愛を失うことへの恐れについて

愛って何だろうな~。。。

相手を失うのが恐くて
自ら関係性をぶち壊すような行動を
取ってしまうというパターンのセッションを
誘導していて、ふと思いました。

人を好きになると、その人の側にいたい
と思うのは自然なことだと思いますが、

相手がずっと自分の側にいてくれるのかどうかとか
本当に自分を愛してくれているのかと心配して
相手を試すようなことをするパターンって、
よく見かけますね。

そういう人に、あなたは相手をどう思っているの?
と聞くと、「私はその人を愛しています」って
答えたりします。

でも、相手を試している時点で、
それって愛なんだろうか?って思うのですよ。

試すってことは、相手が良く見えていないから
わからなくて信じられないので、試すことで
確かな答えを得ようとしてるわけでしょ?

しかも、こういう人に限って、試す前に
相手をよく知ろうとしていないのです。

真実を知ることが恐いから、見られないんです。
もし相手が私を愛していないとわかったら、
それは耐えられないと思っているから。
だから見たくない。

見たくないから見えない。わからない。信じられない。

でも確かめずにはいられない。
相手が自分を愛しているという証拠が欲しい。
そうでなけば、私は気が狂ってしまう。

そんな感じでしょうか。

この構図のどこに、愛があるんだろう?

どこまでも自分本位な責任転嫁の構図から来る
ニーズ(欲求)じゃないだろうか?

つまり、
私の気が狂わないようにするために、
あなたは私の側にいてほしい。
ってことですよね。

なぜ相手に自分の狂気の責任を
負わせようとするのだろう?

それは、自分で責任を取るべきもので、
相手には何の義務もないのに。

「だから私にはあなたが必要なの」
という論理は、依存であり責任転嫁以外の
何ものでもありません。

こういうものを愛だと思っていると、
相手も自分もダメにしていきます。

誰も幸せになんかなりません。

あなたが望んでいるのは、
そういうことなんでしょうか?

誰かに自分の心の隙間を埋めてもらうことを
求めている人は、多かれ少なかれ、
同じ構図を持っています。

その隙間は、人に埋めてもらう前に、
自分で埋めなければなりません。

互いに腐ってボロボロになっていく関係性を
ではなく、ともに生き生きと幸せになっていく
関係性を本気で求めるのならね。

けれど、誰かに埋めてほしいと思っている人は、
自分でその責任が取れるとは思っていません。
とても無理だと諦めていて、やろうとすら
していないのです。

でも、本当はその人にその力がないわけじゃ
ないんです。

一見、いかにもひ弱で頼りなさそうに見えたとしても、
その人の深いところにはちゃんとそれができる
力が眠っています。

ただ、それを発掘して磨いていないだけ。
ないと思い込んでいるから。

でもホントはあるんですよね。
セッションでも、本当にあるのかどうか、
色々なテクニックでそれを明らかにしていきますが、

ほぼみなさん、自分の課題を越えていく力は
ちゃんと持っていることに、自分で気づきます。

その力をはっきりと見るんですね。
でも、本人がその力を信じない。
疑っていることもよくあります。

相手も信じないし、自分も信じないわけです。

見えているのに、頑なに見ているものを
拒絶するのには、理由があるのでしょう。

どこかで何も信じない!と強く決意しているんですね。

そう決意するだけのことがあったのでしょう。

こういう状態を、見られるように、
信じられるようにしていくには、
信じない!と決意した元になった出来事まで
戻っていくことが必要だったりします。

信じたがゆえに、何かとても痛いことが
あったのだと思います。

けれど何より、これからも何ものをも信じないで、
真実から目を背け続けて生きていくのか、
そこはご自身で選択しなければいけませんね。

ここからクリアになると、
相手を深く見て、受け止められるようになります。

見ないでわからなくて不安になっていた以前とは
違って、ちゃんと相手の心の奥深くに触れて、
互いに交流できるようになるのです。

こうなったら、わからないということは
ないでしょう。不安になることもないでしょう。

信じるまでもなく、互いの思いを
確信をもって感じているでしょう。

自分の気持ちも、相手の気持ちも
逃げることなく受け止めていれば、

たとえ相手が自分の願うようではなかった
としても、それによって自分がショックを
受けたとしても、

痛みに自身を見失うこともなく、
相手の気持ちを尊重できるでしょう。

また、互いの思いが叶ったとしたら、
それはそれでさらに深く愛と信頼を
交わしていけるでしょう。

本当に愛の信頼関係を築いていきたかったら、
まずは自分自身に責任を取らないと、ね。

良かったら、こちらの講座もぜひどうぞ。
愛すること、愛されることに対する
恐れにみっちり取り組んでいきます!

「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
http://healing-gate.com/blog/seminner/supirityuarutokubetukouza15/



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「認識」と「可能性の制限」

  2. 愛と受容と忍耐力を育む学び

  3. 真実を生きることでもたらされるギフト

  4. 頭の信念がハートの真実を覆い隠す

  5. 分かり合えない理由を読み解く

  6. 人生を導く大きな力とパラダイムシフト

  7. エゴはなぜ変化を恐れるのか

  8. 加害者としての自分への気づき

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930