
というケースがあるんですね。

そんな儀式をした覚えがないケースでも、
心の隙を突いてくる存在は、本人のそういう
思いを利用して、足元をすくっていく
ようなことをしているのもよく見かけます。

そんなことがあるのか、と思われるかも
しれませんが、私の経験では少なくないですね。

中には、ある人生でそういう契約や誓いをして、
それがいくつもの人生をまたいで繰り返し
効力を発揮し続けているケースもあります。

このような場合は、その誓いを立てた場面まで
戻って、なぜそのような誓いを立てたのか、
背景となる心情を明らかにします。

しばしばそこに、「心の隙」があるからです。

たとえば、無力感に苛まれている人が
圧倒的なパワーが欲しくて何かと契約した場合、
ただ単に契約を破棄しただけでは、
また無力感に苛まれたときに、再び同じように
契約をしてしまうかもしれません。

無力感をしかと受け止められる自分にまで
もっていかないと、完全に契約を破棄
できないんですね。

こうすると、偽りのパワーに依存する
自分を完全に卒業することができ、
自身の真のパワーにつながって、安全に
それを活用できるようになるわけです。

あるいは、絶対に負けを認めない、
勝つことのみを求め続けているような人の場合、

負けることによって相当な悲劇を体験していて、
その辛さ、無念さ、絶望を骨身にしみて
味わったがゆえに、もう二度と負けるまい、
と固く誓った、なんてストーリーが
出てくるかもしれません。

この場合も、その体験で受け止められなかった
痛みの感情の数々を受け止め、完了させます。

当時は受け止められなかったかもしれませんが、
今なら適切な方法によって、ちゃんと
完了させられるようになっているので、
改めて生き直すわけですね。

これにより、敗北の辛さから逃げることなく、
自身の体験として通過させることができ、
恐れなくても大丈夫になります。

こうなって初めて、自身の宣言を撤回し、
事実を受け止め、そこから再び立ち上がって
前に進めるようになるのです。

ある程度掘り下げワークが進んでいる場合は、
ただ契約を破棄し、宣言を撤回するだけでも
抜けるかもしれませんが、

基本はそれらがなぜ入ったのか、
その理由までさかのぼってクリアにする
プロセスが必要ですね。

また、契約や誓いよりももう少し軽いもので、
人から言われた言葉が暗示のように
入っていることもあります。

軽いと言っても、ある程度強い感情とともに
入っていることも多いので、これもやはり
そうした感情をクリアにすることとセット
になります。

たとえば、幼いころに親から
「お前は体が弱いんだから」と言われ続けたり
すると、その言葉を素直に信じて、その通りの
現実を作り続けていたりします。

あるいは、「お前は馬鹿だ」とか
「お前はブスなんだから、頭位良くないと
幸せになれないぞ」とか。

何気なく言われた言葉が深く突き刺さって
入ってしまって、それが人生を左右している
ケースも結構ありますね。

まぁ、こういう言葉を言われること自体、
言った人だけの要因ではなく、言われた側の
要素もあるのですが、こういう暗示も
抜いていくとかなり楽になったりもします。

これらは、ある程度は自分で気づける可能性も
もちろんありますが、人に見つけてもらう方が
早いのは確かですね。

いずれにせよ、グルグルしているテーマがあるのなら
まずは自分で、かつて強く決意した何らかの思い
がなかったかな~?と記憶をたどってみたり、
感覚を辿って過去世を探ってみるのがいいかも
しれません。

参考までに。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「内容未定」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 責任と自立、そしてコントロール

  2. 「対処不能」のラベルの剥がし方

  3. 感情に飲み込まれずに対処する意識

  4. 偽りを手放して得る自由

  5. 怒りと不快感のワーク

  6. ソウルメイトの差し出すメッセージ

  7. 意識と感情、体のバランス

  8. 喜びを抑圧した理由

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031