意識の深まり

セッションなどで、様々な方の意識を拝見
していると、とても多くの気づきをいただきます。

セッション中は、その方の意識がどこにあって、
どこまで何をどう認識しているか、
その在り様の逐一を観察しています。

もちろん、私が認識できる範囲のことですが、
「この方はここは見ているけれど、こちらには
全く意識が向いていないな~」とか、

「ここまでは認識できているけれど、
そこから先までは捉えられていない。
フタをしているようだ」とか、
色々気づくことがあります。

認識できていないのにも理由があるので、
そこはなぜなんだろう?とこれまた
意識を凝らして読み取っていくと、
大体理由がわかってきます。

それが、その人の今の在り方を作っているので、
認識の枠組みがちょっと窮屈だったり
思い込みだったり、というところを
調整してあげることで、

閉じていた意識が格段に広がっていく
こともよくあります。

ここまでは認識できているけれど、
ここから先は認識できていない、
というその境界が、

私には「意識の底」にコツンと
当たるようなイメージで感じられて、

自分自身でも今の私が捉えられるのは、
ここまでなんだな、と自分自身の領域を
確かめたりということをよくします。

ワークが進んで自分の中のエネルギーが
段々変化していくと、ある時この領域が
大きく変化したりするときがあります。

今まではどうにも捉え難く、
鈍い泥の底を掻き上げるような感じだったのが、
ある時からす~っと向こう側の非常に澄んだ
クリアな領域の感覚が読み取れるようになる。

そのとき、自分自身のあらゆる細胞と、
向こう側の領域が同期し、互いに響き合っているのが
体感として実感できてくる。

私という存在は、隔離された孤独な存在なんかではなく、
広大な領域とともに振動し、この宇宙の中で
鳴り響いているコーラスの声の一部なんだと
理屈を超えて、わかるんですね。

それがわかってくると、人生の大きな流れに
自分を委ねるということがどういうことか、
感覚的に理解してできるようになります。

というか、その感覚を感じたら、
もう自然にエゴの力は抜けて、

リラックスして宇宙のハーモニーを聞きながら
自分がその瞬間瞬間、為すべきことを
ただしているようになるでしょう。

この宇宙のハーモニーが体の感覚で
聞けるようになったら、

それまで人生の推進力にしてきた力や
様々な制限のロジックはもはや
あなたの決断に大きな影響力を
及ぼさなくなります。

何が本当に大事なことなのか、
自分を幸せにするのはどんなものなのかが
直感的に分かるから、

表面的な満足感や偽りのロジックには
全く興味を示さなくなるからです。

自分の我(エゴ)を越えた大きな力が、
人生に流れ込み、これまでよりもずっと強く、
大きな領域と同期して無理なく
調和している自分を感じるでしょう。

スピリチュアルではよく、
意識の深まりが言われます。

有名な「あるヨギの自叙伝」という本の中で、
ヨガナンダが師から「意識は深まったか」
と問われる場面があったりしますが、

自分の意識が、より大きな領域と同期すること
を指しているのかな、と個人的には
解釈しています。

そういう意識で現実を見るのと、
それ以前の意識で見る現実とは、
随分見え方が違います。

私は元々天然ヒーラーではないので、
常にそういう意識というわけではありません。

その辺の切り替えは自動でやっているようで、
セッションなどそういう情報が必要な時は
さっとそこを開いてみるけれど、

必要なくなったら自動で閉じる。
そんな感じのようです。

天然の人はその辺、常時接続で、
日常生活に支障をきたすほどなので、
逆に閉じるのが大変という方も
いらっしゃるようですね。

私がもしそういう「天然」だったら、
ものすごくバランスを取るのに苦労したと思うので、
その時その時の自分の分限に応じて開けてきている
今のこの歩みがベストなんだろうな、と思います。

余談ながら、私の母は天然霊能者のような性質で
(スピリチュアルな仕事は一切していません)、
幼いころから幽霊だのなんだのをよく見ていたそうです。

大人になっても、家族を何かの力で癒したり
ということを普通にしていたので、
私たち兄弟は子供のころ、体調を崩すと
まず母に「手当て」をしてもらっていました。

すると、お腹が痛いのがす~っと引いたり、
実際にしていたんですね。

で、私がこういう仕事をするようになって、
どうも母とは話が合わない。

なので、母とはスピリチュアルな話をすることは
ほぼありません。

何でなのかな?と改めて振り返ってみると、
アクセスしている領域が全然違うんですね。

だから、ものごとへ対処するロジックも
互いに全くかみ合わない。

母には母のやり方があり、
私には私のやり方がある。

そこはお互いに不可侵で尊重しているので、
内心色々思っているんでしょうけれど、
そこをかみ合わせようとは思ってないんですね。

面白いものですね。

まぁ、人それぞれの意識の在り方がある、
という話です。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
7月5日(日) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 自分の立ち位置を明らかにする勇気

  2. もっとシンプルに、やりたいことをやる!

  3. 泥臭さの極みで差し出された在り方への問いかけ

  4. もし明日目が覚めなかったとしたら

  5. 自分を大切にすることについて

  6. 体の中に入り込んでいるエネルギー的な何か

  7. プレゼンスへの葛藤

  8. 苦手に向き合うことで磨かれるもの