天職・使命・才能について思うこと

昔からの性分で、普段からあまり
出歩かないで家やサロンでのんびり
していることの方が好きなのですが、

ここしばらく、プライベートで
ちょいちょい出かけて行っては
人と会う機会がありました。

と言っても、普通の人から見ると
全然大したことはありません。(^^;

でも色々な方とお話をしていて、
みなさん素晴らしい才能をお持ちで、
私にはとてもできないな~、
すごいな~なんて感心していると、

一方でその才能故に苦しんでいることも
あったり、うまくいっていない人生の側面に
苦悩されたりしていることがあります。

面白いな~と思ったのは、
長所である才能を、本人があまり歓迎して
いなかったり、受け入れたとしても
逆にそれに劣等感を抱いていたりされている
ケースがしばしばみられることです。

それは他人が欲しくても手に入らないような
キラキラした美しい宝物なのに、

実際にそれを生きるということは、
傍からは想像できないほどの
苦悩や葛藤を背負い込むことでも
あったりするわけですね。

そうした人並み外れた才能と
本人が折り合いをつけるには、
長い苦闘の歴史を越えて行かねば
ならないのかもしれません。

人によってはそれがさほど苦しまずに、
周囲のサポートを受けたりしながら
スムーズにいく人もあるのでしょうが、

全ての人の才能が、そうした幸運とともに
あるわけではありません。

自身の人生をデザインしているのは自分
であるのなら、そういう状況すら
予定された試練なのでしょうが、
大胆かつ勇気あるチャレンジだと思います。

この世界における自身の才能の使い道が
わからないということもよくありますが、

個人的に思うのは、
天命や使命というものを殊更に
固定化して考えなくても
いいんじゃないかな、ということです。

職業についての相談をされる方に多い質問に、
「私の天職や使命って何でしょうか?」
っていうものがあるのですが、
そう質問される心情もよくわかります。

わかるけれども、
その質問してくる方のほとんどが、

今この瞬間の自分の現実を受け入れないで、
どこか現実から遊離したユートピアを
探すような意識で、質問してこられる
という印象が私にはあるのです。

どうやったらこの才能が生かせるのか、
どんな仕事をするのが私の幸せへの道
なんだろうか?

それを知るには、今の自身の現実を
受け入れるところから始めなければ
なりません。

どんなに見たくない、嫌な現実なのだとしても、
きちんと直面すると、今この瞬間に自分が
何をするべきなのか、何が課題なのかが
見えてきます。

それに適切に応答していく中で、
自分の才能を本当に生かしていく技術が
身についたり、ご縁に出合ったり、
必要なものが得られたりするのです。

それがなければ、その先には決して
進めなかったりするわけですね。

だから、「現実から遊離したユートピア」
を追い求めていては、いつまでたっても
天職に巡り合えず、自身の使命もわからない
ままでしょう。

それに、使命や天職って、
一度知ったら生涯変わらないものでも
無いと思うのですよね。

自分の成長、進化の度合いによって、
どんどん変化していくものだったり、
人生の途中で大きく転換されていったり
ということはよくあります。

だから、適正とかは確かにあると思いますが、
使命や天職という固定化された概念に
しがみつかず、まずは「今を全うする」のが
いいのではないかな、と思います。

そうして今この瞬間を生きていると、
人生はエゴが想像もできないような方法で、
軽やかに自分が生きるべきところに
連れて行ってくれます。

自分でも気づかないうちに、
自身の能力を生かした、自分にしかできない
役割をさせられていたりもします。

本人にはそれが恩寵と感じられずに、
不満に思うこともよくあります。

自分の思う価値観とその役割が、
どうにも折り合いが付けられないからです。

これじゃなくて、もっと違うのがいい!
って、どうしても見えてしまうんですね。

そう言う部分で葛藤する人は
結構多いような気がします。

ふと考えたのは、
自分に与えられた才能や能力って、
自分だけで完結するようなもの
ではないなってことです。

それは巨大なジグソーパズルの中の
ひとつのピースであって、

それだけでは、そこに描かれているものが
一体何なのか、どう使うものなのかは
わかり様もないのです。

そこで自分がパズルのピースのひとつ
であることを受け入れて、
自分のポジションを全うしたとき、

前後左右のピースとしっかりはまり合って
より大きな絵の中の一部が見えてくる。

そう言うことを繰り返して
全体像が見えてきたとき、

自分の中では劣等感の種でしかなかった
その要素が、とても重要な欠かすべからざる
役割を果たしていたことを知るのです。

私たち人間の視野はとても狭く、
エゴは様々なフィルターをかけて
この完璧なジグソーパズルの絵を
歪めて見せます。

だから私たちは謙虚に自身の今の現実に
直面し、今この瞬間を全うしていく
ことが大切だと思うのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年8月26日(日)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
8月4日(土)満員御礼!、8日(水)、18日(土)、22日(水)満員御礼!
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「往生際の悪い自分」をいつやめるか

  2. 未来から過去へと流れていく時間

  3. 試練と崩壊と恩寵と

  4. 永遠なる意識とエゴ

  5. 相手のリアクションを受け取る

  6. 受け入れがたいものに向き直る勇気

  7. 「心の隙」なのか「誓い」故か

  8. 人生の困難を乗り切るための祈りの力

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930