自身のニーズを誠実に表現することと我儘の違い

昨日は感情解放ワークショップでした。
常連の方々にお集まりいただきましたが、
ご参加くださったみなさま、
ありがとうございました。

みなさん、着実に歩みを進めていらっしゃって、
本当に素晴らしいな、と思うのですが、

ときにみなさんからいただくご質問で、
私も気づきをいただくことが多く、

自分で説明しながら、
なるほど~、そんな風に考えてたんだ!
とか思っていたりします。笑

昨日もなかなか面白い話が出てきたので、
シェアしてみたいと思います。

自分のニーズを相手に伝えることが
我儘なんじゃないか?と罪悪感を抱いてしまう
という方は結構いらっしゃるんじゃないか
と思いますが、

きちんとそれが伝えられることは、
コミュニケーションにおいては
非常に大事なことです。

けれど、それを我儘だと感じてしまうと、
我慢ばかりしてしまってストレスをため込み、
結局良いコミュニケーションは取れないでしょう。

では、我儘であることと、
自分のニーズを誠実に伝えることとは
どう違うのでしょうか?

私なりの考えをお伝えさせていただくとすれば、
両者の一番の違いは、自分と相手に誠実に
向き合ったうえでの表現なのかどうか
ということかな、と思います。

どういうことかというと、
自身の本当のニーズは、
自分にちゃんと向き合わないと、
わかりませんね。

そういうニーズを相手に伝える時、
それは表面的な口先だけの言葉ではないわけです。
言葉のバイブレーションも深くなります。

で、多分そういう言葉を放つとき、
私たちは相手の状態も、我儘を言うときより
より繊細に感じ取ってみているのではないかな、
と思うのです。

一方で、我儘を言うときは、
自分の表面的なニーズを相手の状態も感知せずに
ごり押しするように放っている、
ような気がするのですよね。

しかもそのニーズと言うのは、
自分が不快感から逃れたいがゆえに
相手に責任転嫁するようなエネルギーを
感じるのです。

本当に自分に誠実に向き合ったところから
発するものが、そのような責任転嫁
になることはありません。

どこまでも自身の責任を引き受けたうえで、
表現されるものですから。

たとえば、もし自分のニーズを表現して
罪悪感に駆られるのなら、その罪悪感を
深く見つめていくのです。

後ろめたさや罪悪感は
自身に果たしていない責任があるサイン
レナードは言います。

その罪悪感はどこから来るのか。

自分の放った言葉によって、
相手に嫌な思いをさせたかもしれない
と思って生じた自身の中の動揺や
辛い気持ちを逃げずに受け止めます。

しっかりここを統合できれば、
相手の様子もまた違った風に見えて、
自分の中の嫌な感じもなくなるでしょう。

もちろん、罪悪感も感じないようになります。

つまり、この場合は自身の動揺や辛い気持ちを
受け止めるという責任から逃げたことが、
罪悪感になっていたわけです。

また、自分のニーズを言いっ放しにして
逃げるケースも、誠実な表現とは言えませんね。
ピンポンダッシュじゃいけません。笑

そういう風になってしまうのは、
相手の返事を聞くことへの恐れがあるのでしょう。

つまり、返事を聞いて自分が望んでいない答え
だったらショックを受けたり傷つくので、
言うだけ言って逃げている。

これも逃げずに引き受けるのです。

どんな答えが返ってきても、それによって
自分の内に生じるいかなる心のさざ波も、
受け止めるのです。

そう肚を決めれば、
ピンポンダッシュにはならないでしょう。

こういう風に、
自分の内を整えたところから放つ言葉が、
我儘になり得るでしょうか?

我儘には、根本的に現実逃避や責任転嫁の
要素が常にどこかにあるような気がします。

このように、誠実に自身のニーズを
愛をもって伝えることと、我儘とは、
全く別のことなのです。

とは言え、自分なりにその時の最善をもって
伝えたニーズが、気づかずに責任転嫁などの
要素を含んでいることもあるでしょう。

そこに気づいたのなら、その都度
逃げた責任を引き受けたうえで、
また誠実にその状況で為すべきことをして、
軌道修正すればいい。

そうやって、自分の内がさらにさらに整い、
クリアになっていくわけです。

こういうことは、一時にすべてが完璧になる
というのではなくて、気づきの感度や
逃げたいものに向き合い、受け止める力の
成熟度に従って、徐々に深まっていくものです。

その瞬間瞬間の自分自身に向き合い続けていく
プロセスのすべての段階が、その時点における
最高最善の自分なのです。

ありもしない「完成」や「完璧」な自分の
幻想に惑わされないように。

何かを達成したいと望む多くの人が、
この幻想の病にかかってしまうことがあり、

そうなると今この瞬間の現実を否定し、
今を生きられなくなって空回りしてしまいます。

頭で考えすぎて感じない人はこの傾向が強いので
よくよく心に留め置かれますように。

そうして、あなたが罪悪感なく、
のびのびと自身のニーズを表現して輝かれますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

●満月の瞑想会
2019年
6月17日(月)19:00~22:00(18:30開場)
7月17日(水)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2019年
5月4日(祝土)、11日(土)、15日(水)、25日(水)、29日(水)
6月8日(土)、12日(水)、22日(水)、26日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座22
「孤独と淋しさを癒し、自身を満たせる自分になるためのワーク」
2019年
5月6日(祝月)、18日(土)、22日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座23
「怒りと悲しみを昇華させるためのワーク」
2019年
6月5日(水)、15日(土)、29日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 自分を愛で満たす

  2. 何者でもない自分に人生が差し出す喜び

  3. 魂のミッション

  4. まごうことなき誠をもって、今ここに根を張る

  5. 自分軸の探究

  6. 闇の深奥で見た光

  7. 明けましておめでとうございます

  8. 自身の情熱を生きる

お知らせ

●満月の瞑想会
6月17日(月)19:00~22:00(18:30開場)
7月17日(水)19:00~22:00(18:30開場)
* * * * *
●感情解放ワークショップ
5月4日(祝土)、11日(土)、15日(水)、25日(水)、29日(水)

6月8日(土)、12日(水)、22日(水)、26日(水)

基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00
* * * * *

●スピリチュアル特別講座22
「孤独と淋しさを癒し、自身を満たせる自分になるためのワーク」
5月6日(祝月)、18日(土)、22日(水)

各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
* * * * *

●スピリチュアル特別講座23
「怒りと悲しみを昇華させるためのワーク」
6月5日(水)、15日(土)、29日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
* * * * *

オリジナル感情解放セッションは、6月お申込み分より、90分15000円コースを廃止し、2時間20000円~のコースになります。

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近の記事

おすすめの記事

  1. 鋼の愛

    2019.03.14