お免状をいただいてからがスタートです

先日、ある健康関連のセミナーに参加したときに
知り合った方たちに、私のやっている
ヒーリングについてお話させていただいたのですが、

私としてはできて当たり前、できなきゃダメでしょ、
と自分では大したことないと思ってることでも、
とても感心され、興味をもっていただいたのが
なんだかとても新鮮でした。

その方のエネルギーを読んでいくこととか、
感情をどう扱ったらいいのかとか、
その他諸々の「できて当たり前」で、

できなければこの仕事をしていく
資格すらない、くらいに思っていることが、

初めて見聞きする方にとっては
そんなにも特別なこととして捉えられることに、
自分が積み重ねてきた歩みを
ふと感じたわけです。

9年半くらい前は、私もその方たちと同じところに
いたわけで、私も頑張ったよね~って
ちょっと自分を褒めてあげました。
(もっといっぱい褒めてあげた方がいいかな?笑)

ヒーリングの世界に飛び込んでいったときは、
とにかく人様にお金をいただけるくらいの
セッションを提供できるように
ならなくてはいけない、と必死でした。

色々なヒーリングを学んだけれど、
どんなヒーリングも、資格を取ったところからが
スタートなんですよね。

お免状をいただいたから
「一人前」なわけじゃないんです。

それは、本当に人様からセッションで
お金をいただこうと思った人なら、
たぶん誰もが思うことだと思います。

ものすごく恐いんですね。

知り合いにモニターを頼んで、というのではなく、
全く初対面の方にセッションをして、
それをまとめていくことができるのかどうか。

レイキとか、エネルギーを流すタイプの
ヒーリングなら、言葉は悪いですけれど、
誤魔化しは利くんです。

けれど、お話をお聞きしながら掘り下げをして
エネルギーを使ってするヒーリングは、
そうは行きません。

まぁ、前者のタイプのヒーリングでも、
クライアントさんに満足して帰っていただけるか
どうかは、最初のころはとても不安でしたけれどね。

一対一で、すべて自分一人で起こってくることに
対処しなくてはいけないわけで、サポートで
上級の人に入ってもらうなんてことは
できませんから。

その、いわば孤独な戦いを戦いきれるかどうかの
胆力が必要なのです。

自分の対処が悪かったことで、
クライアントさんを傷つけてしまったことも
あったかもしれないし、

精一杯やってもなお、力及ばないことなんて
ごまんと経験するわけです。

もっとできることがなかったんだろうかとか、
あのやり方は間違っていたかもしれないとか、
迷い、悩むこともありますよね。

もちろん、とてもうまくいって、
すごく感謝してくださる方もあるし、
ずいぶん経ってから、あのときお世話になりました、
とご連絡をくださる方もあります。

また、一度もお会いしたことはないのに、
ブログから気づきを得て、とても有り難い
メッセージを頂くこともありました。

本当に色々あって、やっぱり自分には向いてないな、
とか思って、自信を喪失してやめようと思った時期も
ありましたけれど、

そういうところを越えていかないと、
人様からお金をいただくセッションが
できるようにはならないんですね。

ヒーリングのお免状をいただいて
「プロ」になりたいと志しても、
挫折していく人はたくさんいます。

よく、石の上にも三年って言いますけれど、
デビューしても三年もつ人がどれだけいるのか。

テクニックだけでやろうと思っても、
人間という存在に向き合うのにそれだけで
どうにかなるほど、甘くはありません。

そのレベルの土俵でやってたら、
間違いなく3年はもたないでしょう。

昨今の、セミナー受ければお免状がもらえる
ヒーリングでは教えられてない「何か」を、
自分でつかんでいかなければいけないのです。

そこがね、結構しんどいわけですよ。

それも、キャリアを重ねればそれなりに、
積み上げた先でまた何かが出てくる。

私も今、何度目かのそういう課題に挑戦
しているところではあります。

偉そうなこと言ってますけれど、
どんな分野だってそうだと思うんですよね。

そういうところを、辛いから嫌だとか思って
逃げまくっていたら、ものにはなりません。

逆に、それで逃げて捨てられるようなものであるのなら、
それはその人のすることではなかったんでしょう。
その人には、もっと別の道があるのだと思います。

私はまたまたもちこたえてここまでやってきましたけれど、
ただただ運が良かったのだと思うし、支えてくれた
家族のお陰だと思っています。

道を歩むのに、たとえ一人でその道を歩むとしても、
そこには色々な存在の支えがあるはずです。

歩ませていただいているわけです。

その歩みは、間違いなく自分一人のものではありません。
歩ませていただいていることの事実の奥には、
それを支える存在たちの、願いがあるのです。

なぜそのような才能や環境が与えられているのか、
多くの人が挫折することを、自分は越えて
来られたのか。

特別な才能など何もない、と思うのなら、
今ここで生きていること自体を
思ってみたらいいでしょう。

ただただひたすら有り難い。
それ以外、何があるでしょう。

自身の人生の背後に在るものに気づき、
思いを致すほどに、満ち足りていく。

今一度、丁寧に自身の歩みを振り返って
みようと思いました。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

※2019年10月より、各メニューの内容と価格を改定いたします
詳細は各ページでご確認ください。

●満月の瞑想会
2019年
9月14日(土)17:00~20:00(16:30開場)
10月14日(祝月)17:00~20:00(16:30開場)

●感情解放ワークショップ
2019年
9月4日(水)、11日(水)、21日(土)、28日(土)
10月12日(土)、16日(水)、30日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00

●スピリチュアル特別講座25
「家族にまつわる痛みの感情を癒すワーク」
2019年
8月12日(祝月)、24日(土)、28日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座26
「恋愛・結婚にまつわる痛みを完了させて前に進むためのワーク」
2019年
9月7日(土)、15日(日)、25日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●スピリチュアル特別講座26
2019年
10月9日(水)、19日(土)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)

●出張 感情解放ワークショップ&個人セッション in 大阪
10月26日 感情解放ワークショップ 10:30~17:30
10月24,27日 個人セッション

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「心の隙」に忍び込む魔

  2. 人を見る目と心の隙

  3. 祈りといのち

  4. 籠の中の鳥は

  5. 「今ここ」にいて変容を受け止められる自分で在ること

  6. 自身の魂が人生をかけて体現したいことは何か?

  7. 毒を喰らう

  8. なぜ「苦しむことに逃げる」のか

お知らせ

※2019年10月より、各メニューの内容と価格を改定いたします。詳細は各ページでご確認ください。
・・・
●満月の瞑想会
2019年
8月15日(木)19:00~22:00(18:30開場)
9月14日(土)17:00~20:00(16:30開場)
・・・
●感情解放ワークショップ
2019年
8月3日(土)、7日(水)、17日(土)、21日(水)
9月4日(水)、11日(水)、21日(土)、28日(土)
基礎 10:00~12:00 アドバンス 13:30~17:00
・・・
●スピリチュアル特別講座25
「家族にまつわる痛みの感情を癒すワーク」
2019年
8月12日(祝月)、24日(土)、28日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
・・・
●スピリチュアル特別講座26
「恋愛・結婚にまつわる痛みを完了させて前に進むためのワーク」
2019年
9月7日(土)、15日(日)、25日(水)
各回ともに10:00~16:00(9:30開場)
・・・
●出張 感情解放ワークショップ&個人セッション in 大阪
10月26日 感情解放ワークショップ 10:30~17:30
10月24,27日 個人セッション

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 足りたる者

    2019.08.25

  2. 諦めと虚無感

    2019.08.21

おすすめの記事

  1. 癒しの本質

    2017.02.19

  2. エゴの本質

    2017.10.11