心の奥のブラックホール

人間、本気で生きていれば、多かれ少なかれ
挫折というものを体験するのではないかな
と思うのですが、

一度心が折れてしまうと、なかなかに
踏ん張りがきかなくなるのは
体と同じですね。

かく言う私自身、つい最近も大きな挫折があって、
この春から夏は、結構しんどかったですね~。

自分なりに歩んできた道のりが、自分の力では
どうにも乗り越えられない、実にならない
という状態になったとき、

ものすごくショックだったし、
どう自分を処したらいいのか
全くわからなくなりました。

このことはもう何年も取り組んできて、
何度も当たっては砕けということを繰り返して
来たのですが、それでもどうにかこうにか
持ちこたえていたのに、

ここに来て、完膚なきまでに希望が
ついえたようにすら感じました。

以来、しばらく心の底が抜けてしまったようで、
エネルギーが駄々洩れ状態になっていました。

そこから数か月、自分なりのワークや祈りの力
によって、どうにか先月位からまた
エネルギーが戻ってきた状態になりました。

ところがある人とのやり取りの中で、
まだ心の中に挫折のブラックホールが
ぽっかりと空いたままになっているのを
見つけてしまいました。

その感じをただじっと見つめていたのですが、
振り返ってみれば、2年前から別のことでも
近年ないくらいに大小の挫折を繰り返して
いるな、ということに気づきました。

これは、この挫折そのものを統合しなければ
いけないというサインなのだろうと
今更ながらに理解しました。

挫折を挫折として、私はまだそれを
生き切ることができていない
ということなのでしょう。

変にポジティブ解釈して、
きっとこの経験がいつか生きる時が来る
とか、そういう捉え方もあることは
重々承知していますが、

ここで私がすべきなのは、そういうこと
ではないのだろうと思ったのです。

ただ在るがままに、意味づけをしないで
この体験を通過すること、なのだろうと。

いつかこれが糧になる、というのは、
結果論です。今はその論理は必要ない。

挫折は乗り越えるものとか、
そこで動けなくなることを恐れると、
挫折を在るがままに通過することは
できなくなります。

ただ、胸にぽっかりと空いた
ブラックホールの感覚、虚しさ、無力感、虚無感、
あらゆる感情や体感覚から離れずに、
気づき続けていきます。

一切の言い訳をせず、自分も何ものをも責めずに。

そういうものを感じても、本当は大丈夫
なんですね。ちゃんと呼吸しながらやれば
本当に動けなくなったりはしません。

すると、胸のブラックホールが明るくなり、
ふっと軽くなりました。

挫折も、他の様々なネガティブな感情と同じで、
何かですり替えたり無かったことにしたり
しないで、そのまま生きてしまえば
こじらせないで済むのですよね。

変に抑圧したりして逃げるから、
逆にそこから出られなくなってしまうのです。

私は、これまで数多の人生で、
どれだけの挫折を経験してきたのだろう。

軽くなったとはいえ、まだ残っている
胸のブラックホールをどこまでも
深く深く辿りながら、そんなことを
考えました。

一度心が折れていると、どうしても
そこで踏ん張りがきかなくて、
容易くまた折れてしまう、持ちこたえられない
ということがあります。

私の物凄く諦めの速いという心の癖の原因
にもなっているので、丁寧に意識的な
リハビリをしなければいけません。

クライアントさんの中にも、おそらく
挫折の傷だろうと思われるテーマをお持ちの方が
いらっしゃるのですが、核心に触れることが
なかなかに難しかったりします。

意識がどうしてもそこに向くまで、
もたないんですね。

飛んでしまって、見るべきところから
すぐに外れてしまうのです。

こういうケースで解放ワークをするときは、
意識がポイントから外れてしまう直前の
ギリギリのところで感じている苦痛を
うまく拾えるかどうかがカギになります。

だから、ものすごく繊細で注意力のいる
作業になりますね。そういう意識操作が
できるだけの力がある程度ないと、
難しくなる。

このあたり、セッションではもう少しハードルが
下げられないかな、と試行錯誤中です。

まぁそれ以前に自分ですね。

挫折のショックも、自分が壊れていくような感覚も、
叫びも、余さず気づき、感じ続け、
自分を通過させていきます。

自分がかつて何者かに放った恨みも呪いも、
全部自分に引き戻して、責任転嫁せず、
ただただ自分に起こっていたことを生き切ります。

私という存在のあらゆる領域で生じていた
ズレが、バキバキと音を立てて戻っていきます。

そうしてやがて、ブラックホールが別のものに
なっていました。もはやそれは底なし沼では
ありませんでした。

明るく輝く光の渦になっていました。

あと少し、ハート周辺の処理をすれば、
随分違ってきそうです。

さて、少しは踏ん張りが利くようになるかな。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村


※サロンは今月29日から10月2日まで
お休みを頂きます。メールのご返信は
通常通り24時間以内にさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
9月25日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)、11日(木)残席1、20日(土)、31日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑮「恐れなく愛し、愛されるためのワーク」
9月8日(土)、17日(祝月)、27日(木)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「自分が悪者になりたくない」というズルさ

  2. 愛を失うことへの恐れについて

  3. 刃に刃で応える前に

  4. 怒りの本質

  5. 「対処不能」のラベルの剥がし方

  6. 後悔と未練と心の隙

  7. 混乱した気持ちを受け止める

  8. 呼吸とともに、自分を開く

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930