魂を洗う旅④

関西方面の旅の報告第4弾です。

3日目は午前中に貴船・鞍馬を回ったので、
午後は比叡山に向かいます。

叡山電鉄の宝ヶ池駅で八瀬比叡山口駅を目指し、
そこからケーブルカーとロープウェイを乗り継いで
比叡山頂へ。

ロープウェイから眼下に広がる京都の町並みは
碁盤の目がくっきり見えて美しかったです。

山頂からは山内のシャトルバスが東堂エリア、
西塔エリア、横川エリアをつないでいます。

坂本エリアは東堂からケーブルカーが出ていますが
ちょっと遠くなるのでここは省略。

これらのルートで行くときにちょっと注意
しておかなければいけないのは、
それぞれの乗り継ぎの時間。

叡山ケーブルとロープウェイを乗り継いで
比叡山頂につくと、シャトルバスの乗り場まで
結構歩くのです。

記憶は定かではないのですが、坂のある道を
10分くらいかな。

にもかかわらず、バスが比叡山頂を出るのが
ロープウェイが山頂に到着してから10分もない位
という何とも連携の悪い時刻表なのです。

私はあらかじめパンフレットをもらって
それを確かめていたので、ロープウェイが
到着してから山頂の景色を眺める間もなく
ダッシュでバス停に向かいました。

もたもたしてると、次のバスは30分後
だったりします。

このことを知ってると思われるおじさんも
前を走ってましたね。(^^;

そんなこんなでギリギリでシャトルバスに
乗り込み、東堂エリアで下車。

いよいよ延暦寺に着いたんだな~と、ここまで
慌ただしかったので、やっと感慨が湧いてきました。

東堂エリアには大講堂や根本中堂、阿弥陀堂、文珠楼などがあります。

ここの大黒堂にもあがらせていただきましたが、
なかなか良かったですよ(^^)

こちらは文珠楼。こ~んな高い階段を上がったところに
あります。ほんとにお寺ってバリアフリーじゃないんですよね(^^;

有名な根本中堂は現在は修復作業中で、観光用の足場が
組まれてそこから檜皮葺の屋根などが間近に見られます。
1200年間ともり続けているという「不滅の法灯」が
あるのもここですね。見られないけれど。

こちらは阿弥陀堂。何となく、このエリアと空の感じというか、
空気感がいいな~と思いました。

東堂エリアから西塔エリアはシャトルバスで5分
だそうですが、歩いても20分くらいで行ける
ようなので、折角なので歩くことにしました。

歩いてみて良かったな~と思ったのは、
この道はあの千日回峰行で行者さんが歩く道の
一部なんですね。

石灯籠が並ぶ山道はなかなか雰囲気があって
素敵でした。

ただ、石段の段がものすごく高くて、
よっこらしょって感じになるんですけれど、
行者さんはこれを駆け下りるんだろうな~。
ホントすごいです。

途中、十二年籠山行をしている僧が毎日、
生身の大師に仕えるごとくに奉仕しているという
浄土院もあります。

比叡山の中でも何となく雰囲気が特別で、
ちょっと違う感じがしました。

山道では作務をしているお坊さんたちがいて
ご挨拶したり、なかなかほのぼのとした心地で
歩いておりました。

でも、あの石段を思うと、足の悪い方はこの道は
避けた方が無難かもしれません。

そうして歩くこと20分。
ようやく西塔エリアにたどり着きました。

ここには同じ形をしたお堂が廊下で繋がっている
通称にない堂と言われるお堂や、釈迦堂などが
あります。

ここまで、時間を気にしながらもそれぞれ
上がれるお堂には多分全部上がって、参拝させて
いただきました。

台風の影響もあったのでしょうが、
お山全体が激しい風雨で洗われて、
遅い時間だったにもかかわらず、人も少なく、
清浄な空気が満ちていて心地よかったです。

多分、通常だったらもっと人が多くて
ザワザワしていたんじゃないかな、と思います。

そういう意味でも、どこのお堂でも
心地良く参拝し、お祈りさせていただけましたね。

比叡山は行こうと思ったことはなかったのですが、
今回来られて本当に良かったです。

1200年の間人々が祈りを捧げ続けた場所の
エネルギーというのは、なかなかにすごいものが
ありました。

お堂でご本尊に向かうと、自然に心が
静かになって、その向こうの積み重ねられた
祈りのエネルギーの中に自分が溶けていく
ような気がしました。

今まで様々なところの神社仏閣をお参り
してきましたが、こういう感覚になったのは
初めてかもしれません。

そういう意味で、「観光」ではなく、
祈りをささげる「参拝」に来られて
良かったと思うのです。

そうして、西塔エリアから再びシャトルバスに
乗って比叡山頂のロープウェイ乗り場へ、
そして叡山電鉄で出町柳へと戻ります。

もうここまででかなりヘロヘロだったのですが、
出町柳と来れば下鴨神社に寄らないわけには
いかない、ということで最後に下鴨神社と
すぐ近くの妙音弁財天にお参りしました。


世界遺産の糺の森も、まだ倒木があちこちにありましたが、
参拝には問題ありません。

夜の帳がそろそろ降りてこようとする頃、
金木星の香りを含んだ風が心地よかったです。

今日のラスト。妙音弁財天。

あまりよく知らないまま人の勧めで参拝したのですが、
じっと本堂に手を合わせて感じて見ると、
龍のエネルギーを感じます。それも青い。

と思ってふと周囲を見ると、青龍の文字が。
当たった(笑)

それはともかく、実はこの日は時間に追われて
このコースをこなすのに必死な感じで、
お昼もろくに食べていなかったので
本当にヘロヘロでした。

何が私をここまで駆り立てるのか。。。(^^;

そうしてどうにかこうにか宿に戻ったのですが、
この距離を歩いても、ご飯を食べたら割と元気でした。

やっぱりお山のエネルギーをいただいたからかな。

明日は最終日。少しはゆっくりしたいものだと
思いつつ、結局最後まで、私を駆り立てる
エネルギーは緩められることはありませんでした。

鬼やね。笑

⑤に続く。ただし明日は無料遠隔ヒーリングなので
その翌日に。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 本当に望むことを望み、求める

  2. 一なる命の呼びかけ

  3. 神の愛

  4. 人生の優先順位

  5. 自分の弱さを引き受けて、相手に向き合う

  6. 人生の神秘が開示されるところ

  7. 凪と変容

  8. 信頼する力を育てる

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031