自身のルーツにつながる感謝と祈り

おとといは満月の瞑想会だったのですが、
ちょうど新嘗祭ということで、みなさんと一緒に
感謝の祈りを捧げていきました。

自身に与えられた無数の恩寵。
それを与えてくれた見えない力に
心を寄せると、鳥肌が立つくらいの
圧倒的な何かを感じたのですが、

そのときに、感謝をささげることの
意味を、以前よりもほんの少し、
感じられたような気がしました。

見えない力は、私たちの感謝の祈りを受けて
再び創造の力を新たにする。

そんな循環なのかもしれないな、
と感じました。

本当は、創造の力はもっともっと
こちら側の世界に現したい、与えたいものが
あるのに、それを受ける側の私たちに
圧倒的に準備が足りていない。

そんな風にも感じ取れました。
(あくまで個人的な感覚です)

見えない世界のあちら側と、
私たちのいるこちら側。

かくり世と、うつし世。

どちらか一方だけでは
在り得ない。

表裏一体のもの。

私たちは、いつの頃から
あちら側の世界を切り離し、
無いものとしてきてしまったのでしょうか。

日常の中で、あちら側を自然に感じ、
呼びかけながら生きてきた先祖たちの在り様を、
私たちの多くが取り戻していくときに
きているのだろうな、と思いました。

今、多くの人が自身の生きている世界に対して
どこか現実感を感じられていないのも、
こうしたこととまったく無関係のこと
ではないのだろうと思います。

見えない世界は、私たちが今こうして在ることの
根っこでもありますからね。

今なぜ自分がこうであるのか。
これからどうしていけばいいのか。
生きるとはどういうことなのか。

自身をこのように在らしめている力に
感謝をささげることは、

誰もが抱くこうした問いに
答えをくれるような気がします。

その力は決してどこか遠い世界の話
ではないし、概念の世界のことでも
ありません。

実際に、いまこの瞬間にも働き続け、
感じられる力です。

自身の一挙手一投足にその力を感じながら
日々を過ごすことができたならば、
その在り様は祈りそのもの
になるのでしょう。

我としての自分を超えて、
もっと大きなものの一部として
この自分が在る。

そんな感覚で生きることができたなら、
その大きなものに支えられて、
一人で背負い込んでいた重荷も下ろすことが
できるでしょう。

人生が苦しく感じる時は、
とかく狭い世界で一人閉じこもっているような
意識になっていることでしょう。

誰も助けてくれない。
独りぼっちだ。
世界から自分一人が切り離されている。

狂おしいほどの孤独と淋しさ、
或いはやり場のない恐怖を感じて、
固まってしまうのです。

そういう時こそ、
隔離されたと思っていた世界と
自分自身のつながりを意識して
見つけ出すことが、在るべきところに
戻っていくための鍵になるでしょう。

そのつながりこそ、
今こうして自分がここに在る、
という事実であり、

この現実を支える無数の恩寵に
気づいていく、ということなのです。

決して自分は世界から忘れ去られてはいない。

片時も休むことなく、世話をされ続け、
与えられ続けている存在であるということは、
概念ではなく、まぎれもない「事実」でしょう。

その事実に、感謝をささげるのです。

そのとき、自分自身の存在の根っこに
繋がります。

この世界で人生を生きることを拒絶している人は、
しばしば根を張ることを拒否しているところが
あると思います。

こんな地獄に根を張ってしまったら、
もっと苦しくなってしまう。

だから根っこなんて張らずに、できるだけ
恐ろしい世界に触れないようにして生きよう。
そんな風に考えるからでしょう。

私自身もかつてはそういう風に意識、無意識的に
考えていましたが、やはりそういう生き方も
楽ではないのですよね。

生きる力がどうしても弱くなりますから。

まずは自分自身がこうして在るということを
受け入れることが、スタートなのかな、
と思います。

それがどんなものであろうとも。

家との関係性が良くない方も多いですが、
だからこそ、自分が深く根を張ることが
できたなら、

自分に連なる存在たちすべてにその恩寵は及び、
変化するのです。

なにもそういう存在たちのためにそうしろと
いうわけではなく、そうなることで何より
自分自身が楽になるし、幸せになります。

感謝できないものの中に、
心からの感謝の要素を見出した時に、
地獄が本当の楽園に変わります。

自分自身の根っこをしかと張り、
感謝によってルーツとつながることは、

人間が人間として健全に生きていくうえで
とても大切なことだろうと思うのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 被害者と加害者の学び

  2. 直感に従う

  3. 愛と使命について

  4. 人生の神秘が開示されるところ

  5. 魂を洗う旅③

  6. 「きざし」の内に応答する

  7. 枠組みから外れた欲望を昇華させる

  8. 静まる意識とそのパワー

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930