唯一無二の自分を生きる

自分の人生を引き受けるって、
なかなかのことだなぁと思うのですが、
どんな人生も、簡単ということは
ないのですよね。

傍から見て、悩みなんてなさそうに思えても、
人知れず抱えているものは本人にしか
わからないわけですし、

同じような状況でも、本人の感受性によって、
ものすごく辛く感じることもあれば、
大したことには感じない人もいる。

その人生を、どんな風に感じて生きているかは、
本人だけがわかること、なわけです。

その人がそのことをそのように感じている、
というのは、唯一無二のことで、誰にもそれを
「あなたは間違っている」と言うことは
できません。

けれどもしばしば私たちは、
自分の感じ方が違うのか?と疑念を抱き、
人に意見を求めては、それが自分と大きく
かけ離れたりしていると、

自分の感じ方を否定して、人の感じ方で
生きようとしてしまったりします。

これが大きな苦しみを生む
誤りの元なんですね。

私はこのように感じた、というのは
自分の世界での紛れもない真実です。

これを否定して、どうやって自分の人生を
自分らしく生きることができるでしょうか。

たとえそれがどんなに社会常識にはまらないもの
であったとしても、いったんは在るがままに
受け止めることで、

この自分として、この世界に対峙できるように
なるのではないかな、と思います。

感情解放ワークでも、セッションを誘導していて
たまに「こんな風に感じるんですけれど、
まちがっているかもしれません」と、

自分の感じているものについて、
「正しいのか正しくないのか」を非常に
気にされる方があります。

でも、今自分が感じていることに、
正しいも正しくないもないのですよね。

どんなに曖昧で微妙な感覚や感情であっても、
ぼんやりとこんな風に感じられるような
気がする、と認識しているのなら、
「そう認識している」ということは事実です。

ワークを誘導する側としては、
そういう事実から、色々読み取れるものがあり、
それに対してアプローチしていくわけです。

その人が何をどのように感じようと、
ワーク自体には何ら問題はありません。

このように、「正しく」答えようとする方は
自分が間違うことに対して、大きな恐れを
持っています。

決して間違ってはならない、と常に
「より正しそうな答え」を探しています。

何を基準にした正しさなのかと言えば、
多くの場合、誰かに受け入れられる基準
ということが多いような気がします。

けれど、親やパートナー、コミュニティの
人間関係などに受け入れられる正しさを
基準にしてしまうと、

自分自身の真実から切り離されて、
自分を見失ってしまいます。

自分がお留守になった状態で
いかに「より良く」生きようとしたとしても、

そこに自分が不在ならば、その「より良く」は
一体誰にとってのものなんでしょうか。

自分基準を持つことを恐れる人は、
自分の選択の結果から逃げています。

つまり、自分を表現したときに返ってくる
様々なリアクションが恐くて仕方がない
ところがあると思います。

過去に、なにか辛いリアクションを
受け取ったことがあり、それがわだかまりとなって
以後、その辛さを避ける選択をし続けている
のだと思います。

たとえば、自分がこんなことをしたから相手が
辛い思いをした。そんな相手の姿を見るなんて
もう二度とごめんだ!だったら自分を表現
するなんて、しなくていい。

こういう選択なんですね。

ですから、こういう方が自分基準にシフト
していこうとしたら、辛いリアクションを
受け止められる自分を整えることです。

ちゃんとリアクションを受け止めて、
そこで自分に為すべきことがあるのなら、
逃げることなく粛々と応えていけば
いいのですよね。

受け止めがたい反応によって、
動揺・混乱してその出来事を放り出して
逃げなくてもいいのです。

それとは別の可能性があるのであり、
どんなにこじれた出来事も、

自分の在り方を整えることで
調和への道筋は開けていくもの
だと思います。

だから、自分の感じ方を捻じ曲げ、
抑圧するのではなく、失敗も成功も引き受けて、
堂々と自分の感じ方で生きていけばいい。

そんな風に思います。

どんなに偉い人、力のある人、信頼する人が
言ったことであったとしても、

こういう感じ方をする自分にとって、
自身の人生にとってその言葉が有効なのか。

常に吟味する習慣を持ちましょう。

そういう自分自身との対話が、
唯一無二の「私」の人生を導いていってくれます。

あなたの人生に、喜びが満ち溢れますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
10月25日(木)19:00~22:00(18:30開場)
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
10月6日(土)満員御礼、11日(木)満員御礼、20日(土)、31日(水)
11月10日(土)、17日(土)、20日(火)残席1、28日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●特別講座⑯「自身の人生の舵取りを責任を持って実行するためのワーク」
10月8日(祝月)、10月17日(水)、10月27日(土)
各回ともに10:00~16:00

●特別講座⑰「内容未定」
11月3日(祝土)、11月14日(水)、10月25日(日)
各回ともに10:00~16:00

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「可哀想な人」

  2. 無力感・無価値感と健全なるパワー

  3. 感情解放ワークショップ(9/15)ご報告

  4. 自分自身の真実に至るプロセス

  5. 「後ろめたい自分」から「誇らしい自分」へ

  6. 混乱とパニックの受け止め方

  7. 固執しない軽やかな心

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930