真の謝罪と和解への道

明日の感情解放ワークショップですが、
満員御礼となりました。
ありがとうございます。

みなさまにお会いできますこと、
楽しみにしていますね。

恐る恐るご自身の感情に触れていこうと
されているみなさんが、安全にご自身の
痛みを統合し、自分自身に帰っていかれる
お手伝いを、心からさせていただきます。

8日以降のワークショップはまだまだ
お席がございますので、心に重荷を抱えて
そろそろ下ろしたいな~と思っている方は、
ぜひぜひお越しくださいませ。

http://healing-gate.com/blog/seminner/kannjyoukaihouworkshop/

さて。

人間生きていれば心に重く引きずってしまう
失敗の一つや二つ、あるものだと思います。

自分が恥ずかしいというだけではなく、
自分のせいで多くの人に迷惑をかけてしまった
とか、とても大切な人を傷つけてしまったとか。

後悔や自責の念がグルグルと巡っては、
いつまでも苦しくて、新しいことをやろうにも
どうしてもブレーキがかかってしまう、
ということ、あるんじゃないでしょうか。

こういう苦しみも、ちゃんと統合していく
方法はあるのですが、まずは自分のやったことを
しっかりと受け止めることが一番最初に
すべきことです。

失敗をしたときに、大抵の人は
ものすごくショックを受けて、
その出来事から逃避します。

現実から逃避するだけではなく、
ショックや動揺している自分からも
意識がするっと逃げてしまうのです。

こうすると、なすべきことがそこであっても、
現場に自分がいないわけですから
どうにも対処の仕様がありません。

こうして空回りしてしまうのですね。

だから、まずはその出来事が起こったときに
体から吹っ飛んで分離している意識を
自分の体に戻していきます。

そうして、この心と体でその動揺や
ショックなどを受け止めるわけです。

何度もこのブログで書いていますが、
後悔や自責の念は逃避です。

耐え難い居心地の悪い感情から
逃げるため、自分を責めたり
あ~すればよかったこ~すればよかったと
思考に逃げて紛らわせているだけです。

いくら自分を責めても、
根本的に現実を受け止めてもいないわけ
ですから、改善の見込みは全くありません。

また同じことを繰り返すでしょう。

現実を受け止めず、動揺しまくった状態で
誰かに謝罪したとしても、いったい自分の
何が悪かったのか、自分のしたことで
何が本当に起こってしまったのかすら
わかっていないでしょう。

どれだけの人がどんな迷惑をこうむったのか、
誰にどんな苦しみ、痛みを与えたのか、
決して見ることはできません。

けれど、謝罪というのはまさにそういう痛み
に対して行うものです。

それを知らずに、どうやってどんな謝罪を
するというのでしょうか。

その状態でする謝罪は、
ただ自分が許してもらって
楽になりたいがためだけのものであって、
極めて利己的な行為です。

こういう謝罪は、された側も
一見自分をすごく責めているし、
反省しているように見えて、
どこかすっきりしないものに感じるでしょう。

だから怒りも恨みも、消えることはありません。

けれど、本当に相手が自分の痛みを
深く分かったうえで、心から
その痛みに対して申し訳なかった、
と謝罪されたのだとしたら、

その瞬間にどんな深い恨みも一瞬で
消えるのです。

百年の恨みも解けます。

復讐してやりたいという思いは、
相手に自分と同じか、それ以上の痛みを
味わわせて、自分が何をしたのかを
思い知らせたいというところから
発していると思います。

だから、本当に自分が何をやったのかを
しかと知って、受け止めなければならない
のだと思います。

これができたときに、私たちは
「失敗の種」を手放すことができるのです。

そうでない限りはずっとこの「失敗の種」を
自身の内に秘めたまま、再びこれが芽吹いて
しまう危険性をどこか心の奥深くで感じています。

だから、「戒め」が必要なのです。

「戒め」が必要だということは、
再び失敗する可能性が確かにある
ということを意味しています。

失敗を二度としないためには、
戒めの必要のない自分になっていなければ
なりません。

すなわち、「失敗の種」を完全にクリア
している自分です。

本当に自分が悪いと思っているのなら、
自身のやったことに深く向き合い、
受け止めていくことです。

ここから、調和と和解への道が始まります。

一時苦しくとも、それは深い癒しと
安堵、解放と喜びへとつながる道です。

何十年と自分を責め続けることを選ぶのか。

相手も、自分をも解き放って調和する道を
選ぶのか。

意地もプライドもすべて捨てこそ、
生きる道もあるというものです。

明日、どんな自分として目覚めたいか。

どんな現実の待っている朝を迎えるのか。

すべて、自分の心ひとつですね。

あなた自身で、現実を創造していけるんですよ。

願わくば、あなたの生きる道が、
調和と喜びに満ちたものでありますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
10月25日(木)19:00~22:00(18:30開場)
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)満員御礼、11日(木)満員御礼、20日(土)、31日(水)
11月10日(土)、17日(土)、20日(火)残席1、28日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑰「内容未定」
11月3日(祝土)、11月14日(水)、10月25日(日)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 恐怖、絶望、悲しみを受け止める

  2. 裏切りの傷を統合する

  3. 嫌うほどに引き寄せられるもの

  4. 変わってしまうことへの恐れと頑強な抵抗

  5. 「ダメな自分」を拒絶し続ける在り方と「条件付きの愛」

  6. 「心の筋肉」と「識別力」を鍛える

  7. 自責の念と無価値感の奥にある秘密

  8. 生きることの苦しみ

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031