脱皮を恐れる蟹

私たちはしばしば、自身の願望を叶えようと
四苦八苦しながら、「問題と見えること」と
格闘します。

そうして目の前の「問題」の中に
どっぷり浸りきって、
ドツボにはまっていくのです。

ちょっと冷静になって、離れて見れば
な~んだ!って道筋が見えてくることも、
根を詰めていじくりまわしている内に、
すっかり道を見失ってしまうのです。

サロンに通ってきてくださっている
方々の中でも、たまにそんな風になって
しまっている方を見かけるのですが、

その在り方じゃダメだよ~、
もっと見る視点を変えて、
こういうところを見ようね~

ってお伝えしても、どういうわけか、
かなりの確率で、ますますドツボにはまる
方向にアクセルを踏んでしまうのです。

なぜなんだろう?と思って、
良く良く観察して見ると、
そういう方々に共通しているのは、

「何としても自分の思うとおりにしたい」

ということにしがみついているところ
でしょうか。

うん、確かに、見事なまでに
これが共通していますね。

つまり、そのような方は、
思うようにならない現実が
どうしても受け入れられない。

嫌なんですね。

もう少し正確に言うと、
思うようにならなかったときに味わう
気持ちが嫌なわけです。

それから何としても逃れたくて、
それを味わうことがないように
現実を強力にコントロールしようとします。

けれど、「拒絶したものは受容されるまで
繰り返し差し戻される」という法則の通り、

そうすればするほど、どういうわけか
味わいたくなかったその気持ちを
否が応でも味わうことになる出来事が
起こってしまうんですね。

そもそも、その苦しみはそういう在り方自体が
招いているわけです。

だから人生は、その在り方をどうにかして
方向転換させようと様々なメッセージを
送ります。

けれど、本人がそのメッセージを頑なに
拒否してますますその在り方を固めていくので、

人生は「それじゃぁ」ということで、
徹底的にその在り方を崩壊させるような
出来事をぶつけてくるわけです。

つまり、あなたのその在り方は、
崩壊しなくてはならない。
しがみついていてはいけないのです。

頑なにそれを堅持しようとすればするほど、
状況はきつくなり、苦しさは増していくんですね。

それが、あのドツボにはまっている状態
になります。

単純に、最も逃げている嫌な気持ちを
在るがままに受け止め、生きてあげれば
いいだけなのに、

それをしないで頭でこねくりまわして
力技でねじ伏せようとしている。

けれど本人は一生懸命ワークをして
解放しているつもりになっています。

そういう方向で頑張ってはいけません。

頑張るのなら、今のその在り方を
方向転換させる方向に頑張ることです。

最も恐れ、避けている方向に飛び込んで、
自分が崩壊していく勇気を
奮い立たせるのです。

ただし、目をつぶってやみくもに
エイヤ!って飛び込むのはだめです。

恐れもしっかり受け止めながら、
自分が崩壊していくプロセスも
完全に意識しながら通過させます。

そこで意識が吹っ飛んでしまっては
意味がありません。

今までのように、
ほらやっぱりダメだったじゃん!
ってことになってしまいますから。

変容と統合のプロセスは、
体から意識が飛んでしまってはいけない、
と毎回お伝えしている通りです。

ワークショップやセッションに来られている方は、
「そう言えばそんなこと言われてたっけな~」
くらいには覚えておいていただいていると
思いますけれど。覚えてるかな。。。笑

意識を保ったまま、
自分が崩壊していくプロセスを
通過させるって、なんて恐ろしい!

と思われるかもしれませんが、
別段、死にはしませんから大丈夫です。

あ、でも古い今までの自分は
確かに死にますね。不可逆的に。

でも、それによって、不死鳥のように
その瓦礫の灰から、生まれ変わった
新たな自分が現れるのです。

今までの続きの自分ではなく、
それは本当に「新たな自分」です。

その自分は、かつての自分が恐れていたものを
恐れることは、もはや二度とありません。

そういう恐れのない自分として、
あなたは新たな人生を紡ぎ始めます。

人間関係も、様々な出来事の捉え方、感じ方も
選択の仕方、表現、行動の仕方も、
今までとは違うでしょう。

これが、自分が崩壊した後に現れてくる
世界なのです。

どうです?
その世界を生きてみたいと思いませんか?

今までの自分が崩壊するのが恐ろしい、
というセリフを、私は様々な方のセッションの中で
何度も聞いてきました。

けれど、それは本当は、
自分が崩壊するから恐ろしいのではなくて、
方向性の間違った古い自分にいつまでも
しがみついているから恐ろしく感じているだけです。

そんな自分は、
既に死んでいるのではないでしょうか。

自分でそれは、わかっているはずです。

脱皮しない蟹は死ぬ。

どこかでそんな言葉を耳にしたことが
ありましたが、あなたは「脱皮を恐れる蟹」
でしょうか?

本当に自分の命を生きていたら、
そんな蟹はあり得ないでしょう。

本当に本当に、
自分の命を生きることに集中しましょう。

そうすれば、このプロセスを通過するための
エネルギーはちゃんと受け取れます。

あなたが恐れを越えて、輝けますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

●満月の瞑想会
2019年
6月17日(月)19:00~22:00(18:30開場)
7月17日(水)19:00~22:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2019年
5月4日(祝土)、11日(土)、15日(水)、25日(水)、29日(水)
6月8日(土)、12日(水)、22日(水)、26日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座22
「孤独と淋しさを癒し、自身を満たせる自分になるためのワーク」
2019年
5月6日(祝月)、18日(土)、22日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座23
「怒りと悲しみを昇華させるためのワーク」
2019年
6月5日(水)、15日(土)、29日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 罪悪感と戒めの手放し方

  2. 怒りの連鎖の構図

  3. 痛みの反応としての怒り

  4. 何を己の在り方の軸にして生きるのか

  5. 責任転嫁の連鎖を止めて、自立した愛の関係性に転換する

  6. なぜ疑うのか?

  7. 「自分は逃げている」と認めることへの抵抗

  8. 愛と無関心

お知らせ

●満月の瞑想会
6月17日(月)19:00~22:00(18:30開場)
7月17日(水)19:00~22:00(18:30開場)
* * * * *
●感情解放ワークショップ
5月4日(祝土)、11日(土)、15日(水)、25日(水)、29日(水)

6月8日(土)、12日(水)、22日(水)、26日(水)

基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00
* * * * *

●スピリチュアル特別講座22
「孤独と淋しさを癒し、自身を満たせる自分になるためのワーク」
5月6日(祝月)、18日(土)、22日(水)

各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
* * * * *

●スピリチュアル特別講座23
「怒りと悲しみを昇華させるためのワーク」
6月5日(水)、15日(土)、29日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
* * * * *

オリジナル感情解放セッションは、6月お申込み分より、90分15000円コースを廃止し、2時間20000円~のコースになります。

カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

おすすめの記事

  1. エゴの本質

    2017.10.11

  2. 癒しの本質

    2017.02.19