親の人生を祝福する

親子関係に悩む人は多いですけれど、
ここが楽になると、ものすごく人生は
生きやすくなりますね~。

そうなったらどれだけいいかって
渦中にいてもがいていても、
誰しもそう思うことでしょう。

何十年とそれを願ってもがいてきても、
そうならなかったのだから
もうどうにもならないのだ、
と諦めて心の扉をシャットダウンしている
人も少なくないですしね。

このブログでもしばしば書いてきていますが
私たちは、魂のどうしてもクリアしたい課題を
ここに設定して生まれてきていることが
あるんですよね。

夫婦とか友人、職場関係とかだったら、
縁を解消してしまえばそれで終わりになりますが、
親子関係はどうやったってそうはなりません。

自分がこの親から生まれてきたのだ
というのは一生、変えようもない事実であり、
どれだけ絶縁状を突き付けたって、
そこからは逃れられません。

だからこそ、絶対にこの人生で逃げたくない
魂の課題を、魂はここに置くんですね。

だから、親子関係が厳しい人は、
それだけ、これまでの魂の歴史の中で、
何度もトライしたけれども、
未だにクリアできていない難関に
再チャレンジ(再々再々再々チャレンジくらい?)
しているのだろうと思います。

なぜクリアできていないのかと言えば、
多分、いっちばん認めたくない自分の側面が
そこに映し出されているから、
なんじゃないかと思います。

自分はあんな最低人間じゃない!って、
親に反発している人は良く言いますよね。

その「最低な要素」を嫌というほど
見せつけてくれているのが、親なんですね。

どうだ、お前はこんなことをしているぞ。
良く見ておけって感じでしょうか。

大抵は、反発ばかりしていて
自分の中の要素にはたと思い至るということは
なかなかないので、

「反面教師」とばかりに
自分はあんな人間にだけはなるまい、と
固く心に誓って切り離し、封印はますます
厚く固くなるばかり、ということが
ほとんどなのでしょう。

親に「された」ことの苦しみが大きければ
大きいほど、そして「被害者意識」の
ポジションがその方の中で強固であれば
あるほど、

あれが紛れもなく自分自身である、
という気づきからは遠ざかります。

まぁ、気づきたくもない、という
ところなんでしょうけれどね。

そうやって、何度も何度も、
課題をクリアできずに来たわけです。

そういう人でも、気づきのきっかけの一つ
になるのが、自分に子供ができて
親になったときです。

親の立場になって初めて親の気持ちが
生々しく理解できたり、親の行動の意味が
腑に落ちたりするんですね。

これ、感情解放ワークでやっている
「意識の移動」のテクニックを
実地でやっていることになるのです。

相手の意識の中に入って、
その人の気持ちや動機、意図を感じ取ってみる。

すると、それらが自分の中に在るものと
完全に一致するという気づきが
やってくるんですね。

そのとき、諸々のわだかまりが解けていく。
そういう癒しが起こるのです。

親になる体験が無かったとしても、
もちろんワークでこれをやれば
気づきくことは可能ですから
問題はありません。

よく、「相手の立場になって考えてみなさい」
って言われますけれど、ワークでやる
意識の移動は、それよりもはるかに生々しく、
想像もしなかったような気付きがやってきます。

そんなことを考えてたんだ、とか
恐れや不安、葛藤なども、自分のことのように
体験しますからね。

ただ、大嫌いな相手の意識の中に入るのに
ものすごく抵抗がある人もいて、
そういう場合は段階を踏んでいくか、
別のやり方をして気づきに導きます。

いずれにせよ、頑として「あれは自分ではない」
と分離していたものを「まさに自分である」
と統合していったとき、

その人の中でものすごく大きな変容が
起こります。

それまでの人生の意味合いがすべて
ひっくり返ってしまうくらいの
変容です。

今まで、愛されなかった、大切にされなかった、
惨めだった、恨みと憎しみの人生だった
という認識が、

そこにあふれんばかりにあった愛に触れ、
感謝しかなくなるような体験が
あったりするのです。

それは頭の理屈で起こるようなことではなく、
本当にそれに触れて、否定の仕様もなくなったから
心の底から湧き上がってくる感謝なんですね。

こういう体験は親子関係に限らず、
様々な関係性の中で起こりますが、

本当に真摯に自分に向き合ったときにだけ
起こります。

認めたくない、見たくないと抵抗していると
当然のことながら触れることはできません。

自分の思い描いていた惨めな被害者の世界を
壊したくないのですね。

抵抗する人はしばしば、そう言われることも、
すごく嫌がって反発しますけどね。笑

まぁとにかく、
親子関係がこんな風に変容していくと、
親の人生を祝福できるようになります。

これ、すごく大きいと思うんですね。

色々あったけれど、この人の人生も
祝福してあげよう。

そう思えたとき、それは
自分自身の人生への祝福にもなります。

親の人生を否定している内は、
自分の命、人生を否定しているのと一緒です。

それが、呪縛になるんですね。

今年、長年苦しんできたそうした呪縛が
軽やかに解けて行きますように!

オリジナル感情解放セッション、ワークショップの
お申込みフォームはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/aff83813470243

新年最初の感情解放ワークショップは
8日(水)です!(午後のクラスのみ)
ご参加お待ちしてます!



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月31日(土) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 「可哀想な人」

  2. 先祖から受け継ぐ願いと癒し

  3. 可能性の封印を解く

  4. 引き裂かれるハートと癒し

  5. 世代間で受け継がれる心の傷

  6. 「自分は逃げている」と認めることへの抵抗

  7. 正しい答えを得るための意識の使い方

  8. 私は「こんなもの」で十分な存在なのか?