自分軸の探究

今日はお知らせから。
11月の特別講座なのですが、
諸々思うところあって、
お休みすることにしました。

ご予定くださっていたみなさま、
大変申し訳ありません。

ここのところ、私の中で起こっている変化や
消化しなければいけないものがどっと
やってきていて、調整する必要が出てきました。

ワークショップや個人セッションは
これまで通りにやっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、今は断捨離と新しいものを迎えるための
準備で自分の中をひっくり返している最中です。

断捨離するにも、新しいものを迎えるにも
「基準軸」がなくてはなりません。

私は自分がとても揺らぎやすいことを知っています。
本当に容易く影響され、しょっちゅう自分を見失う。

色々考えていたら、
これまでのような軸の立て方ではなく、
もっと違った立て方があるのではないか、
と思いました。

それは、ただ地面に軸をブスっと突き刺すような
やり方ではなくて、

天と地と水平方向、あらゆる方向から
支えてもらうような軸の在り方です。

ある意味、
あらゆるレベルからの必然性がぴったりと
はまったポジション、と言えます。

ヨガでアーサナをするときはいつも
このことを意識しながらやっているのですが、
日常の在り方にも当てはまるよね~と、
書きながら気づきました。遅い。(^^;

なんでこんなことを考えたのかというと、
このところ、自分の未熟さや不完全さを
思い知らされることが続いていて、

それもまた捉えようだということは
頭ではわかっているものの、
どうもすっきりしない状況が続いていました。

なぜ自分はこんなにも欠けていて、
至らず未熟であり、不完全なのだろう?

けれど、そういう不完全さを努力して
克服していく営みにも、どこか
倦んでいるようなところがあって
身が入りませんでした。

もちろん、努力して克服し、成長していく
営み自体を否定するつもりは全くありませんし、
これからも、私はそうするでしょう。

ただ、今のまま、足りないと思えるところを
克服していくための努力をすることは
どうにもできそうもないな、と感じたのです。

それに、足りないと思えるような要素も、
別の人生では十分にできていたり、
人並み以上の能力があった記憶もあるので、

きっと今生では「足りない」「無い」ということ
自体に、何らかの魂の意図があるんじゃないか、
なんて思ったのです。

ある人にとっては相当な努力を重ねても
できないことが、別の人はいとも簡単に
すいすいとできてしまうことって、
ありますよね。

もちろん、そういう才能も、過去世からの
積み重ねがあるということもあるのでしょうが、

ではみんながみんな、できないことについて
努力できるか、というとそうではないわけです。

私は努力もある種、才能だな~と思っている
ところがあって、人によってできる努力の
種類や質があるような気がしています。

ものすごくハードにバリバリ自分を鍛え上げる
努力ができる人もいれば、

コツコツちょっとずつを人並み以上に
続けられる人もいる。

両方ができてしまうツワモノもいれば、
両者の間の無数のグラデーションの努力の形が
あります。

もちろん、ろくに努力なんてできなかった人が
あることに出合ってからは見違えるほど
努力するようになるってこともあり、

「自分ってこういう人間」って決めつけて
自分に制限をかけないようにしたいものです。

話がそれました。

何が言いたいのかというと、
努力することに身が入らないのは、
その時本当に進むべき方向に出合っていない
のではないかな、と思ったのです。

不完全な、この形の自分であるからこそ
できることがあったり、あるポジションにおいては
それが有効であったりするのではないか。

であるならば、一見不完全に見えるこの私が
完全に機能できるような状態とは
一体どんなものだろうか?

そうなるための努力を厭わずにできる
方向性とは何か?と考えたときに、
先の軸の在り方に思い至りました。

私には、多くの人が普通に在るものがない、と
ある人から指摘されたことがあるのですが、
それをこれから作るという方向性は
どうにも考えられませんでした。

それよりも、無いことの意味や理由を
辿って行った方が、自分にしっくりくる
在り方にたどり着けそうな気がしたのです。

そうして、じっとその方向性を見つめていったとき、
自分の中の軸は、きっとこれ以外にあり得ない
のだろうな、というイメージが降りてきました。

それに関しては、まだ戸惑いがあるし、
先の「全方向に支えられる軸」というのとも
微妙に意味合いが違ってくるのだけれど、

いずれにせよ、自分が正しく機能するポジション
の探究はまだまだ続きそうです。

また、みなさんのお役に立てるようなものが
提供できるよう、精進してまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 試練と崩壊と恩寵と

  2. ミッション

  3. 枠組みから外れた欲望を昇華させる

  4. 侮ることなかれ

  5. 癒しと変容がやってくるところ

  6. 自分自身の小さな変化を喜び、祝う

  7. 魂を洗う旅①

  8. 魂を洗う旅⑤

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031