怒りの連鎖の構図

感情解放ワークをしていていると、
様々な逃避のパターンを見かけるのですが、

中でも強い怒りを感じている方に多いのが、
人を蔑む、見下す、可愛そうな人だと思う
と言った態度です。

あまりに傷つき、怒り過ぎて、その怒りが
暴発してしまいそうになっているので、
どうにか暴発して人を傷つけたりしないで
済むように、蓋をしているのですね。

人を下に見るという態度によって、
自分を上に上げ、相手を下に下げます。

すると、同じ壇上に立たないで済みますね。
そうすると、さっきまで感じていた怒りも
なんとか収めることができる。

よく、物凄く腹を立てた人が相手に向かって

「バカバカしい!あんな奴に腹を立てるなんて
アイツと同じバカのレベルになってしまう。
やめたやめた!」

なんて言って、バッサリと切り離すという
シーンがあったりします。

これなんかは典型的な逃避&防御反応で、
これ以上関わったら自分が壊れてしまいそう
なので、緊急避難しているのです。

「アイツはバカで自分は常識人なんだから、
そもそもかかわっても理解できるはずがない。
そうだ、最初から相手にしなければいいんだ!」

と、別世界に切り離し、もっともらしい理屈を
くっつけることで、自身の心の安定を確保
しています。

また、「切り離す」ということでは、
相手から自分を切り離すほかに、
自分自身の感情から切り離すという
やり方もあります。

激怒した次の瞬間に、
氷のように冷たく心が固まる
という方がありますが、

これも怒りが沸点に達してしまったら、
自分が何をしでかすかわからないので、
瞬間的にそうすることで防御
しているんですね。

いずれにせよ、自分の中に
どうにも処理しきれないでいる
膨大な怒りのエネルギーのチャージが
あるのでしょう。

こういう傾向のある方は、
やはりどこかの時点で怒りとうまく付き合う
方法を身につけることが大切です。

そうでないと、この膨大なエネルギーは、
自分自身を傷つける力となってしまいます。

怒りを抑圧すると、しばしば
鬱的な状態になってしまうことがあります。

突然、死にたいなどと言う思いが湧いてきたときは、
少し前を振り返って、怒りを感じる出来事が
なかったかどうかをチェックしてみると
良いでしょう。

多分、その時の怒りを抑圧したので、
その凶暴なエネルギーが自分を傷つける
方向に働いてしまったのでしょう。

こういうケースでは、
責任を持った方法で怒りを表現すると、
死にたいような思いは消えていきます。

このように書くと、
「責任を持った方法」というのを勘違いされて
相手に自分の怒りを訴えたりされる方が
いらっしゃるようなのですが、

ここで言うのはそういうことではなく、
安全な時間と空間で1人になって、
その凶暴な怒りのエネルギーを
表現するということです。

怒りはそもそも理不尽で、理屈なんて
通るようなものではありません。

いくら思考で論理的に怒りを表現しようと、
そこに乗っている怒りのエネルギーは、
相手を傷つけます。

本来それは、自分で責任を取らなくては
いけない感情のはずだったのに、
相手にぶつけたことで、相手はまた
あなたを傷つけたい衝動に駆られるでしょう。

こうして復讐の連鎖は続いていくのです。

相手が謝ってきたら許してやろう
などとは思わないでください。

相手はあなたの「鏡」です。
相手もあなたと同じように考えているでしょう。

自分の非を認めるのは嫌で、
自分が勝たなくてはならなくて、
いつも自分は正しく、相手が間違っている。

あなたがもしそう思っているのなら、
間違いなく相手もそういう態度になります。

例え表面的に折れてきたとしても、
内心はずっと深いところでより巧妙に
こうした思いを隠し持っているでしょう。

こういう時に、現実の創造者たるあなたの
選択が問われるのです。

あなたはこの苦しみを抱えてこれからも
戦い続けたいのか。

それとも、本当に安らかになるために、
自身の深い傷を癒し、統合して
相手と真の和解をし、信頼関係を
構築していくのか。

もし後者を取るなら、
あなたの中の怒りをはじめとした痛みの数々は、
相手のせいではなく、

完全に自分自身が責任を取るべきものである、
ということを受け入れなければなりません。

責任を取りたくない人は、
相手を責め、恨み、憎みながら
復讐を繰り返す修羅の世界を生きる
ことになります。

自分の痛みを相手にぶつけなければ、
自分が責任を取らないわけですから、
苦しくて生きていられないでしょう。

こうした選択は、頭ではできません。
しっかりと、肚の底から決めることで
現実が動いていきます。

憎み合った時間が長いほど、
怒り憎み続けることに未練を感じるものです。

まるで自分が敗北者になったかのような
喪失感が出てきたり。

でもそれは、敗者ではありません。

真の勝者、英雄になるための選択
なのですね。

真の勝者にこそ、栄光を。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「内容未定」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. のびのびとタフな自分でいる方法

  2. ちゃんと怒る

  3. 開かずの封印を開くコミットメント

  4. 人生の手段と目的

  5. 愛を失うことへの恐れについて

  6. 自由への決断と結果を引き受ける勇気

  7. 重苦しいエネルギーの変換器としての器

  8. 自身の現実に責任を取る在り方を身につける

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031