「気づきたくないこと」に気づく力

感情は、感じ切れば後腐れなく去っていき、
基本、残ることはない、というのが
感情解放ワークで学ぶ原則の一つです。

けれども、普段泣いたり笑ったり怒ったり
しているはずなのに繰り返していて
ちっとも去る気配がない、と思われる方も
多いと思います。

それはなぜかというと、自分では
「感情を感じている」つもりで実は
「感情について考えている」状態だったり、

どっぷりと感情のエネルギーに浸っていて
巻き込まれている状態だったりするからです。

感情は感じなければ、いくらそれについて
考えていても、完了することはありません。

よく、ワークショップやセッションなどでも
「そのときの気持ちは?」という問いかけに、

状況説明やジャッジメント、後悔や反省の言葉
などで答える方があります。

そのたびに私は「それは気持ちではなく
思考ですよ」と指摘するのですが、
本人は全く気付いていないんですね。

知らずに、感情を感じないで考えることに
すり替えているわけです。

感情について考えていても、
それなりに不快感だの不安だのは感じるので、
感情を感じているものと思っているのですが、

現に、嫌な気持ちは完了せず、
延々と続いています。

それから、感情のエネルギーにどっぷり
浸りきっている場合も、完了しないですね。

ワークでは、感情に浸るのではなく、
常にそのエネルギー(対象)を受け止める
主体の視点を維持します。

飲み込まれてしまっていては、
この主体の視点がないわけなので、
ワークとしては不完全になります。

映画なんかを見て主人公になり切って、
どっぷりその感情に浸る快感なんてのも
確かにありますよね。

だから、その感情に自ら溺れていこうとする方に
受け止める主体としての意識を失わないよう
誘導すると、

快感に浸るチャンスを邪魔されたかのように
残念そうにされる気配を感じる時もあります。

確かに、悲劇のヒロインでいたい方にとっては
悲しみや憎しみ、怒りに溺れられなくて
残念でしょう。

でも、ワークで常々お伝えしているのは、
自分も相手も被害者や加害者にしない在り方
であり、相手に転嫁していた責任を
自ら引き受ける在り方なのです。

誰のせいにもしないで、引き受けるというのは
黙って飲み込むことではありません。

そう思ってしまう方も中にはあるようですが、
それだとただ抑圧しているだけで、

自分の気持ちはなんら統合も昇華もされずに
深いところに沈められ、余計に反作用を
引き起こしかねません。

自分の中で、傷ついた気持ちをなかったことにせず、
ちゃんと受け止めて統合し、昇華させたうえで
改めて現実に向き合うのです。

そうして、そこに自身がとるべき行動が
あるのなら、しかとそれを実行するのです。

自分の内側だけで完結することばかりでは
ないのですよね。

その後の行動まで含めて、
現実に向き合い続けることが大切です。

ワークだけやって、何となく統合できたみたいだ
ってところで終わって、現実から離れてしまう
ケースをよく見かけるのですが、

もちろん、本当にその現実が差し出していた
テーマが卒業できたのなら、自然とものごとは
自身の現実から消えていくのでOKです。

けれど、卒業になっていないのに
中途半端に自分で「終わらせている」と、

「ちょっとちょっと、まだ終わってはいませんよ」
というお知らせがやってきます。

卒業の場合は、木の実が熟して自然に木から
落ちるように、無理なく終わっていきます。

けれど、まだ終了していないのにただ見ないように
しているだけのときは、微妙にそのことから
目を背けている自分に気づくでしょう。

なくなった、のではなく、見ていないだけ、
なんですね。

こういう場合、大抵指摘されるまで
本人は気づいていないことが多いです。

それも、最初に指摘されてもよくわからなくて、
よ~くよ~く説明してようやく気付く
というケースもあったりします。

自分でも、気づかないように巧妙に隠して
しまうから、ちょっとやそっとじゃ
気づけなくなっているのです。

だって基本、それは「気づきたくないこと」
ですからね。

「あ~ぁ、知らなければよかった!」って
がっかりするような自分の姿かもしれません。

でも、その姿に向き合う中で、自身が最も
抑圧していた感情がやっと出てくることが
あるんですね。

むしろ、前半部分よりもこちらの方が核心
だったりします。

だから、詰めが甘いと核心部分がごっそり落ちて、
いつまでも繰り返してしまうわけです。

本当に完了できているのなら、
そのことに向き合うことに抵抗は
一切なくなります。

見てもいいし、触れてもいい。
全く問題でなくなるのです。

でも、完了していないとやっぱりどこかで
辛いから、心には抵抗が起こります。
だから見ないようにするんですね。

ワークでは、必ずワークが一段落したら、
最初のテーマに戻ってどう感じるかを
確認します。

これが1つの解放の目安となります。

自分の中に逃げや誤魔化しがないか、
見たくないところほど、しっかりチェック
してみてください。

そういうところが拾えるようになると、
ワークの質もぐんと上がります。

人生が差し出す豊かさを、
しっかり受け取れる自分であるように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

3月31日~4月3日までサロンはお休みをいただきます
メールのご返信は通常通り24時間以内にいたします

●満月の瞑想会
2019年
4月19日(金)19:00~22:00(16:30開場)
5月19日(日)17:00~20:00(18:30開場)

●感情解放ワークショップ
2019年
3月9日(土)、13日(水)、23日(土)、27日(水)
4月6日(土)、17日(水)、24日(水)、27日(土)
5月4日(祝土)、11日(土)、15日(水)、25日(水)、29日(水)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座⑳
「自分を信じ、確たる軸を立てていくためのワーク」
2019年
3月2日(土)、20日(水)、30日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座㉑
「苦手な人間関係を楽しく豊かにするためのワーク」
2019年
4月10日(水)、20日(土)、29日(祝月)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座22
「内容未定」
2019年
5月6日(祝月)、18日(土)、22日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 刃に刃で応える前に

  2. 「鏡のメッセージ」を読み解くコツ

  3. 「鏡」を使って認識のズレを修正する

  4. 未来への期待とプレゼンス

  5. 罪悪感と戒めの手放し方

  6. 「分かってもらえない」のはなぜか

  7. 無力感や無価値感を手放せない理由

  8. 尊厳を踏みにじられた怒りを解放する