ブレない軸を持つために

7月前に関東も梅雨明けし、
いよいよ夏本番とばかりに
ギラギラな日差しが照り付けて
いますが、

みなさま、熱中症などお気を付けて
どうか健やかにお過ごしください。

さて。

最近何人かの方たちにお会いする中で
色々考えさせられることがあったので、
今日はこれについて書いてみます。

その方たちの何に感じるところが
あったのかというと、
自分の中に明確な軸を持っている
という点で共通していたのです。

軸というのは、自分の人生において
何を最優先にするか、ということです。

とにかく、これが明確な方は
何か選択をするときにも
ブレがないですね。

ある方は、最優先にするものを
「自分の命」としていました。

え?当たり前でしょって思います?

私も最初はそう思っていたのですが、
お話を聞くほどに、私が思うような
覚悟じゃないんだな、というのが
ひしひしと伝わってきて、

その方が歩んできた人生の重み
のようなものを思い知らされました。

その方と人生の様々な状況における対処
についてやり取りをしてみると、
とにかくシミュレーションする状況の
深さが全然違う。

平和ボケしている日本にのほほんと
暮らしている私なんて考えもしないような
状況について、

生き残っていくにはどうすればいいのか?
ということを常に考えながら
生きてこられたんだな、というのが
わかるんですね。

生命の危険にさらされながら、
最終的に何が残ればいいのか、
そのためには何を棄てられるのか、
ギリギリのところで選択してきている
という感じでした。

ざっくり言えば、
腕や足の一本や二本くれてやることで
命が助かるのなら、喜んでくれてやる!
くらいの選択です。

そういう選択を、
決して勢いでしているわけじゃなく、
極限の状態で緻密に計算している
わけです。

どれだけの修羅場をくぐってきたんだろう
って思いました。

こういう方は、自分の選択に対して
その結果を引き受けない、ということは
有り得ません。

たとえ腕や足を失っても
生き残ることを選んだのなら、
実際にそうなったときにどうするか、
その先のシミュレーションも当然、
されてるでしょうね。

その状況を引き受けて生きる覚悟が
あるということです。

選択の結果を引き受けないで
いつまでも後悔したり、何かや誰かを
責めて現実逃避をするようなことは
ないでしょう。

だからブレない。

いやはや、すごいな~と思いました。

そしてまた別の方は、
自分が楽しく生きられることを
人生の中で大切な優先事項にされていました。

自分が楽しく生きられないのなら、
仕事にも人間関係にも一切未練なく
断ち切っていける、という在り方を
されていて、

多くの方の中に見られる現実逃避のような
ものは不思議と見られず、パシッと
その軸が入っていることが印象的でした。

もちろん、自分が楽しく生きられれば
他人がどうであろうとかまわないという
ことではなくて、

自分も含めて、みんなが幸せに生きられる
ことを考えている方でしたが、

この方は自分を誤魔化して誰かと取引を
するようなことはしないのだろうと
感じられました。

取引、つまりパワーゲームをしないので、
自身の内側からの導きや直感が素直に
キャッチできる。

おかしいことはおかしいと感じることが
できて、それに従って行動できるので、

言動が私から拝見しても、
「真っ当」な感性が生きている感じがして、
いつも素敵な方だな、と思っていました。

こちらの方は先の方とは違って
優先することが「楽しんで生きること」なので、
それができないのなら生きている意味がない
という考えですね。

いずれにしても、これらの方々に共通するのは、
自分の選択に対して言い訳をしない
というところでしょうか。

私たちの多くは、しばしば自身の選択に対して
結果を引き受けたくなくて決めることが
できずにグズグズしたり、

いつまでも後悔して未練を引きずったり
してしまうことがあります。

これが、軸がぶれる大きな要因に
なっていたりするんですよね。

決められない人は、失敗をしたくないわけです。

失敗をしてがっかりしたくない。
失敗した自分も認めたくない。
そんな自分は耐え難いと拒絶しています。

だから、絶対に失敗だけは避けたい。
となると、究極的にそれを避けるには、
選択をしないという選択をしてしまう
わけです。

これも選択の一つなんですけれどね、
その人の中では「私は選択していません」
ってことになっています。

当然、そういう選択にも結果はついてきます。
でも、本人は選択していないと信じているので、
その結果に対して、

「私は何もしていないのに
世界は私をこんなにも苦しめる!」
みたいな被害者妄想を感じていたりします。

そうなると、私には何もできない、という
無力感も出てきます。

これが、自分の選択の結果を引き受けない人
によくみられるパターンです。

自身の真のパワーにつながるには、
選択の結果を引き受けるというのは
必須条件でしょうね。

翻って見れば、今この瞬間の状況は、
過去にした自身の選択の結果なわけです。

故に、今この瞬間のあらゆるものを受け入れる
ところから、自分の軸が定まっていくのでしょう。

あなたにとって、人生で最優先にしたいことは
何ですか?

その選択の結果を引き受けているでしょうか?

よくよく振り返ってみてください。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2018年7月28日(土)17:00~20:00

●感情解放ワークショップ
2018年
7月4日(水)、10日(火)、14日(火)、21日(土)
8月4日(土)、8日(水)、18日(土)、22日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑬「内なる導きにチューニングする
ワークとアクディベーション」
2018年 7月7日(土)、16日(祝月)、26日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑭「親離れ、子離れと自立した関係性のためのワーク」
2018年 8月11日(祝土)、25日(土)、29日(水)
各回ともに10:00~16:00
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「今ここ」にいて変容を受け止められる自分で在ること

  2. 今できることを

  3. ~ということにしておく

  4. ルドラークシャと霊性の旅

  5. 沈黙との対話

  6. このままですべてがOKな自分だとしたら

  7. 現実逃避ではないスピリチュアルの在り方

  8. 今この瞬間を深く読む

おすすめ記事

  1. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  2. 霊性

    恩寵とサレンダー
  3. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  4. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  5. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  6. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  7. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  8. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  9. 日々の気づき

    助けること、助けられること
  10. 感情解放ワーク

    相手をコントロールしたくなる本当の理由

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031