パワーゲームをする在り方を見直す

人間だれしも、束縛されるのって
嫌ですよね~。
(中には好きな人もいるのかな?)

様々なしがらみにがんじがらめになりながら、
自由になりたいって、ふと思う方も
少なくないんじゃないでしょうか。

中でも人間関係のしがらみって多くの方が
経験されるものだと思いますが、
どうしてこんなにも不自由なしがらみが
どこに行ってもついて回るのか。

それは「取引」をしているからです。
いわゆるパワーゲームってやつですね。

苦しくて不快で嫌だと思っていたとしても、
その関係を維持しているということは、
双方にメリットが存在していて、
「取引」が成立しているわけです。

それが嫌なのなら、そのメリットも
破棄しなければなりません。

それができずにメリットを選び続けて
いるから、身動きが取れなくなって
いるんですね。

こんな状況のどこにメリットがあるのか、
とぱっと見あなたも思うかもしれません。

でも、それを止めてしまったら
○○になってしまう!という恐れが
多分出てくるでしょう。

それが手放せないでいるメリット
というわけです。

有力者に認めてもらい、
自分を使ってもらうために、
やりたくもないことを
「やります!だから使ってください!」と
言うことだったり、

子供が学校でいじめられないように、
ママ友の中でボスママの言いなりに
なることだったり、

親から愛し、大切な存在だと認めてもらう
ために、愚痴を聞いたり心配するそぶり
をする娘や息子になったり、

パートナーに見捨てられないために、
嫌なことをされても嫌と言わずに
笑顔を取り繕っていることだったり。

例を挙げればキリがないですし、
「あ、自分もそうだ!」と気づく方も
あるでしょう。

いやだいやだと言いながら、
ちゃんとメリットを享受しているわけです。

割の良い、納得できる取引なのかどうかは
別として。

でも、無理をして成立させている取引って、
必ずどこかに歪みがあるんですよね。

そしてその歪みは、
関わる全ての人にとって、
成長を阻害する要因になっています。

だから、誰かのために我慢しなくっちゃ!
ともしあなたが思って耐えている
のだとしたら、その忍耐は大切にしたいはずの
人にとっても、良いことではないわけです。

なぜなら、本当にその人が向き合うべきもの
に向き合い、学ぶ機会を奪っているとさえ
言えるから。

よ~く考えてみてください。

大切な人を辛い目に遭わせたくない
っていう思いは、一体誰のためなんでしょう?

「あなたが」大切な人が苦しんでる姿を見る
のが耐えられないせいじゃないですか?

もしそういう動機であるとするならば、
「だったら自分が苦しい思いをした方が
マシ」ってことですよね?

それは、大切な人のためではなく、
自分が耐え難い思いをしたくないから
であって、要は自分のためです。

この微妙なすり替えに気づいていない方も
結構多いです。

取引、パワーゲームをしているうちは、
本当に何がその人のためになるのかを
見極めることはできません。

心の声が、
「これは嫌だ、やりたくない」
と叫んでいるのなら、

「でもこれをしなかったら○○に
なってしまう!」という恐れから
即座にフタをするのではなく、

まずはちゃんとその声を受け止める
ことが大切です。

そしてその後に、
何か対処する方法がないのか、
もっと違う選択や可能性がないのか、

関わる人がいるのなら
率直に話し合い、相談することが
必要なのかもしれません。

そうしたことをしないで
内なる声を抑圧するのは、
そうしたプロセスのどこかに
機能不全があるのでしょう。

つまり、率直に話をすることや、
別の可能性を探ることに対して、
うまく機能できていない要因が
そこにある、ということです。

であるならば、まずは自身の中の
その要素にしっかり対処しますが、
これは、気合いや理屈で
どうにかなるものではありません。

機能不全になっているには
それなりの理由があるのであり、
そこをうまく処理してあげれば、
ちゃんと機能できるようになります。

機械だったら、詰まったパイプを
お掃除したり、切れた配線をつなぎ直したり
っていうようなメンテナンスをすれば
またちゃんと動くってわかりますが、

心の内側も、見えづらいだけで
同じようなものですから。

うまく対話ができないのは、
本心を話したら拒絶されるとか否定される
っていう傷を持っている方が多いですね。

そうした体験の痛みをきちんと統合すると、
率直な話し合いができるようになります。

また、見捨てられるとか、仕返しをされるとか
いう恐れを持っている方も、

自身の今現在の在り方を相手に投影して
見ているだけだったりするので、
自身の在り方を転換させると、
そうした恐れも消えていきます。

もちろん、現実も変わっていくことが
多くありますね。

何にせよ、自分が関係性の中で
がんじがらめになっていると感じたときは、

それをあえて受け入れている理由を
しっかり見て、何から逃げているのか、
何を得たいと思っているのかを明確にして
選択し直すことです。

自分のパラダイムが変わったときに、
今まで見えなかった選択肢も
見えてくることでしょう。

 



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年8月26日(日)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
8月4日(土)満員御礼!、8日(水)、18日(土)、22日(水)満員御礼!
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 怯え、混乱した気持ちを抱きしめる

  2. 自身の在り方をどう選択するのか

  3. 「今」に被さる過去の幻影

  4. 「主体」としての意識のポジション

  5. 気持ちを受け止めて今ここにいること

  6. 真実を生きることでもたらされるギフト

  7. 憎しみに支えられた自我の解放

  8. 転んでもただでは起きない

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930