中央アルプス(KAGAYAさん)

第421弾 無料遠隔ヒーリングご感想

【ヒーリングテーマ】

最善を尽くしつつ理想に執着しないで現状を受け止めて在るよう、最高最善に働きかける

        11月21日実施

***************************

近頃は家族関係でとても苦しく、セルフWORKでも家族に関わることが中心でした。
セルフWOEK をすると幾分すっきりとするのですが、現実はなかなか、もめごとがたくさん。
苦しむ人がたくさん。でも逃げることはできないので、現実を直視するしかないのです。

***************************

執着して、現状を拒否して、現状を必死でなくそうとしている。
そんな状態のなか、苦しみを自分でいっぱい作り出してもがいて。
前に進まなくて、また執着して拒否して。
そんな自分に気付けました。

現状を受け止める、このことの大切さを実感させていただきました。

直ぐにパンパンになってしまう頭が
スーと軽くなっていきました。
心も軽くなり、折れてしまいそうな心が
前向きになりました。

最善を尽くしつつ理想に執着しないで
現状を受け止めていくこと
忘れないように、心に受け止めていたいと思います。

ありがとうございました。
感謝。

***************************

私はテーマのブログを読んで愕然としました。
なぜなら、私がヨガを始めた(悟りを求めた)動機は、どんな状況でも全てを受け入れいつも穏やかな心がキープできる自分になりたかったからです。

「え?この動機自体が欲望じゃん!」
「自分の理想の状態への執着じゃん!」とガックリ肩を落としました。
9年?10年?もヨガをしてて、気付けないなんて。。。

でも目から鱗の感動もありました。
物凄く微細で重要な気付きをもらえて、幸運でした。ありがとうございます。(ブログに出会わなかったら、一生気付かずに終わったかもしれません)

このテーマを念頭に置いて過ごすと、日々の自分の感情により詳細に気付けるようになりました。

ちょっとしたこと、ほんとに些細なことですが、その都度、自分の理想があることに気付きました。
思うようにならない時、その感情の体感へ命の呼吸をすると、スッと、その感情が昇華(生き切る)されるを感じました。
思考で抑えるのとは違う感情の去り方です。

今まで、感情解放ワークは果てしなくて、今生で終わりは来ないじゃん、と途方に暮れるような感覚があったのですが、それも自分が全部片付けてスッキリしたい!安心したい、落ち着きたい、という理想だったことに気付きました。

全てを片付ける必要はないというか、全ては無限に繋がってるんだから、終わりなんて無いんだ、今を感じ切る、ただそれだけなんだ、と何だか楽になりました。

いつもありがとうございます。

***************************

折角こんな目に合わせてもらってるのだから、この瞬間を大切な宝物にしよう

転んでもタダでは起きない、
と同じ意味なのですが

大変だ、大変だと騒いでも
結局何も変わらない
ならば、楽しんでしまおうと転換
する体験ができました

辛い時と楽な時と、
幅が狭まっているような

そしてこの2つが
一直線上にピタッと合わさる
それが「胆が座る」と言うことなのかな

そのイメージが初めて描けました

今週も有難うございますm(__)m

***************************

必要なテーマだな、と思いながらもあまりうまく出来ませんでした。

理想を求める自分と、それを批判する自分、諦めている自分。色んな自分の姿が見えてきました。
中でも、かつての私がやらかしたことが自分自身で許せておらず、それが現状をあるがままに受け入れられていない、というテーマが最も今回は浮上してきましたので、そこについてやりました。

まだ他にもありそうなのですが、今回はこれで精一杯となりました。

***************************

無料遠隔ヒーリングありがとうございました。

自分が長い間家にこもってきたな と良くわかりました。
日常家にいる時間が長いですが、それだけでなく心を閉ざしてきたのだと分かりました。

外に出るという事がどういう事か分からなかったけれど、それは単にイベントではなく、心を外に出す事なのだと…。

***************************

私は良い状態に執着することをずっとやっていました。
完璧主義もかなり強かったし、物事をコントロールしようとする執念も強かったです。

でもそうすればそうするほどうまくいかなくて。

良い状態もあれば悪い状態もある。
自分でコントロールできないこともある。

それが本当につい最近分かってきたところです。

与えられた条件の中でいかに自分がベストを尽くせるか、ということなんですよね。

まずは今の現状を受け止める、今の自分を受け止める
その上で何ができるかを考えていきたいと思います。

いつもありがとうございます!

***************************

先週から、湧きあがる感情の声を聴いています。

職場の後輩に、感情的になって注意するのではなく、
何が間違っていたか、今後どうして欲しいかを伝えていたら、
カケラ君が反応した。

私(カケラ君)には厳しかったのに、なぜ、後輩には優しいのか?
何故責めないのか?
必死に頑張っても、まだまだと受け入れてもらえなかったのに、
何故、後輩は許すのか?
不公平だと。

自分では、何度もカケラ君の聴いてきたつもりだったが、
まだ聞き切れていなかった。

出来ない自分は居ない方がいいと悲観して、自分の命を絶とうとしたカケラ君を、
私は止めなかった過去があるらしい。自分で自分を見限る。見捨てる。
その辛さ。悲しさ。やりきれない思い。
他者ではなく、自分自身に見捨てられたことが、一番辛かったと、今日知る。

私が、自分にどんな仕打ちをしてきたか。
私は、他者に受け入れられることを願ってきたと思っていた。
でも違った。他者ではなかった。自分自身に自分を受け入れてもらうことだった。

ミスの多い後輩を見ていて感じるのは、自分で自分を受け入れていること。
私は、自分を受け入れていなかった。
カケラ君の言う不公平は、このことだ。

私自身を見ると、カケラ君の感情に巻き込まれてしまうんじゃないかという恐れ、、
日々の生活で精いっぱいで、カケラ君の声を聞いたら、
共倒れになってしまう不安でいっぱいで、とても傍にいられる状態じゃなかったので、
命の呼吸をしていくと、生活が安定し、カケラ君とも会話が出来るようになり、
共に喜びを見つけたり、失敗から学ぼうとする生活に変わっていった。

カケラ君の声を聴いている、と思ってしまうと、
聴こえない声があることに気付けない。
更に耳を澄まします。

*****************************

嫌な気持ちを感じないようにして蓋をし良いことだけにフォーカスするように、とずっと昔、誰かに言われた気がします。そして、長い間、今となっては誰だかすら思い出せない人に言われた言葉に縛られてきた自分に気付きました。

いちいち嫌な気持ちに浸っていたら生きてこれなかったとも言えますが、小さな嫌を重ねて詰め込み続けていたら、さすがに蓋が閉まらなくなってきていたんだと思います。

他人の意見を聞くときも「受容」が欠けていました。受け容れるって難しいですね。

自分の気持ちですら受け容れられないのに、他人の意見なんて受け容れることができるはずもないな、と改めて思いました。少しずつ自分の気持ちも他人の意見も受け容れられるようになっていけばいいなと感じています。

今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【イベント情報】*********

●満月の瞑想会
2019年
3月21日(祝木)17:00~20:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2019年
2月2日(土)残席1、9日(土)残席1、13日(水)満員御礼、27日(水)残席1
3月9日(土)、13日(水)、23日(土)、27日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑲
「変化することへの恐れを越えて、
新たな自分に生まれ直していくためのワーク」
2019年
2月6日(水)、11日(祝月)、23日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座⑳
「自分を信じ、確たる軸を立てていくためのワーク」
2019年
3月2日(土)、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 中央アルプス(KAGAYAさん)

    第381弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  2. 感情解放ワークショップ(12/4)ご感想

  3. 中央アルプス(KAGAYAさん)

    第403弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  4. 感情解放ワークショップ(12/9)ご感想

  5. 感情解放ワークショップ(10/11)ご感想

  6. 中央アルプス(KAGAYAさん)

    第378弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  7. 中央アルプス(KAGAYAさん)

    第410弾 無料遠隔ヒーリングご感想

  8. 満月の瞑想会(8/8)ご感想