混乱の時代に跳梁跋扈するよからぬもの

最近、スピリチュアルっぽい話を書く頻度も
以前より上がってきて、そちら方面の話が
好きな方にも楽しんでいただけてるのかな
なんて思います。

(以前はスピリチュアルなのにあんまり
それっぽくないってよく言われてたので。笑)

まぁそんな感じで、今日もそれっぽい話を少し。

ここ最近、
体の中にある様々なエネルギーについて
色々書いてきました。

それは自分の抑圧した感情が
しこりのようになったエネルギーだったり、
自分ではない存在が入り込んでいたり、
エネルギー的なインプラントだったりと様々で、
それぞれに対処法も違います。

自分の感情であれば、通常の感情解放ワークで
それなりに解放していけますが、
それ以外だと別の対処が必要だったりします。

体の中に入り込んでいる別の存在の場合は
その素性を明らかにして、
ただ出ていってもらうだけではなく、
その個体に合った身の振り方まで
お世話してあげるようにしています。

かつて人間だった魂には、
縁の御霊や神様にお迎えに来てもらいますし、

妖怪や精霊、狐狸の類は特に、
いたずら心が旺盛な子も多いようなので、
またおいたしないように、
しっかり教え導いてくれる神様や、
そのお遣いの存在に引き受けていただく
ようにすることが多いです。

面白いことに、長いことその人の中にいて
エネルギーを吸い取りながらぬくぬく
過ごして、自分が何者であるかすら
忘れていても、

自分の素性を思い出して
ここは本来の居場所ではないことを伝え、
最高最善に進化、成長していける道筋を
提案してあげると、すごく喜んで
帰っていくんですね。

神様のお使いとして、しっかり修行して
立派になるんだよ、って諭してあげると、
自分にお役目がいただけることに
とてもやりがいを感じるようです。

こういうところ、なんだかとても健気で
微笑ましいな、と思ってしまうのですが、
人間もそういう存在たちも、
やっぱり自分が一番輝けるところで
元気に働けるのが嬉しいのは一緒だな、
としみじみ思います。

この他、ちょっと違うケースでは
呪を込められた生き物(鳥や昆虫など)が
エネルギーとして入っているケースもあって、

この場合はその生き物も被害者なので
かけられた人も、生き物の命も一緒に
呪から解放してあげなくてはいけません。

こういう呪いは、生き物の命を媒介に
不当に道具として使うので、
余計に罪深い行いだな、と思います。

私はこうした呪いを解くときも、
呪い返しとか呪いだけをどうにかする
とかいう方法はせず、

必ずかけられた人とかけた人の中にある
種までさかのぼって対処するように
しています。

術に焦点を当ててそれを解くのは
相当に術を熟知し、長けていないとできないし、
古今東西の呪いを勉強している時間もないので

呪いをかけるに至った道筋のところから
対処するわけです。

この方が、両者に関連する広い領域を
幸せな世界に転換できますし、
ネガティブなカルマもかなりきれいに
クリアになります。

誰も、訳もなく呪いなんてかけるようには
ならないし、深い悪意を抱くようには
なりません。

眉をしかめるような行いをする側にも
そこに至るまでのストーリーがあるので、
そこから転換するわけですね。

人が、怒りや憎しみ、絶望を抱いて
闇の力を欲するような時代背景も
あったりするので、

そういうところに光を送ったり、
その時代の支配者のヒーリングを
することもあります。

世に人々の怨嗟が満ちるような混乱の時代
というのは、リーディングしていても
良からぬものが跳梁跋扈しているものです。

そういう存在が為政者の住まう宮殿に
うじゃうじゃいて、権力者のの耳元に
何事かを囁いていたり、

街には、人々の心に不信と争いに導くような
きっかけとなる悪さをし放題、
みたいな様子が見えたりします。

ひょっとしたら、今の時代も
彼の時代とそう違わないのかも
しれませんね。

であるならば、私たち一人一人が
恐怖に慄き、不信にいがみ合うのではなく、

良からぬ存在の囁きに屈せず、
自分の愛と良心から行動していきたい
ものですね。

世の中、理不尽だったり
怒りを覚えるような不正が日常茶飯事
だったとしても、

魔の囁きなど一喝するくらい、
自分の中で凛とした誇りある生き方を
していたいと思うのです。



良かったらポチッとおしていただけると喜びます♡

↓ ↓ ↓




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村

【お知らせ】*********

セッションなどのお問合せはこちらからどうぞ
お申込みフォーム

満月のオンライン瞑想会
10月2日(金) 19:00~22:00

正味5時間の解放ワーク「1day集中ディープクリアセッション」
特典付き期間限定価格で対面・遠隔ともに受付中!

詳細はホームページをご覧ください

過去記事の目次へ

関連記事

  1. リアルな「在り方」としてのスピリチュアル

  2. 相手に変わってほしいと望むなら

  3. 果てしなく高い理想と自己否定感

  4. 第391弾 無料遠隔ヒーリング

  5. その苦しみの責任を負うべきなのは誰か

  6. 悲しみの解放

  7. 祈りとともに、自分に向き合う

  8. 闇の奥の光、光の奥の闇