ハートの声を聴ける自分で在ること

近頃セッションをしていてしばしば出合う
パターンがあるのですが、それは、

自身が本当に感じているはずの感情や感覚に
触れられていないのだけれど、本人が
そのことを素直に認められない
というケース。

色々手を変え品を変え、問いかけの方法を
工夫しつつ、あらゆる方向から
「それ、感じられていますか?」
って確認するのですが、

こういう質問に対して正しい答えは
「感じられている」か「感じられていないか」
二つに一つしかありません。

けれど、自分が感じられていないという事実
を正直に認め、告げることのできない人は、
何だかんだと筋違いのストーリーや
思考の言葉を連ねて

「感じられません」と言うことを
徹底的に避けようとします。

別にワークとしては、感じられていないのなら
別のアプローチを取ればいいだけですし、
そのこと自体が1つの状態のサインであるので
次に取るべき道筋がわかる、と言うだけの話。

何ら問題もないし、悪いことでもないのです。

でも、「できていない」という事実を
どうしても認められない人がいます。

まぁこういう状態も、一つのサインなので
それなりに対処していきますけれどね。

事実を認めることに抵抗するほどに、
複雑さは増し、統合までの道のりは
段階をいくつも重ねていくことになります。

ただ、こういう受け答えをする方は、
自分が抵抗しているということに
気づいていないことがほとんどです。

だから、「それは抵抗ですよ」とお伝えして、
その奥には恐れがあり、恐れの奥には
心の痛みがあるので、その痛みをお迎えに行く
ことが大切だと説明します。

すると、半分くらいの方は
納得して開いていくのですが、それでも
何割かの方はそれを認めず、開こうとはしません。

抵抗し逃避する自分は、言ってしまえば
自身の美学に反するからですね。
逃避する自分になんて、なりたくないわけです。

自分が本当に逃げているのか、
ただ相手がそう決めつけているだけなのか、
その可能性をチェックする方法はあります。

セッションの中でも、それは必ずやるのですが、
そのチェックでハートの声が取れないときは、

自身のあらゆる側面に対してニュートラル
ではない、ということなので、
逃避、抑圧の可能性が高い、となります。

ほら、在るがままに聴く耳を持ててないよね、
って自分で確認してもらうわけです。

自身のポジティブ、ネガティブな側面に
対してニュートラルであれば、

どんなハートの本音の声を受け取っても
問題はないはずですから、
必ず声は聴き取れます。

けれど、都合の悪い事実を告げる声に対して
拒絶する気持ちがあると、ハートの声に
耳をふさいでしまうのです。

ハートは嘘はつけませんから、
「No」なら「No」としか言えません。
思考のように、頭で「Yes」に捻じ曲げることが
できないのですね。

となると、
ハートは沈黙せざるを得なくなります。

これがハートの声を聴けなくなる仕組みです。

こういう状態になっている方は、
自分が本当に感じているものを感じられて
いないし、自身のパワーと人生の導きが
やってくる深いところにもつながれていません。

だから常に不足感や不安感、無力感や
様々なもどかしさに苛まれます。

そうして、無意識にもそれを埋めるものを
外に求め、容易く心の隙を突かれて足元を
すくわれてしまいます。

構造的に、そうならざるを得ないんですね。

だからこそ、どんなに自分にとって
都合の悪い、見たくない側面であっても、
真実を認めない限りは先には進めないのです。

そこをおろそかにしてどれだけ先に進めたように
思えても、必ず差し戻されてくるでしょう。

まずはしっかりと自身の奥深いところに
根を下ろすように。

セッションの中で、ここに少しでも
触れられた方は、それまでいかに自分が
不安定に彷徨っていたかを実感されます。

外側の何かに根を張ることを求めるのではなく、
自分が根を張るところは、自身の内側にしか
ないのです。

あらぬところに筋違いの根を張ろうと
しないように、間違えないでいてください。

自身の内なるパワーにつながれている方は、
不必要なものを欲しがりません。

優越感を満たすものとか、ざわつく気持ちを
紛らわせる何かとか。

自分にとって本当に必要なものだけで十分に
満たされるからです。

一方で、つながれていない方は、
自分にとって「異物」になるような不必要な
あらゆるものを、ごてごてと身にまとい、
自身の内に取り込んでいたりします。

私には、それがエネルギー的に
とても不自然な異物として感じ取れるので、
セッションでは、それらを手放しても
大丈夫な自分を整えていくよう、
本人に確認しながら進めていきます。

このように、自分自身に深く向き合う作業には、
誠実さと正直さ、謙虚さや注意深さが
とても大切で、不可欠な資質になります。

かと言って、最初からこうしたものを
備えている人はいませんから、
常に意識し、磨いていくことですね。

私自身も日々、精進です。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 自殺をした過去世を持つ人の傾向と復活への指針

  2. 「異物」にされた自分の気持ち

  3. 人生の取説と設計図のあるところ

  4. 恐怖、絶望、悲しみを受け止める

  5. 「自分に向き合うこと」の真意

  6. 今ここで、自身の可能性が生まれていくのを見届ける

  7. 同情と共感

  8. 「種をまくに至った動機」を刈り取る

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031