節目を大切にすることの意味

今年もあと1週間余り。
やり残したことはないか、バタバタしながらも
振り返りつつ、今年の総括と新年の方向付けを
意識して過ごしています。

毎年のことながら、たった一日、日をまたいだ
だけで何が変わるのか、って思われる方も
あるでしょう。

自分でもそう思うことはあるのですが、
でもやっぱり節目って、大切だと
思うのですよね。

最近では、お正月のお節もお飾りも
しないで、いつもと変わらぬように
過ごす方も結構あるようですが、

いつもと変わらぬ昨日の続きの今日を
何となく生きるのではなく、

いったん古きものが死んで、
新しきものが生まれることを
意識して節目をまたぐことの意味は、
とても大きなものがあると思います。


毎瞬が新たな死と誕生だから、
自分にはそういう節目は要らない
という意見も中にはあるかもしれません。

それも一理あるようには見えますが、
毎瞬の変化を本当に生きているのなら、
その変化の意味合いも、
肌で知ってしかるべきだと思います。

つまり、毎瞬、同じような死と誕生
ではないわけです。

ものごとの流れに起承転結があるように、
その瞬間が起なのか転なのか、
必ずあるはずです。

起なら起なりの、結なら結なりの迎え方
があるわけで、それが「節目」ということ
なのではないかな、と思うのです。

そういう意味で、ただ日付が変わるだけの
年末年始ではなくて、きちんと節目を意識して
そこを通過することで、

自分の中での流れを整えていく
ことができるのではないかと思います。

たとえば、
仕事などで継続して取り組まなければ
いけないことがあったとして、

ダラダラと続けているうちに、別の案件が
幾つも入り込んだりしていくと、
あれもこれもが中途半端になってしまいます。

そこで、取り組み中のタスクが途中であっても
今どんな状況かをいったん出してみて、

すぐには結論の出ないもの、
もう手を付けないもの、
継続して取り組んでいくけれど、ひとまず
ここまでの結論を出しておくもの、

といった具合に、ある時点で区切りをつけて
整理しておくことで、作業を効率化させることが
できるでしょう。

あるいは、
恋愛など人との関係性などでも、
何年も停滞して進展を見せない関係性に
区切りをつけて、終わりにすることで、
新たな始まりを迎えることができたりします。

節目や区切りというのは、そんな具合に
今の自分を振り返って総括し、
これから先、どうしていくのか方向性を
定めるのにとても役に立つものだと思います。

死と再生は、停滞を終わらせ、
新たな躍動する命を取り戻す、
とても大切なサイクルです。

けれど、頭でそれがわかっていても、
しばしば私たちは古きものに執着して
手放さず、死んでいくことを恐れ、
新たな未知なるものを迎えることを
恐れます。

その態度は、停滞を生み、気枯れを
招くでしょう。

気枯れというのは、命のエネルギーが
枯れた状態のこと。

ただ汚いということではありません。

この森羅万象の自然のものは、
死ぬことで再び生まれていく。

このことを忘れてはならないと思うのです。

私たち人間だけが、その自然の営みを恐れ、
逆らおうとしているようなところが
あるように思えます。

この人生においても、私たちは幾度も死に、
生まれ続けているでしょう。

昨日の続きの今日を何十年も生きているようでいて、
大きく自分が転換したときがあったでしょうし、

昨日までの自分は死んで、まるで
生まれ変わったような気持で新たな朝を
迎えたこともあったでしょう。

もっと言えば、毎日眠り、目覚めるということ自体、
ある種、死と再生を繰り返しているとも
言えます。

日々繰り返しているこうした死と再生に
意識を向けつつ、この瞬間の死と再生、
この人生の死と再生、といった具合に

幾つものレイヤーの死と再生を、
私たちは同時に生きてもいるわけですね。

節目を大切にすることは、
そうした死と再生を繰り返して続いていく
永遠の命を大切にすることでもあると
私は思います。

古来、私たちの祖先は、そういう節目を
大切に過ごしながら、この命を私たちに
伝えてきてくれたのではないでしょうか。

今一度、節目の意味を深く受け止めて
見たいと思うのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月31日(土) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 神人一体の働き

  2. 逃げ道を断つ

  3. コミットメントと意識のポジション

  4. タイミングを掴んで導きに乗る在り方

  5. ミッションとコミットメント、そしてパワー

  6. 幸せになる覚悟

  7. 自分の後ろ姿を見るための鏡

  8. 不可解な出来事からサインを読み解く