混乱の下に隠された感情

感情解放のワークで、多くの方がなかなか
捉え難く、苦手とするエネルギーに
混乱やパニックがあるのですが、

あっても強烈に抑圧して認識できていなかったり、
すっかり巻き込まれてしまって、
1人でワークすると手こずってしまうことが
多いようです。

混乱してしまうと、目の前のことに対処
できなくなってしまうとか、
自分を見失ってしまうなどを恐れて
「あってはならないもの」として
無かったことにしてしまうのですね。

でも、ヒーリングをすると、このエネルギーが
体の中に今にも噴き出さんばかりに
溜め込まれているのをしばしば見かけたりします。

こういう抑圧されたエネルギーが、
今現在の私たちの行動や判断力を誤らせたり、
鈍らせたりすることがあるのです。

混乱して頭が真っ白の状態で、
いくら抑圧をしたとしても、
正常な判断や適切な行動がとれようはずも
ありませんからね。

こういう感情を受け止めていこうとするとき、
注意しなければいけないのは、適切なペースで
受け止めていくことです。

いっぺんにやろうとすると、そのエネルギーに
飲み込まれてしまったり、意識をしっかり
自身の体に保っていられずに、
どこかに飛んでしまったりするので、

圧力鍋の圧を抜くように、噴き出すエネルギー量を
自分が無理なく受け止められるボリュームに
調整しながら行うことがコツです。

そうすると、とても対処できないと思えた感情も、
このくらいなら自分にもできそう、
というものになっていきます。

早く楽になりたい人ほど、いっぺんにやろうとして
結局感情のエネルギーに飲み込まれてうまくできない
ということがあるので、ここは急がば回れで
丁寧に自分のキャパを見極めながら進めていきましょう。

こういう見極めや段階を踏むプロセスを進めていく
ことは、自分を丁寧に見ていないとできませんね。

ろくに見られていないのであれば、
そもそも触れられないし、
触れられても明後日の方向を見ていては、
こうした繊細なプロセスをこなしていくことは
到底できません。

そして、しっかり見るには、対峙して見ることの恐れに
適切に対処できていなければいけないので、

ただ単純に自分のキャパに合わせてエネルギーを
調整しながら感情を受け止めるということの中に、、
とても多くの要素があるわけです。

ざっくりと捉えていた対象をもっと詳細に見ていくことで
わかっていくこともあるし、別の捉え方ができて
道が開けていくこともあります。

苦手な感情ほど、よく捉えられずに何となくの感覚
になってしまうものですが、少しずつ受け止めて
抑圧したエネルギーのチャージが少なくなってきたら、

一歩踏み込んで、さらに自分が避けようとしていた
最も苦手なところを見ていくといいと思います。

多分、それを見られるようになっている頃には、
以前ほどそれを恐れていない状態になって
いるでしょうから、

なぜ自分がそれほどまでに
それを避けようとしていたのか、という
核心まで見ていけると思います。

たとえば、あることで人並み以上に混乱して
しまって、自分ではどうにも対処できない
というようなことがあったとします。

まずは、混乱してしまった状況を思ってみて、
湧き上がってくる感情のエネルギーを
少しずつ受け止めてチャージを減らしていきます。

すると、その混乱のエネルギーが最初に
抑圧されたストーリーを詳細に見ていける
ようになります。

なぜそんなにも混乱してしまうのか、
というその理由が生まれた場面のことです。

何か失敗をしたときに、大人にものすごく
きつく叱られたことがとてもショックだったり
悲しかったり、悔しかったりして、

それらがないまぜになった感情が当時は
とても受け止めきれなかったのかもしれません。

こういうストーリーが、今この瞬間感じている
感情をじ~っと感じて辿っていくと、
出てくるんですね。

あぁ、昔親にこっぴどく叱られて辛い思いをした
ことがあったな~とかって、何年も思い出すことも
無かったような場面がひょっこり出てきたりするのです。

そうしたら、この場面で感じていた
強いショックや悲しみ、悔しさ、惨めさや怒りなどを
順番に受け止めて統合してあげればいいんですね。

そうすると、混乱のエネルギーと、その下に
絡み合うようにして固められた諸々の
未消化の感情が解け、統合されていきます。

ちゃんと統合まで行くと、
その出来事を思い返してもまったく嫌な感じはなく、
落ち着いて、そんなこともあったな、くらいに
冷静に見ることができるようになります。

混乱の感情は、他の感情の上に覆いかぶさって
隠して見られなくしてしまうことが多いので、

まずは混乱を処理してからその下にあったはずの
諸々の感情を順番に受け止めていく、
というのがワークの定石になります。

きつい出来事だったのに、その時の感情が
うまく捉えられないな~と思えたら、
まずは混乱していなかったかな?と
確認して見るのもいいでしょう。

捉え難い感情ですが、
コツをつかめばそれほど難しくはないので、
ぜひ心に留めておいてください。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
11月23日(祝金)17:00~20:00(16:30開場)
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
11月7日(水)、10日(土)、17日(土)、20日(火)満員御礼、28日(水)
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)


詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 埋もれていた気持ちに気づき、認め、告白することの癒し

  2. 痛みの反応としての怒り

  3. なぜ過去の感情に向き合うのか

  4. 偽りを手放して得る自由

  5. 自身の在り方をどう選択するのか

  6. 未来への期待とプレゼンス

  7. 愛情の陰に隠れたコントロール

  8. 当事者意識をもって自分に向き合う