憎しみの体験を真に癒すために

あなたには、これまでの人生で
ものすごく酷いことをされて
深く憎んでいる人がいますか?

もしいるのだとしたら、
この人生で、その人に対して
心の底から感謝する日が来るなんて、
想像できるでしょうか?

感情解放ワークをしていると、
しばしばそう言うことが起こるのですが、

たとえ過去世から持ち越しの数百年越しの
恨みでさえ、癒され、和解していくことは
可能です。

それも、仕方ないからもう許してやろう
とか言うレベルの和解じゃありません。

本当にその出来事の学びを受け取って、
そこにあった愛に触れ、魂が震えるような
感動を伴って、

心の底から「ありがとう」って
言えるような許しと和解です。

人生にはしばしば、どう考えても
理不尽としか言いようのない出来事が
起こって、心がボロボロになってしまう
ことが起こったりします。

何で自分がこんな目に遭わなくちゃ
いけないんだろうって
世を嘆いたり呪ったり、

はらわたが煮えくり返っているのを
頭で無理やり収めて、
いい勉強だった、とフタをしたり、
(本人は終わったことだと思っている)

人生の汚点だとばかりに
無かったことにして
自分はもう乗り越えた、過去のこと
と切り捨て、封印したり。。。

自分でも何とかして乗り越えたいと思いつつ、
本当に適切な完了のさせ方がわからなくて
どうにかこうにか折り合いをつけて
その後の人生を生きてきたのでしょう。

先日感情解放ワークのセッション
お受けになった方、掘り下げていったら
過去にいじめにあったときのことが出てきました。

いじめって、本当に辛いものですよね。
私も小学生の時、いじめられっ子でしたから
学校なんて大嫌いでした。

その方なりに、自分はもう乗り越えた
と言ってらっしゃったのですが、
エネルギー的には蓋をしただけで、

心の傷とカケラ君たちの叫びは
まだまだ残っているようでした。

いじめを受けた人にしばしばあるのですが、
自分がいじめられていたことを
認めなかったりすることがあるんですね。

それを認めてしまったら、本当に
自分が惨めでダメな人間になってしまうし、

ものすごく傷ついていることを
受け入れなくちゃいけない。

事実を無かったことにしたことで、
ようやく自分を支えていたのに
その支えを失ってしまうわけで、

立っていられないような
恐怖がそこに在るわけです。

でも、事実を無かったことにしてしまったら、
本当に傷ついて癒しを必要としている自分を
癒してあげることができません。

だから、辛いだろうけれど、
事実を認めるところから、
癒しは始まっていくのです。

そういう自分を認めることへの恐れを
受け止め、傷ついた自分を抱きしめて、
飲み込んでいた言葉を吐き出し、

かつて自分が受け止められなかった
気持ちと思いをしっかり生きてあげます。

そうすることで、時を止めて凍り付いていた
痛みが、じわじわと溶け出し、
癒しに向けて動いていきます。

そこまでできて、完了までの道のりの
半分です。

次に、どうしてこんな出来事が
自分の人生に起こってしまったのか?
その核心に対峙しなければなりません。

相手は、あなたをいじめるときに、
どんな気持ちでそれをやっていたでしょうか?

むしゃくしゃ来た気持ちのストレス解消で
楽しみながらやっていたんでしょうか?

あなたを見ると、何かがトリガーされて
無性に苛々させられるのがムカつくから
攻撃してたんでしょうか?

色々な動機があると思います。

相手をじ~っと見つめながら、
その動機となった気持ちを拾っていきましょう。

そして、もしあなたをいじめなかったとしたら、
その人はどんな気持ちになっていたか、
イメージしてみてください。

真実がどうかはさておき、
ここはあなたの主観で、想像します。

イライラ、むしゃくしゃで気が狂いそうになるとか
自分にパワーが感じられなくて無力感と無価値感
惨めさや心細さに苛まれるなどなど。。。

そこまで見て取れれば、
相手はそれを自分でどうにもならなくて、
あなたにぶつけていたのだとわかるでしょう。

翻って、これらの気持ちがあなたの中に
ないかどうか。

本当に真っすぐ相手を見つめることが
できた人は、全く同じものが
自分の中に在ることに気づくでしょう。

これこそが、この出来事を引き寄せた
鍵なのですね。

今回、あなたは被害者として
この出来事を経験しましたが、
この同じ感情によって、何かの拍子に、
加害者の側に転じる可能性、種がある
ということを、これは意味しています。

相手がこれらの気持ちを持て余しているように、
あなたもまた、持て余していますからね。

それを受け止め、統合するのです。

そのプロセスで、あなたは別の人生で、
或いは今生、別の場面で相手と同じことを
繰り返しやってきた自分に気づくでしょう。

特に、相手があなたにやって来たことは、
そっくりそのまま、あなたが自分自身に
やって来たこととイコールです。

これに気づき、完全に統合されると、
相手への恨みはすべて消えます。

そして、あれほど憎んだ相手を許し、
心から「ありがとう」」が言えるのです。

これが、本当の魂の学びなんですね。

いじめという行為自体は本当に
してはならないことだと思うけれど、
そこにある、魂の学びをぜひ掴み取って、
ギフトにしてほしいと思うのです。

必要な人に届きますように。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月31日(土) 17:00~20:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. 胎児期と出産時のトラウマについて

  2. 無力感と混乱、すがりつきたい気持ち

  3. 在るがままの自身の限界を認める

  4. 最も受け入れ難いものを受け入れる安堵

  5. 相手をねじ伏せるか、自分が譲るか

  6. ハートの声を聴ける自分で在ること

  7. リアルな「在り方」としてのスピリチュアル

  8. 生きながらに死んでいる心の構図と変容への道筋