祈りとともに、自分に向き合う

8月22日(水)の感情解放ワークショップは
満員となりました。

8月18日(土)はまだ少しお席がございます。
感情の取り扱いにほとほと困り果てている!
という方はぜひどうそ!

http://healing-gate.com/blog/seminner/kannjyoukaihouworkshop/

さて。

昨日は感情解放ワークショップでした。

台風迫りくる中、ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました。

今回は初めての方たちと常連の方の
クラスでしたが、

初めての方はご自身の感情に触れていくことに
最初はとても恐れを感じていらしたようでした。

それを受け止めなければならないのは
頭ではわかっている。

でもどうやってそれをしたらいいのか
わからなかったり、そもそも触れても
大丈夫なものなのか?

ひょっとしたらパンドラの箱を開くように、
開けたら最後、収拾がつかなくなってしまう
のではないかと恐れていたり。

でも実際やってみると、自身の人生で
何が起こっているのか、どうして同じことを
繰り返しているのか。

止めたいと思っているのに、
なぜそういう言動をしてしまうのか。

そうしたことが一気にひも解けていきます。

そして、自分の感情に触れるというのは
どうやるのか、触れてみたときに
何が起こっていくのかを体験されます。

それまでどうやっても癒えなかった
心のしこりがとけ、緩んでいくことを
実感されると、もっと自分の感情を
受け止めていきたいと思われるのです。

ワークショップの最後には、
「受けて良かった~!」とおっしゃってくださり、
本当に私も嬉しく思いました。

辛い感情にも触れても大丈夫だし、
自身の内側でお迎えを待っている
感情のカケラ君たちは、
その瞬間を一日千秋の思いで
待っています。

早くボクを助けに来て!ってね。

そうしてやっと触れ合い、統合がされていくと、
とても深い安堵感と喜びの感覚が訪れます。

抑圧された感情に触れていく、
安全で無理のないやり方があるんですね。

それを、このワークでしっかり身に着けて
行っていただければと思います。

そうしてワークの基本が何となくでも
意識されるようになっていくにつれ、
段々と自身のより深いレベルが開いて
いくようになります。

自分の中の様々な矛盾や醜さ、
脆さや美しさなどに驚き、戸惑いつつも、
触れていくようになるでしょう。

そういうプロセスの中で、
どうしても受け入れられなかったり、
見ることのできないものも出てくるかも
しれません。

そういうとき、
私は常に、祈るようにと勧めます。

それを何とかして受け止めたいという意志や
勇気がその人の中に生まれるということ自体、
これは紛れもなく恩寵であると思うからです。

自分の意志ではどうにもならないこと
に対して、恩寵を祈るのです。

努力ができないことを嘆くのなら、
努力する力が自身の内に宿るようにと祈り、

恐れにすくみ上っている自分を
許せずにいるのなら、それを許し、
受け入れる力を与えてくださるように
人生を導く力に祈るのです。

もちろん、信仰のある方は
その対象に祈ればいいでしょう。

私のお伝えする感情解放ワークは、
私が祈りとともに自分自身に向き合い、
構築していったワークです。

それは単に抑圧された感情を解放する
ということのみが目的なのではなく、
深く自身の霊性から生きていく在り方を
実現するためのものです。

人生は、しばしば個我の力では
どうにもならないことが起こります。

そんなときこそ、個我の領域を打ち破って
より大きなものに自身を還元していく
チャンスなのです。

けれど、そのためには個我の枠組みを
打ち破っていかなければいけません。

それが、個我にとってはとても恐ろしいこと
に感じられるんですね。

だから頭でそうした方がいいとわかっていても、
ものすごく抵抗する。

恐ろしくて仕方がないからですね。

だからそんなときこそ、
祈るのです。

私に、このプロセスを超えていく力を
与えてくださいと。

そうやって純粋に祈る時、
私たちは自身のコントロールを手放して、
より大きな力が自分に働くことを
受け入れて行くのです。

この状況がどうにかなるように、
と結果だけを求めて他力本願で祈るのと、
上記のように祈ることの違いがわかりますか?

目の前の問題だけ消えてなくなればいい
というスタンスでいくら祈っても、
恐らくその願いが叶う確率は
とても低いのではないでしょうか。

両者の違いは、差し出されたメッセージに
耳を傾け、謙虚に、かつ真摯にそれに
応えようとしているのかどうか、
というスタンスの違いです。

メッセージに聞く耳は持たないまま、
目の前の問題だけどうにかなればいい
のではダメですからね。

ワークを通して、人生と深く対話することを
在り方として定着させていくよう、
私は繰り返し呼びかけています。

人生の極わずかな時間でも
私に出会い、関わってくださった方が、
何かしら自身の霊性に触れていく
きっかけになっていけたら、
とても嬉しく思います。

すべての出会いに、心からの感謝を。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 自身の根源に対峙する

  2. 「自分のせい」にして幕引きを図る構図

  3. 「心の筋肉」と「識別力」を鍛える

  4. 内なる声につながるために

  5. 在り方の変容

  6. 大嫌いな人が差し出す学び

  7. 人間の弱さと狂気

  8. 確かなものに碇を下ろす

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031