自分が何を感じられていないのかに気づく

心の深いところで自分自身を許していない。
そんな思いを人知れず抱いている方、
少なくないですね。

ご本人すら、気づいていないこともしばしばで、
色々お話を掘り下げていってはじめて、
あぁ、私は自分自身を罰し続けていたのだな、
と気づいたりするのです。

なぜそんなにも自分を罰し、許せないでいるのか。

原因となる出来事が今世のこともあれば、
過去世にあったりすることも珍しくは
ありません。

そんな過去世なんて、わかるわけないじゃないか、
っていう方もいらっしゃいますけどね、
わかるんですよ。とっても簡単にね。笑

端からわからないと決めつけている方は、
どこかで知ってしまうことへの恐れが
あるだろうと私は思っています。
(ご本人は否定されるかもしれませんけど)

そういう方は大抵、私が「そんなの簡単に
わかりますよ。やってみましょうか?」
って言うと、ほぼ100%断りますね。

わかると言っても、私がリーディングして
お伝えするわけじゃありません。

今感じているものの感覚を辿っていくことで、
自分でわかるんです。

感覚を自分で閉ざしていなければ、
かなり詳細なところまではっきり出てきます。

ワークを体験された方はよくご存じだと
思いますけれど、初めての方は結構
驚かれますね。

今世の、インナーチャイルドの経験が
出てくることもありますし、

過去世でしてしまったとても辛い体験の記憶が
出てくることもあります。

いずれにせよ、その時に癒しが必要な
ストーリーが出てくるわけです。

同じ人でも、今回はインナーチャイルド、
2回目は過去世ってこともあります。

何度も同じ過去世に戻っていくことも
ありますし、同じテーマの違うストーリーを
幾つも見る方もあります。

いずれにせよ、自分が受け止められなかった
ものを本当に受け止めきるまで、
必要な場面が出てくるわけですね。

そのときそのときで、自分自身の受け止める器も
変化していきますから、1年前では到底
受け止めきれなかった重いものが
ようやく出てこられるようになった、
ということもあります。

そのたびに、心の奥に隔離してきた
自分の一部を取り戻していくのです。

それは、自分を深く深く愛していく
プロセスです。

こんな自分は嫌だ、愛されない、嫌いだ、
と拒絶していた思いが消えて、

いかなる私も、
受け入れよう。
抱きしめていこう、
目をそらさずに見つめよう
という在り様に変化していくのです。

そして、その思いをどれだけ
実践できるようになっているか。

毎瞬、自分に問うことでしょう。

自分に向き合うプロセスがしばしば苦しく感じるのは、
逃げてきた感情を受け止めるということ以上に、
受け入れがたい自身の側面を見ざるを得ない
からでしょう。

特に、理想の自分像を強く持っている人ほど
現実の自分との間の葛藤は激しくなります。

そんな自分を受け入れられない、という自分を
また責めてしまったりしてね。

そうなると、自分の首を自分で絞める
ネガティブスパイラルにはまってしまいます。

そういう人に共通するのは、
味わいたくない感情への拒絶がものすごく
強いこと。

たとえば、惨めさ、敗北感、無力感、絶望、
情けなさなどなど。

そういう自分を無様だ、と切り捨てて
けなし、軽蔑すらする。

そうでもしなければ、恐ろしすぎて、
とてもそんな自分の姿を見られないんですね。

そう、その人は、そういう自分を
むちゃくちゃ恐れているんです。

恐れているという事実を認めることが
大切です。

けれど厄介なのは、恐れを抑圧している人は
自分が恐れている、ということに気づけないのです。
恐れがあっても、まるで認識できない。

恐れてはならない、というプログラムを
解除するプロセスが必要だったりします。

いずれにせよ自分に向き合うときに
大切なのは、自分が何をどう感じているのか、
ということを認識する以上に、

自分が何を感じられていないのか、
に気づくことであると思います。

認識できていないものに気づくことは、
より高度な意識の使い方を要求されるからです。

ちょっとコツは要りますが、
でもできないことではありません。

あらゆる可能性に自分を開いて、
頭で決めつけずに注意深くチェックしていけば、
必ずわかります。

まずは、自分がハートの声を聴ける状態なのか
聴けていないのか。

そこが曖昧でよくわからない方は、
間違いなくどこか感覚を閉ざしたところがあります。

閉ざすことで自分を支えている在り方から、
閉ざさなくても自分を支えられる在り方に
変えていけるのだとしたら、
それを望むでしょうか。

頭で答えるのではなく、
肚の底からYes!と答えられるのなら、
ぜひセッションやワークショップを
受けてみてください。

あなたがずっと閉ざしてきた自分自身に
出会っていくでしょう。

そしてそのことは、
本当に自分自身の人生を生きていく
スタートの一歩です。

あなたの人生が、生き生きと脈動していきますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
12月23日(祝日)17:00~20:00(16:30開場)
2019年
1月21日(月)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2018年
12月4日(火)、8日(土)、12日(水)、22日(土)
2019年
1月5日(土)、9日(水)、14日(祝月)、23日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑰ 「深い諦めの傷を癒し、本当の願いに命を吹き込むワーク」
12月2日(日)、15日(土)、26日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑱ 「自身のギフトを存分に発揮して 多くの人を幸せにするためのワーク」
2019年
1月12日(土)、26日(土)、30日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. ブレブレな自分の軸を取り戻す方法

  2. 「痛い自分」を見るショック

  3. 手を差し伸べるために「厳密に見る」

  4. 開かずの封印を開くコミットメント

  5. 核心の在り処

  6. 愛と受容と忍耐力を育む学び

  7. 自責の念と無価値感の奥にある秘密

  8. 自身の真実を受け入れることへの抵抗

おすすめ記事

  1. 体験者の声

    感情解放ワークショップ(8/4)ご報告
  2. 感情解放ワーク

    嫉妬に悩んでいる人へ
  3. 霊性

    恩寵とサレンダー
  4. 日々の気づき

    親であること、子であることの祝福
  5. 今この瞬間、プレゼンス

    エゴの本質
  6. 感情解放ワーク

    「心の筋肉」の鍛え方
  7. 感情解放ワーク

    「私ばっかり!」という怒りの解放
  8. 感情解放ワーク

    ワークをやっても、現実は変わらないのか?
  9. 感情解放ワーク

    無力感や無価値感を手放せない理由
  10. 日々の気づき

    助けること、助けられること

最近の記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930